045-620-3925

横浜・川崎の注文住宅なら鬼塚工務店

スタッフブログ

スタッフブログ

気密性が高ければ、室内干しでも洗濯物がカラリと乾きます。

2021年09月17日 21:40   Category : ニュース

バルコニーを設置せずに、洗濯物はもっぱら室内干しで、というご家族が増えています。先日、お客様インタビューでお邪魔したK様のお宅も室内干し派。室内干し派の強い味方は、ガス乾燥機の乾太くん。

乾太くんの評判は上々ですが、苦手なものもあります。それはビーズなどの装飾が付いた衣類や、縮み易いガーゼ生地のモノ。特に赤ちゃんの衣類は縮み易いものが多いので不向きです。こういったものを干す際は、バルコニーがありませんから、当然室内干しになります。

室内干しは、通常、日当たりの良いリビングや、2階の居室に、吊り下げ天井物干しを設置するケースが多いと思います。でも、「リビングに洗濯物を干すのはちょっと抵抗がある」ということで、K様邸では、1階中央の洗面室に続く収納スペースの一部に干していました。

その収納はリビング側から見ると、中折れ戸のあるクローゼットになっていて、普段はコートなどのアウターをかけておき、2階に上がることなく外出できる動線になっています。

そのハンガーパイプに、乾太くんでは乾かすことができない衣類を干していらっしゃいました。

「洗濯ものをハンガーに干すときはリビング側の扉を開けておくんです。そうすると空気が通って、洗濯物が良く乾くんです。梅雨時でも問題なく乾いたのでちょっと驚きました」と奥様。

1階のど真ん中にある収納スペースですから、日差しは全くありません。普通に考えると、洗濯物が乾く場所ではありません。

なぜ乾くのか?その理由は、住宅の気密性が高いからなのです。

当社では、現在、お引渡し前に気密測定を全棟実施していて、C値(床面積あたりの隙間)=1㎝²/㎡以下でお引き渡しすることをお約束しています。これは床面積1㎡あたり1㎝²以下の隙間までに抑えますよ、ということです。以前定められていた省エネルギー住宅の基準ではC値5以下であることが求められていましたので、それに比べてかなり気密性が高いということがおわかりただけると思います。K様邸お引き渡し時点では、全棟気密測定を実施する前でしたが、気密性を高める意識で家づくりに取り組んでいたことに変わりはありません。

気密性が高いということは隙間風が入りにくくなるので、夏・冬の冷暖房費が抑えられ、省エネになります。一方で、そのままだと汚れた空気が外に排出されず充満して、シックハウス症候群になったり、酸素濃度が下がったりという問題が起こります。

そのようなことにならないように、現在では必ず24時間換気システムを導入することが義務付けられています。

K様邸もそうですが、多くの住宅で採用されている24時間換気システムは、脱衣室や浴室、トイレなどに、24時間換気システムを設置し、室内の汚れた空気を排出します。排出された分、新しい空気が家の中に入ろうとしますよね。その入り口を各部屋に吸気口を取り付けることで、確保してあげます。住宅の設計段階で、空気の流れを計算し、汚れた空気が滞らないように計画しています。

ところが、気密性が低いと、計画通りに空気が流れません。換気扇から空気が排出される際に、近くの隙間から空気が吸い込まれ、遠くにある吸気口から空気が入ってこないからです。

空気が流れないお部屋の空気は滞り、冬場はその空気が窓や壁の冷気に触れて結露が発生するのです。空気が計画通り流れていれば、湿気を含んだ空気は露点を下回ることなく流れていくので、結露もしません。

K様邸の例では、計画通りに家の中を空気が流れているので、1階中央の日が当たらない場所でも、クローゼットの扉を開放することでその風が洗濯物に触れて、湿気を取り去り、からりと乾いたというわけです。

そうはいっても、K様邸の場合はあくまで乾太くんの補助的な役割としての室内干しですので、洗濯物の量は限られます。ご家族の人数や洗濯物の量によっては、除湿器などの設置をオススメする場合もあります。そのあたりは、設計段階でお話をよくお聞きした上で、ご提案させていただいております。

除湿器を使って室内干しをしている事例はこちら→川崎市O様邸

結露するかしないかは、計算で割り出せます。

2021年09月03日 08:49   Category : ニュース

真冬の朝、ガラス窓やサッシがぐっしょり濡れてカーテンにペタっとくっついている・・・。

このような経験をされた方、多いと思います。

結露は、外の冷たい空気にさらされた窓ガラスやサッシに、室内の湿気を含んだ暖かい空気が冷やされ、露点=空気に含まれていた水蒸気が水に変わる温度に達することで起こります。

窓ガラスで発生する結露も嫌なものですが、実は壁の中でも発生します。

真冬の冷たい空気で冷やされるのは、外壁も窓と変わりません。「でも室内の暖かい空気が壁をすり抜けて、窓に触れるように急激に冷やされることはないよねえ?」そう思われそうですが、実際には結露が発生している場合が少なくないのです。

壁の中では、ほとんど空気の流れはありませんし、拭くこともできません。結露が発生したら、そのままジュクジュクと湿った状態が続き、カビがはえ、最悪の場合、腐朽菌が発生し、家を内部から腐らせます。

日経ホームビルダーより

壁の内部は、クロス、石膏ボード、断熱材、防水シートなど、様々な部材で構成されていますが、それぞれ熱を伝え、湿気も通します。もちろん、窓に直接触れる空気に比べれば、通す湿気は微々たるものですが、壁内部の温度が露点に達してしまえば、結露は発生してしまうのです。

最も寒い季節=寒の入りと呼ばれる小寒から、大寒が明ける寒の内は4週間も続きます。この間、室内温度と外気温は20℃近く差がある日が続きます。十分に注意して、壁を構成する部材を決めなければ、知らぬ間に内部結露が発生してしまう可能性があるのです。

そんなことにならないために、結露が発生するかしないかを設計段階で判断できるのが結露計算なのです。専用のソフトに、壁の構成部材などを入力して、結露するかどうかを確認できます。

真ん中やや右の列、赤地に×となっています。これがこの条件だと結露が発生しますよという警告です。

先ほどの赤地に×があった列。温度と湿度は同じですが、部材を変更することで、全て〇が付きました。この条件なら結露はしません。ちなみに、この構成部材は当社が通常お客様にご提案しているものです。

簡単に入力の仕方をご紹介すると、中央やや右の最上部に、寒い冬の外気温と湿度、その時の室内温度と湿度を設定し、壁の構成材を入力します。

気温と湿度を入力

壁の部材を入力

構成部材と厚さを入力すると、あらかじめ設定された熱伝導率などが自動入力されます。

それにより、室内から室外に向かって下がる温度が、露点を下回らなければ、結露はしないと判断できます。

この図の左側、赤線境界面温度20℃の部分が室内で、色の変わっている部分が壁の構造材、一番右の3.1℃の部分が外気温と同じ温度です。室内から外に向かって熱が構造材を通りながら下がっていき、青い線=露点と交わるかどうかを確認します。

上図の構造部材では、温度と露点が交わらないので、結露が発生しないと判断できますが、室内温度20℃、外気温3.1℃の条件を変えずに構造部材だけを変更すると、

このように温度が露点を下回り、この条件では結露が発生してしまうのです。

 

結露は、「この部材を使えば結露しません」と断言できるようなものではありません。きちんと結露計算を行わないと、結露するかしないかを判断することはできないのです。

鬼塚工務店は、全棟気密計算とともに結露計算も行い、真冬でも壁内部の温度が露点を下回ることがないことを確認して、構造部材のご提案をしています。

「建築条件付き土地」にはご注意ください~追記

2021年08月25日 11:37   Category : ニュース

先日の「建築条件付き土地」にはご注意ください、の記事に対して、あるお客様からご指摘をいただきました。
「仕様が低かったり、プラン変更の金額に納得できなければ、契約解除すればいいんじゃないないの?」と。
その通りです。
そう言うと簡単に聞こえるのですが、土地取引には、ほかの商品と比較して、決定的な違いがあります。
それは、唯一無二であるということ。
しかも多くの場合、建物も含めて、生涯で最も高額の買い物になります。
「ま、この土地でいいか。」なんて簡単に決められるものではありません。短い方で3ヶ月、場合によっては何年も探している方がいるほどに慎重に決めるものなのです。
時間もかかるし、毎週末にとられる時間も半端じゃありません。
しかも、その土地を手に入れられるかどうかは早いもの勝ち。
不動産会社の営業マンに「この物件は、人気があります。いま2組のお客様が検討中です。お早めにご決断を。」などと言われると、気もはやります。
こうして何度も足を運び、熟慮を重ねた結果、決断を下した物件なのです。
「もうあんな苦労はしたくない!」
「子供が小学校に上がる前には決めないと。」
「いつまで家賃を払い続けるんだ!」
などなど、そんなに簡単に解約できる状況ではない場合が多いのです。
そんな時に、「この週末を迎えると、もう残っていないかもしれません。ご決断を!」
などと煽られ、結果「建物はガマンするか。」ということになるケースも多いのです。
あらかじめ理解した上での判断であれば、納得済みですので、それはそれで良いでしょう。
でも「え?そうだったの?」と契約後に気づき、やむに止まれず、そのまま家づくりを進めるのはあまりに残念です。
だから、土地を探し始める前に、自分たちが欲しい家はどういう家なんだ?ということを知り、それにはいくらくらいかかるのか?を把握してから、土地探しを始めることをお勧めしているというわけです。
土地探しから家づくりを始められる方は、こちらもぜひご覧ください。

「建築条件付き土地」にはご注意ください。

2021年08月23日 08:13   Category : ニュース

自分の家を持とう!と決心したら、まずは土地を探し始める方が多いと思います。

すると、目につくのが建築条件付き土地という物件。これは、指定された会社で家を建てることを条件に土地を売りますよ、という物件のことです。多くの場合、比較的条件が良い割に、価格もまずまず。建物も営業マンいわく「基本的にご希望通り建てられるフリープランです。注文住宅とかわりませんよ。」不動産会社が提示する建物の参考価格を土地価格に上乗せしても、手が届く。それならいいんじゃない?と思いますよね。

ところが、現実にはなかなか、そうはいかないようです。

 

「建築条件付き土地の建物の仕様を確認したら、あまりに低くてビックリした。」

「契約前に営業マンから聞いていた話しと違い、変更しようとすると、大きな差額が発生すると言われた。」

などなど。

 

物件を売りたい不動産会社の立場に立つとよくわかります。土地の値段は、仕入れとの見合いで、それほど相場を逸脱するわけにはいきません。あまり土地の値段に利益を載せることができない場合も多いのです。そこへいくと、建物は思うように値付けができます。

極端な例を挙げると、1千万円で建つ家を、1500万円で売ることもできるわけです。そうなると、「いい家を建てよう!」という意識は働かなくなり、とにかく利益を確保するために原価を抑えることに意識が集中します。

お客様から、仕様が気に入らないから変更したいとか、間取りを変更したいと言えば、金額はどんどん上がります。不動産会社にしてみれば、高い金額を上乗せしても、競合他社に負ける心配がないので、遠慮する必要もないのです。

「建物は他にお願いしたいです」というと、「それなら、土地代に金額を上乗せして、お譲りしましょう」となるわけです。

なかなか売りに出ない希少性のある土地の場合は、そもそもの土地の値段を、相場より高くして十分に利益を確保する場合もあります。お客様にとっては土地の値段単体よりも総額が大事なので、建物価格を抑えて総額で手が届くように見せ、魅力的な物件に仕立てます。この場合でも、建物の仕様は低く、変更しようとすれば少なくない差額を請求されます。土地で利益を確保している場合は、建物の契約をしなくても違約金を求められないケースもあります。でも、安い建物価格を前提に総額の予算を見積り、土地を高く買っているので、建物にかけられる費用は抑えられ、その範囲で家づくりをせざるを得ません。

 

このように、土地を契約して、いざ建物のプランを考え始めて、仕様の低さや、プラン変更をする際の価格の差に驚き、当社にいらっしゃるお客様が、大変多くいらっしゃいます。

 

どうしても、その土地でなければいけないのであれば、その判断で致し方ないと思います。でも多くの方が、建物の仕様の低さ、プランの不自由さに気付かず、あとで「えっ、そうなの?」と、計画を変更されているのです。これはちょっと残念ですよね。せっかく家を建てるのに、やりたいことを諦めなければなりません。

そうなる前に、建築条件付きの土地という物件が、どういうカラクリなのかを理解して、土地探しを進められることをお勧めします。

ご自分たちが建てたい家は、どんな家なのか?それはいくらくらいで建てられるのか?だとすると、土地の購入費用にはいくらくらいかけられるのか?この実態を把握することがとても重要です。

ここまで明確になっていれば、たとえば、気に入った建築条件付き土地の物件を見つけても、その土地に希望の建物を建てた場合、いくらくらいになるのか、不動産会社に確認することができますよね。それで納得できる金額であれば進めればいいし、そうでなければ、建物の条件を妥協するか、その土地を諦めるか判断すれば良くなります。少なくとも「えっ?こんなはずじゃなかったのに・・・」という残念なことにはならないと思います。

ひとくちに注文住宅と言っても、ピンからキリまで、驚くほど開きがあります。全てに最高のものを求めるわけにはいきませんが、絶対にこだわった方がいい、と思われるポイントがいくつかあります。それは、当社が家づくりを生業とする中で、経験を積み重ね、学んできたノウハウから、絶対に押さえるべきだと確信しているものです。共感いただけましたら、ぜひ、土地を決める前に、当社の家づくり相談室にいらしてください。詳しくお話しをお聞きした上で、お客様の大満足な家づくりのために、アドバイスをさせていただきます。

 

台風への備え

2021年07月27日 11:49   Category : ニュース

台風8号は、当初の予想より北側に進路を変え、本日夜、東北地方に上陸する見込みだそうです。

一昨日の段階では、横浜も暴風圏に入っていました。

気象庁ホームページより

雨風の予報も、本日早朝から明日にかけて、関東地方も警戒が必要だといわれていました。

こんな時、ご自身のお住まいを建築中だとしたら、心配ですよね。

建てている我々も心配です。

ですので、雨の警戒が必要な本日早朝に向けて、昨日の工事終了後、しっかりと雨養生を行いました。

全景

まだ外壁の工事が終わっていませんので、一時的に防水シートで壁を覆います。この防水シートは、外壁を設置する前段階でいったん取り外し、正規のものでやり替えます。雨養生のための仮の防水シートです。足場の養生シートは風の影響をもろに受けないように、足場のポールにしっかりと巻き付けておきます。

足元

玄関など、開口部があるところは、丈の短い防水シートでカバーするのが難しいので、ビニールシートで覆い、飛ばされないように足元に重しを載せておきます。

屋根、軒先、軒裏

屋根も同様にビニールシートで覆います。

通常の雨であれば心配のない軒裏も、台風の暴風雨となると、吹き込みますのでしっかりと覆います。

けらば

切妻屋根の先端、「山」のように見える部分をケラバといいますが、その内側の凹んでいる部分も台風だと油断できません。

 

台風が来る!となると、その前の日の工事が終了するや、全現場、このような備えに取り掛かります。

なかなか大変ですが、とても大切な作業なのです。

住宅性能を高めたり、使いやすいプランにする設計だったり、住宅設備にもこだわったりと、いい家を建てるための、「攻め」の手段ももちろん大事なのですが、雨養生などの「守り」もとっても大切なのです。

住宅の建築工事には、建材が雨に濡れてしまうと、乾くまで工事が進められない工程がたくさんあります。

乾くまで工事が進められないと工期がどんどん伸びてしまいます。

工期が伸びるということは、建築会社にとっては経費の負担が増えるということ。増える経費は、結果的にお客様にご負担いただくことになるはずです。

「それは難しい・・・」となると、本当はもう少し間を置いた方がいいかな?と思っても、進めたくなるのが人情です。

そんなことにならないためにも、雨養生はとっても大切な作業なのです。

 

「ツーバイフォー工法は雨に弱いと聞きます。本当ですか?」

2021年07月21日 16:57   Category : ニュース

「ツーバイフォー工法は雨に弱いと聞きます。本当ですか?」

先日、当社の家づくり相談室で、お客様からいただいた質問です。大変よく勉強をされている方で、YouTubeの「構造塾」というチャンネルで紹介されている、「構造塾」家づくり応援・業者マップに掲載されていた当社に興味を持っていただき、ご来社いただきました。

構造塾 家づくり応援・業者マップ

 

YouTubeの構造塾とは、構造設計の第一人者として活躍されている佐藤実先生が主宰するwebセミナーです。

あまり知られていませんが、日本では、とても簡易な建築確認申請を役所に出し、受領されれば、家が建ってしまいます。「これじゃ、大きな地震が来るたびに、悲劇が繰り返される。なんとかしなければ!」と、一般の方向けに情報発信をされています。

YouTube構造塾チャンネルはこちら↓

構造塾チャンネル

 

そのお客様、構造塾の講座もよくご覧になっていて、「ツーバイフォーが良いのはわかりました。でも、雨に弱いのが欠点だと聞きます。その点、どうなんでしょうか?」 と。

ちなみに、当社はツーバイフォー工法の家づくりを手掛けています。当社を候補として挙げていただいたのですが、ツーバイフォーが雨に弱いという話を耳にされ、質問をいただきました。

少し掘り下げますと、木造住宅は、木造軸組工法と、ツーバイフォー工法に大別されます。木造軸組工法は、柱を組み始めると、その日のうちに屋根までの工事が完了します。

なので、ちょうど傘をさしているように、雨を避けられます。

木造軸組み工法の棟上げ(レンタルフォトより)

 

一方のツーバイフォー工法は、1階から2階へと、積み上げていく工法なので、一定期間屋根がない状態で工事を進めます。

この違いから、「ツーバイフォー工法は工事中に雨が降れば床が水浸しになる。だから雨に弱い。」と言われているようです。

壁工法の工事の模様(レンタルフォトより)

ツーバイフォー工法は、壁工法とも言われるように、床や壁といった丈夫な板を組み立てて、箱をつくる工法です。その壁や床の合板は、レインコートのように撥水効果があるため、水を弾きます。ですので、合板自体が濡れても問題はありません。ツーバイフォー工法が誕生したのは、19世紀の北米で、日本には約50年前に伝わりました。その間、特に大きな問題なく、今まで建てられ続けてきた実績から、壁や床が少々濡れたとしても、全く問題はないと考えられます。

でも、お客様から信頼していただいて工事を担当する者として、合板と合板のつなぎ目は、気になります。特に梅雨時など、雨が続くときは、その隙間から、雨水が染み込む可能性があります。想像していただくとわかると思いますが、隙間から差し込んだ水分は、乾きにくいのです。

そこで、当社では、床のつなぎ目に、防水テープを貼って、雨水が侵入するのを防いでいます。

当社施工現場(横浜市N様邸)

 

壁面も同じように、組み立てが始まると、すぐに仮の防水シートで覆い、壁と壁のつなぎ目に雨水が侵入するのを防ぎます。

当社施工現場(横浜市N様邸)

 

これは、ツーバイフォー工法を施工する際の一般的なやり方ではありません。普通は、床のつなぎ目にテープを貼ったり、初期段階で壁を防水シートで覆うようなことはしないと思います。

でも、想像すると、つなぎ目に雨水が入るかもしれない、雨水が入れば家の寿命を縮める可能性がある、だったらやった方がいい、と考え、当社の判断でやっています。

 

というわけで、冒頭の質問に対する答えは、特にツーバイフォーだから雨に弱いということはありません。屋根が載っている木造軸組み工法でも、横殴りの雨が降れば床が濡れることは十分にありえます。いずれも、床材は十分な撥水加工がしてあり、表面を乾燥させてから覆うので、問題はありません。

怖いのは、「撥水加工をしているから大丈夫」とか、「屋根がかかっているから問題ない」という油断だと思います。極端なことを言えば、いくら撥水加工をしているからといっても、濡れている状態のまま、フローリング材で覆ってしまったら、だめに決まっていますよね?そんなことにならないよう、現場の状況をしっかり確認し、細心の注意を払って、打つべき手は打ちつつ、進めることがとっても重要だと感じています。

 

 

 

 

 

あなたの住まいのお近くで注文住宅現場見学会開催中!

2021年06月29日 15:42   Category : ニュース

6/29現在、当社で施工中の現場です。

ご予約いただけましたら、スケジュール調整の上、

ご覧いただくことが可能です。

3階建 横浜市保土ヶ谷区天王町 HT様邸 仕上げ工事 

2階建 横浜市青葉区梅が丘 MK様邸 造作工事 

2階建 横浜市港北区箕輪町 M様邸 仕上げ工事

3階建 横浜市中区新山下  OM様邸 仕上げ工事

2階建 横浜市青葉区すみよし台  K様邸 造作工事      

3階建 横浜市中区根岸町 P様邸 造作工事

3階建 横浜市鶴見区矢向 KY様邸 造作工事

3階建 川崎市中原区上小田中 N様邸 造作工事

3階建 横浜市西区境之谷 IY様邸 造作工事

2階建 横浜市泉区和泉町 KK様邸 建方工事→造作工事

2階建 横浜市鶴見区獅子ヶ谷 I様邸 造作工事

2階建 横浜市港北区新吉田東 I K様邸 建方工事

2階建 横浜市旭区川島町  NY様邸 基礎工事→建方工事

2階建 横浜市泉区新橋町 TD様邸 建方工事

2階建 横浜市戸塚区深谷町 TT様邸 基礎工事→建方工事

3階建 横浜市戸塚区原宿  S様邸 基礎着工

当月内に引き渡しを予定している現場もあり、

引き渡し完了後は、ご覧いただくことができない場合もございます。

また、ご見学いただく際も、一度ご来社いただき、

スタッフが同行して現地をご案内させていただきます。

あらかじめご了承くださいませ。

🚙 ご注意ください

2021年06月10日 09:41   Category : お知らせ,ニュース

 

お車でお越しくださるお客様へ

 

猛暑日続きの中、ご来社いただきありがとうございます。

 

弊社社屋前の道路は「一方通行」のところが何カ所かございます。

従来よりご利用いただいておりますお客様専用駐車場

並びにコインパーキングにお車をお駐めになる際には

どうぞお気を付けくださいませ。

 

あなたの住まいのお近くで注文住宅現場見学会開催中!

2021年06月01日 11:23   Category : ニュース

6/1現在、当社で施工中の現場です。

ご予約いただけましたら、スケジュール調整の上、

ご覧いただくことが可能です。

3階建 横浜市保土ヶ谷区天王町 HT様邸 造作工事 

2階建 横浜市青葉区梅が丘 MK様邸 建方工事→造作工事 

2階建 横浜市港北区箕輪町 M様邸 造作工事

3階建 横浜市中区新山下  OM様邸 造作工事→仕上げ工事

2階建 横浜市青葉区すみよし台  K様邸 建方工事→造作工事      

3階建 横浜市中区根岸町 P様邸 建方工事→造作工事

3階建 横浜市鶴見区矢向 KY様邸 建方工事

3階建 川崎市中原区上小田中 N様邸 基礎工事→建方工事

3階建 横浜市西区境之谷 IY様邸 建方工事

2階建 横浜市泉区和泉町 KK様邸 基礎工事→建方工事

2階建 横浜市鶴見区獅子ヶ谷 I様邸 基礎工事→建方工事

2階建 横浜市港北区新吉田東 I K様邸 基礎着工→基礎工事

当月内に引き渡しを予定している現場もあり、

引き渡し完了後は、ご覧いただくことができない場合もございます。

また、ご見学いただく際も、一度ご来社いただき、

スタッフが同行して現地をご案内させていただきます。

あらかじめご了承くださいませ。

あなたの住まいのお近くで注文住宅現場見学会開催中!

2021年05月11日 19:04   Category : ニュース

5/11現在、当社で施工中の現場です。

ご予約いただけましたら、スケジュール調整の上、

ご覧いただくことが可能です。

2階建 横浜市神奈川区菅田町 E様邸 仕上げ工事

2階建 横浜市旭区南希望が丘 O様邸 造作工事→仕上げ工事

3階建 横浜市保土ヶ谷区天王町 HT様邸 造作工事 

2階建 横浜市青葉区梅が丘 MK様邸 基礎工事→建方工事 

2階建 横浜市港北区箕輪町 M様邸 造作工事

3階建 横浜市中区新山下  OM様邸 建方工事→造作工事

2階建 横浜市青葉区すみよし台  K様邸 基礎工事→建方工事      

3階建 横浜市中区根岸町 P様邸 基礎着工→基礎工事

3階建 横浜市鶴見区矢向 KY様邸 基礎着工→基礎工事

3階建 川崎市中原区上小田中 N様邸 基礎着工→基礎工事

当月内に引き渡しを予定している現場もあり、

引き渡し完了後は、ご覧いただくことができない場合もございます。

また、ご見学いただく際も、一度ご来社いただき、

スタッフが同行して現地をご案内させていただきます。

あらかじめご了承くださいませ。

鬼塚の2世帯住宅
家づくり無料相談

鬼塚工務店instagram