045-620-3925

鬼塚工務店

スタッフブログ

スタッフブログ

【漆喰の基礎知識・特徴】

2019年11月30日 18:00   Category : 建築・住宅用語

皆さん今晩は(#^^#)

11月も本日で終わりで、今年も残り後1カ月となりましたね!!

1年がとても早く感じます( ゚Д゚)

寒さも増してきましたので、体調には十分に気をつけてお過ごし下さい。

本日は、漆喰について皆様と一緒に勉強していきたいと思います!!

 

 

 

 

 

 

漆喰には、お住まいを心地良くする機能性がたくさんあります。

また塗り方によって、ひとつひとつ異なる表情を楽しめる事も好まれています。

日本の伝統的な家屋の壁にも、使われてきた漆喰。

なんとなく知っているけれども、具体的にどういったものかはあまりよく知らない

という方へ、漆喰の基礎知識・特徴をお教えします。

 

 

 

【漆喰とは??】

 

漆喰とは消石灰(水酸化カルシウム)を主原料とした塗り壁材です。 

消石灰(水酸化カルシウム)とは、石灰石を焼いて水を加えたもの。

 

 

 

【呼吸する壁】

 

 

漆喰を使った壁は「呼吸する」と言われているのをご存知でしょうか?

漆喰の主原料である消石灰は、二酸化炭素を吸収することで徐々に石灰石へ

と戻り固まっていきます。

漆喰壁が呼吸をすることで、冬場の「乾燥」や夏場の「湿気」を防ぐ効果が

期待できるのも魅力です。

調湿機能に優れた漆喰壁は、年間通じてお部屋の湿度を快適に調整してくれます。

ご自宅で、エアコンなどをつけると結露の発生することもありますが、

呼吸をする漆喰の壁であれば、湿気を吸い湿度を調節するため、

お部屋の結露予防にも繋がります。

 

 

 

【防火性にも優れた漆喰壁】

 

 

 

 

 

 

漆喰は、古くからお城や武家屋敷の壁によく使われていました。

高い明光性を持つ漆喰は、月の光に反射する白壁で防犯対策、

燃えない壁材の為、防火対策にも使われてきたといわれています。

 

 

 

 

 

 

漆喰は、もともとは防火性の高さや明光性が評価され「お城や武家屋敷の壁」

に使われてきたと言われています。

現代では、優れた調湿機能などが着目され室内壁として世間一般的

に広く使用される壁材となっています。

「漆喰」はいつの時代でもお住まい、暮らす人々にとって必要な壁材

として活躍してきました。

 

 

 

【漆喰は火に強いってご存知ですか!?】

 

 

突然ですが、漆喰の壁が火に強いって皆さんご存じでしたか?

昔の城や蔵が漆喰で塗られていたのも、漆喰が火に強いです。

しばらくあててみても、燃えている様子はありません。

本当に、みごと漆喰壁は火に耐えてくれました。

バーナーを止めて確認してみると、表面が黒く焦げるものの、下地のボード

が燃えている様子はありません。

漆喰で家を建てる際に、壁・天井を塗れば、万が一の火災の時にも燃え

広がらなくて安心ですね。

 

 

 

 

 

 

【プラスαの知識】

 

 

 

 

 

世界遺産・兵庫(姫路城)は白漆喰の塗装で厚みは3cmで頑丈です。

普通の漆喰壁は3mmになります。

外壁は左官で仕上げる漆喰で塗られています。

 

 

 

【頑丈で強い壁の漆喰】

強アルカリ性なので、カビに強いという特徴があります。

 

 

 

皆様いかがでしたか??

 

漆喰の優れた機能性を取り入れた家づくりはいかがでしょうか。

弊社は、家づくり相談会を随時行っております。

いつでもお気軽にご連絡下さい。

 

⇒(連絡先)045-620-3925

 

また、次週もお楽しみに(#^.^#) 

 

「住宅ローンを勉強しましょう その⑤」★火災保険料★

2019年11月18日 18:00   Category : 住宅ローン,建築・住宅用語

 住宅ローンにかかる諸費用について、数回学んできましたが、今回は最後となる「火災保険料」です。

火災保険料の位置づけが諸費用?と思われる方も多いかもしれません。

なぜ、諸費用の中に含まれるのか、というところから学んでいきましょう。

 

 

 火災保険とは簡単に言うと、文字通り「火災」が発生し、万一建物が全焼してしまったときに、この損害を補填するものとして保険金が支払われるものです。

もし、この火災が「新築時」であったならばどうでしょう?

例えば頭金200万円、住宅ローン2,300円(返済35年・固定金利2.00%)、総額2,500万円で建築したとします。

本来であれば、毎月82,815円ずつ返済すればよいところが、担保として抵当権設定されている「建物」が焼失して無くなったために、一度に返済しなければならなくなってしまいます。

このとき、保険金額として2,500万円の火災保険に加入しておけば、返済しなければならない住宅ローンの全額を保険金で相殺できる、というわけです。

このことから、金融機関の多くが住宅ローンに際しての火災保険への加入を義務づけており、住宅ローンの諸費用として位置づけられている理由でもあります。

 

 さて、一口に火災保険、と言っても大きく2つ、火災保険と地震保険があります。またそれぞれ「建物」と「家財」に分かれます。

名称ももちろんですが、その考え方や対象もまったく異なりますので、注意が必要です。

①火災保険

  火災をはじめ、水災や風災、雹災、雪災といった自然災害に加えて、オプションで盗難や破損、汚損、または個人賠償まで含めることができます。保険金額は任意で決めることが可能ですが、「建物」は新築価格(実際にかかった費用)をそのまま保険金額とするのが一般的です。また「家財」は、実際にご家族でお持ちの家財を一つ一つ価格を出して算出することもできますが、途方もない時間がかかってしまいます。保険会社が家族構成に応じた「家財の再調達価格の目安」を準備していますので、そちらを参考にして保険金額を設定するとよいでしょう。

②地震保険

  「地震・噴火・津波」が起因となって生じた事故が対象です。保険金額は「建物」「家財」ともに、上記の火災保険料部分で設定した保険金額の50%が上限となります。

 ここまでは簡単な説明でしたが、次が大きなポイントです。例えば「火災で建物が全焼した場合でも、その原因が地震であった場合は、地震保険料の対象となる」こと。

つまり火災保険と地震保険に加入していたとしても、火災保険の保険金額が2,500万円の場合、地震保険は最大でも1,250万円となりますから、先程の事例でいうところの住宅ローンの返済額の約半分強の部分しか相殺することができないことになります。

 では、なぜ地震保険の保険金額が火災保険の50%が上限なのか、というところですが、これは保険に対する考え方の違いからきています。

火災保険は、純粋に災害等による被害を補填する保険ですが、地震保険は「地震保険法」という法律に基づいていて、その位置づけは「建物の再建築費用等の補填」とされています。

つまり、実際の損害を補償する火災保険とは違い、「被災した人々の生活の安定に貢献する」(地震保険法第一条より抜粋)ことを目的にできた制度であるためです。

建物を建て直すための費用を補填する保険ではない、という点に注意が必要です。

 

 ちなみに火災保険は、保険金額や保険内容が同じであっても保険会社によって保険料は異なりますが、地震保険は国がその内容や基本保険料率を決定しているため、どこの保険会社で加入しても、地震保険の補償内容や保険料は同じです。

 

 みなさんいかがでしょうか?万一のことを考えて、火災保険・地震保険ともに加入することをお勧めします。

(つづく)

理想のソファー選びのパート3【生地で考えるソファーの選び方】

2019年11月12日 18:00   Category : 建築・住宅用語

皆さんこんにちは(#^.^#)

街並みはクリスマスの装飾に変わり何だか和みますね!!

本日は、『理想のソファー選びのパート3』として皆さんにご紹介したいと思います。

 

 

【生地で考えるソファーの選び方】

 

 

ソファーの張り地に使われる素材は、オールレザーと言われる全面本革を使用したものから、

一部レザーを使用したハーフレザー、フェイクレザーと言われる加工された合皮や、

クロスやファブリックと言われる布生地、アジアンソファーならウォーターヒヤシンスの

編み込み素材など様々です。
感触や色合い、もちろんお値段も変わってきます。

それぞれのメリットとデメリットを理解された上で、ご自分のライフスタイルに合うのは

どんな張り地なのかを選び方のポイントとして考えてみてください。

 

 

▲レザー(本革)

 

【メリット】

 

丈夫で耐久性が高く、大切に使うと長く使うことができる。

使い込むほどに柔らかみが増し、革がもつ本来の味わい深い色合いになってくる。

 

【デメリット】

 

メンテナンスに専用のクリーナーが必要。湿気や高温に弱く、

直射日光やヒーターの近くに長時間置くとひび割れの原因になる。

 

 

▲クロス(布生地)

 

【メリット】

カラーバリエーションが豊富で、生地のテクスチャー(質感)の種類も多く、

カバーリングタイプならクリーニングも可能。

 

 

【デメリット】

汚れが染み込んでシミになりやすく、ホコリやダニが縫い目に溜まりやすい。

 

 

▲フェイクレザー(合皮)

 

 

【メリット】

本革に比べると安価でカラーバリエーションも多く、

汚れも水拭きができメンテナンスが簡単。

 

 

【デメリット】

本革に比べて寿命が短く、耐久性が高くない。

 

 

皆さんいかがでしたか??

ソファーの生地はおくが深いですよね(#^.^#)

次回もお楽しみに!!

 

「住宅ローンを勉強しましょう その④」 ★住宅購入に必要なお金★

2019年10月31日 18:00   Category : 住宅ローン,建築・住宅用語

 前回、「住宅ローンにかかる費用」のなかでも、銀行やその他の金融機関へ支払う費用について学びましたが、いかがでしたでしょうか?

「低金利」であることだけを念頭にして住宅ローン選びをしてしまうと、実は諸費用が高くなってしまった、ということもありますから、事前に確認をすることが大切ですね。

今回は、その他の「住宅ローンにかかる費用」について学んでいきたいと思います。

 

 

 その他の費用、と言われてもピンとこないかもしれませんが、大きなものとして2つあげることができます。

それは「登記費用」「火災保険料」になります。このうち、今回は「登記費用」について説明します。

そもそも登記とは、少し難しい説明になりますが、「個人・法人、動産・不動産、そして物権や債権などといった実体法上の重要な権利や義務を、不動産登記法や商業登記法などの法律によって保護するとともに、売買をはじめとした諸取引を円滑に進めるための法制度の一つ」のことであり、公にこれらの情報が記載されている文書(最近はデータ化されていますが…)や手続きのことです。

皆さんも、不動産登記であったり商業登記、法人登記など一度は目にされたことがあると思います。

住宅ローンで必要となる登記は、「不動産登記」に該当します。具体的には土地と建物、それぞれの所有権の設定と抵当権の設定となります。

新築住宅の場合を例にあげて、時系列で説明します。

 

①所有権移転登記(土地) → 権利に関する登記(甲区)

… 土地所有権を明らかにするもの。売買や相続、遺贈・贈与といった原因によって、所有権が移転したときに司法書士が手続きを行います。

②抵当権設定登記(土地) → 権利に関する登記(乙区)

… 銀行やその他の金融機関が、住宅ローンとして提供する資金を担保するためのもの。住宅ローンを借り入れたときに司法書士が手続きを行います。

 

 

③表題登記(建物)    → 表示に関する登記

… 建物を新築したときに、「いつ、どこに、どのような」建物が建ち、誰が所有しているのかを明らかにするもの。建物が完成したときに土地家屋調査士が手続きを行います。ただしここでいう「所有」は、「所有権」という法的な権利(対抗要件)ではありません。「所有権」として公のものにするためには、次の④が必要となります。

④所有権設定登記(建物) → 権利に関する登記(甲区)

… 表題登記が完了した建物に対して、その所有権を明らかにするためのもの。住宅ローンの場合、表題登記と並行して司法書士が手続きを行います。

⑤抵当権設定登記(建物) → 権利に関する登記(乙区)

… 土地の抵当権設定と同様に、銀行やその他の金融機関が住宅ローンとして提供する資金を担保するためのもの。建物の所有権設定登記と並行して司法書士が手続きを行います。先に述べた②の手続きとセットでもあるため、抵当権の追加設定とも呼ばれます。

 

 

司法書士が手続きを行う①・②・④・⑤は、それぞれ登録免許税という税金がかかります。

所有権にかかる登記の場合は「固定資産税評価額」を基準として、抵当権にかかる登記の場合は住宅ローンの「借入金額」を基準として税額が決定します。

また、③を含めたすべての手続きに、それぞれの報酬額が発生します。

実際に登記にかかる費用として、「どのくらいの金額がかかるか」というところですが、建築地と借入金額によって差異が生じてきますが、最低でも40万円前後はかかるものとお考えください。

 

 みなさんいかがでしょうか?登記費用は、建築地と借入金額によって変動はありますが、必ず発生する費用であることがご理解いただけたかと思います。

次回は「火災保険料」について、学んでいきましょう。

(つづく)

理想のソファー選びのパート2【スタイルで考えるソファーの選び方】

2019年10月25日 18:00   Category : 建築・住宅用語

皆さんこんにちは(#^.^#)

肌寒い朝・晩が続きますね!!

体調管理に気をつけて過ごしましょう!!

インフルエンザも今年は去年に比べて流行が早いそうです( ゚Д゚)

本日は、『理想のソファー選びのパート2』として皆さんにご紹介したいと思います。

 

 

【スタイルで考えるソファーの選び方】

 

ソファーはリビングの中でくつろぎとおもてなしを演出します。

ソファーの形状は単にデザインの違いだけではなく、目的に応じた使い方があります。
家族でくつろぎたい、お客様を招きたい、カップルで優雅に座りたい、

テレビや本をじっくり楽しみたい、寝転がって休みたい、床に近い座り方をしたい、

などスタイルや用途によって様々です。
以下に代表される4つのスタイル別タイプを用意しました。
選び方の基準として自分のスタイルや目的にあった形状は何かを考えてみてください。

 


(家族でくつろぐ)

 

 

 

(テレビや本をじっくり楽しむ)

 

 

 

(寝転がる、広々と座る)

 

 

 

(床に近い座り方をする)

 

 

 

【座り心地で考えるソファーの選び方】

 

 

 

ソファーは座ることが前提の家具、座面の座り心地や背面への

もたれ心地は選び方の大変重要な要素です。
座ったときに体を受け止めてくれる感触は、

座面で使用している素材、座面下の内部構造によって様々です。

 

 

【座面で使用している主な素材】

 

 

(チップウレタン)スポンジの端材を粉砕し、接着剤をブレンドして型に

         入れ蒸気で押し固めて再圧縮したリサイクルスポンジ。

 

 

(フェザー)水鳥の羽毛で軽く、保温性が高い高級素材。

      優しくしっとりと体を包み込み、ふっくらとした座り心地が特徴。

 

 

(ウレタン)原油からとれる成分に添加材を加えて形成したもの

 

 

(シリコンファイル)羽毛に近いやわらかさと弾力をもつ素材。

          高級ソファーによく使われます。

 

 

【座面下の主な内部構造】

 

 

(ウェービングテープ)フレームに格子状に張る、帯状のゴムベルト。

 

 

(S字バネ)S字形をしたバネを連結棒でつないだもの。

 

 

(ポケットコイル)渦巻き状のバネで、身体にフィットする柔らかい弾力が特徴。

 

 

皆さんいかがでしたか??

我が家もモダンのカウチソファーがやっと届きました(#^^#)

食後は、足を伸ばしながら寛いでいます!!

次回は『パート3の生地で考えるソファーの選び方』です。

お楽しみ~\(^^)/

 

★☆理想のソファー選び☆★

2019年10月07日 18:00   Category : 建築・住宅用語

皆さんこんにちは(#^.^#)

10月に入り大分、涼しい気候となりましたね!!

歩いていると秋らしいファッションが少しづつ増えてきました!!

今回は「理想のソファー選び」を3つのパターンで皆さんにご紹介したいと思います。

 

 

シリーズ①【サイズで考えるソファーの選び方】

 

リビングの主役となるソファーは、価格もサイズもそれなりだけに選ぶのに悩む方も多いのでは。

先ずはご自身のライフスタイルをを見つめて、ソファーの役割を考えてみてください。

おのずと必要となるソファーの姿が見えてくるはずです。

ここではソファーの選び方の基準となるポイントをご紹介します。
理想のソファーに出会えるひとつのきっかけにしてもらえると幸いです。

 

 

 

ソファーには3人掛け、2~2.5人掛け、1人掛け、カウチ・コーナーソファー、スツール・オットマン

といったサイズカテゴリに分けられています。

これは座る人によっても間隔は異なりますのであくまでも目安です。

先ずは、お部屋にあった選び方の基本となるサイズを知るために、ソファーを置きたいリビングや

他の家具の大きさを正確に計りましょう。

リビングテーブルやテレビ台など設置する家具のレイアウトによって選ぶべき

ソファーのサイズやタイプが決まっていきます。

また見落としがちなのが、家具と家具の間の導線や距離です。

購入したソファーが想像以上に大きくて、イメージしていたレイアウトと違った…

なんてことにならないよう、生活導線もしっかりチェックしましょう。

 

 

(3人掛けサイズ)W170~200cmが主流

 

 

 

(2~2.5人掛けサイズ)W140cm~170cmが主流

 

 

 

(1人掛けサイズ)W60cm~90cmが主流

 

 

 

(カウチソファー)W230cm~280cmが主流

 

 

 

(スツール・オットマン)W50cm~80cmが主流

 

 

 

【レイアウト例】

 

(直線型レイアウト)

リビングとダイニングのサイズが限られたマンションなどオーソドックスなレイアウト。

 

①:人が通るのに必要なスペース60cm以上

  スムーズな生活動線には、家具と家具、家具と壁の間は60cm以上が必要となります。

  よく行き来する場所や両手で荷物を持ちながら歩く場所は、ゆとりをもって80cm以上とれると理想です。

 

(L字型レイアウト)

 

 

部屋サイズにも余裕があり、コーナーにカウチタイプのソファーを配置しくつろぎの空間を演出するレイアウト。

 

②:テレビとソファーの距離130cm以上

         ソファーからテレビ画面は130cm以上離します。

         視点との距離が近くになり過ぎると目の疲れや首、肩こりの原因にもなってしまいます。

         最適な距離はテレビの画面サイズによって変わりますが、

  おおよそテレビ画面の高さを3倍した長さになります。

         リビングのスペースに対して、テレビサイズとソファーのバランスを考えてみましょう。

 

 

(対面型レイアウト)

 

 

顔を向き合いながら会話ができる応接向きのレイアウト。

1人掛けのソファーやスツールを組み合わせて様々な用途に対応。

 

 

③:ソファとリビングテーブルの距離30cm以上
         ソファーで寛いでいただくには、ソファーとリビングテーブルの間は30cm以上
のスペースを確保すると良いでしょう。
座りながらテーブルを使うことを考えて、あまり間を空けすぎないようにします。
ソファの前のスペースを人が行き来する頻度が高かったり、ソファスペースに多人数
でくつろぐ機会が多い場合などは余裕をもったスペースを確保してください。

 

 

皆さんいかがでしたか??

次週は、シリーズ②【スタイルで考えるソファーの選び方】です。

どうぞ、お楽しみに(#^.^#)

私は、個人的にモダンのカウチソファーを購入してみました!!

今から届くのが楽しみです(#^^#)

 

※擁壁の仕組みについて※

2019年09月19日 18:00   Category : 建築・住宅用語

皆さんこんにちは(#^^#)(#^.^#)

大分、涼しくなりエアコンを利用するのが減ってきました。

最近、寝る時は窓を開けて寝ています。

また、来月からは増税の関係で事前にストックを揃えられている方…

他には高額な電化製品等…沢山いらっしゃると思います。

私もその一人です(笑)

お話しは変わり、本日は擁壁(ようへき)をご紹介したいと思います。

 

 

 

みなさんは、擁壁(ようへき)という言葉を聞いたことがありますか?

聞いたことはあっても、じつはよく知らないという人も多いのではないでしょうか。

「擁壁」は、土地を購入して新築をする際にも、中古物件を購入する際にも、

どちらの場合も知っておきたいキーワードのひとつです。

場合によっては、設置や修繕をするのに数百万円から数千万円もかかってしまうことも…。

そこで今回は、そもそも擁壁とは何か、どんな場合に擁壁が必要なのかをご説明します。

 

 

【擁壁(ようへき)って何??】

 

「擁壁」とは、崖などの崩壊を防ぐための「土留め」として、コンクリート

ブロックや石などを使った「壁状の構造物」のこと。

道路から敷地が少し高くなっていて、その上に建物が建てられる場合、

もしくは、隣り合った敷地に高低差がある場合には、崖や盛土の側面

が崩れ落ちるのを防ぐために

壁が必要になります。それが「擁壁」です。

もう少し詳しく説明すると、土や粉粒体を積み上げたときに崩れない

斜面の最大角度のことを土壌の「安息角(あんそくかく)」というのですが、

その「安息角」を超える大きな高低差を地面に

設けたいときに「擁壁」が必要になります。

もし擁壁がなかったら、そのまま自然の状態にしておくと、

横からの圧力によって斜面が崩壊してしまうことも。

つまり、「擁壁」は建物を守るという大切な役割を担っているのです。

 

 

【擁壁にまつわる、よくあるトラブル】

 

ところが、どんなに頑丈につくられた擁壁でも、数十年という時を経て、

次第に劣化が進んでいきます。

古い擁壁がある物件を検討するときには、とくに注意してその状態を確認

する必要があるといえそうです。

もちろん、新しい擁壁であれば安心ということではなく、亀裂やひび割れが

生じていることもあります。

このとき擁壁がやっかいなのは、補修したとしても、ほとんどの場合、

根本的な解決にはならないということ。

高さや面積にもよりますが、擁壁の工事費用は数百万円から数千万円になる場合も。

不動産売買契約締結後、あるいは引渡し後に擁壁のつくり直しが必要となってしまった…

ということのないように、擁壁も含めてしっかりと物件確認をする必要があるのです。

 

 

【いろいろある、擁壁の種類】

 

擁壁の設置に関する技術的基準として、宅地造成等規制法施行令第6条で

「鉄筋コンクリート造、無筋コンクリート造又は間知石(けんちいし)

練積み造(ねりづみ)その他の練積み造のものとすること」と定められていますが、

これとは別に自治体の条例などがある場合もあります。

写真とともに、いくつか擁壁を紹介していきます。

 

 

 

▲高さ5mを超える高低差に、コンクリート擁壁が設けられている住宅。

 一定の間隔で水抜穴があります。

 

 

 

▲道路から2mほど高く造成された土地につくられた、間知石(けんちいし)

 をつかった間知ブロック擁壁。

 間知石は、石垣や土留めによく用いる建築、土木資材です。

 

 

 

▲山あいの傾斜地に建てられた、玉石(たまいし)擁壁。

 玉状の石を積んだものは玉石擁壁と呼ばれます。 

 

 

▲大谷石(おおやいし)でつくられた、大谷石擁壁。

 大谷石も、よく擁壁につかわれます。

 

 

 

皆さんいかがでしたでしょうか。

擁壁によって、建物の印象も変わってきますね。

まちを歩くときに、擁壁にも目を向けるようにしてみると、

いつも見ているまちの景色も違って見えてきそうです。

いずれにしても擁壁の状態確認や施工は、専門的な知識と経験、

土壌に適した工法を知っている専門家に依頼する事が大切です。

隣地との間に土地の高低差がある土地の購入を検討する際、

擁壁のある物件を検討する際には、早めに相談するようにしましょう。

 

では、また来週お楽しみに(^^)(^^)

 

※クロスの仕組みについて※

2019年09月07日 10:00   Category : 建築・住宅用語

皆さんこんにちは(#^^#)

9月に入りコオロギの鳴き声もして秋らしくなりましたね!!

季節の変わり目となり、今回はクロス選びのコツをご紹介したい

と思います。

 

 

【壁紙のアイテム】

 

①:どのような部屋にしたいかイメージしましょう

 

お部屋での過ごし方や、身のまわりの家具、雑貨などをイメージ。

自分のライフスタイルに合わせてインテリアスタイルを決めましょう。

 

 

②:床材やドアの色調と合わせて基本色を考えましょう

 

木目の色調は、赤味、黄味、グレー味のあるものなど、さまざまです。

壁紙の基本色を木目の色調に合わせることで、お部屋に統一感が生まれます。

 

 

(無彩色~こげ茶の床)

 

(グレー系の壁紙)

 

(モダン系・シック系)

 

 

(黄・赤系の床)

 

(ベージュ系の壁紙)

 

(ナチュラル系・ベーシック系)

 

 

(白~茶~黒の床)

(白系の壁紙)

 

(ベーシック系・モダン系)

 

 

 

③:大きなサンプルで確認しましょう

 

カタログで見るより実際の仕上がりは明るく、淡く見えることがあります。


なるべく大きなサンプルで確かめましょう。

 

 

④:床・壁・天井の色のバランスを考えましょう

 

床→壁→天井の順位、上に行くほど明るい色を使うと天井が

高く広く感じられます。

逆に、天井を一段暗くすると、空間に落ち着きがでます。

 

 

 

⑤:機能性壁紙でより快適な空間を

 

汚れ防止、消臭、吸放湿など、お部屋の用途に合わせた機能性をセレクトしましょう。

 

 

⑥:アクセントクロスを効果的に使いましょう

 

壁一面、あるいは一部に、異なる色や柄の壁紙を取り入れるだけで、

お部屋の雰囲気が大きく変わります。

ワンランク上のインテリアを楽しみましょう!!

 

 

 

皆さんいかがでしたか??

壁紙を変えるだけで気分もスッキリしますよね。

次回もお楽しみに(#^^#)(#^^#)

 

「住宅ローンを勉強しましょう その③」 ★住宅購入に必要なお金★

2019年08月20日 17:46   Category : 住宅ローン,建築・住宅用語

 前回は「金利」について学びましたが、いかがでしたでしょうか?

金利の「数値」も重要ですが、返済方式と金利パターンの組み合わせが、長い期間にわたる住宅ローン返済のポイントであると言えますね。

今回からは「住宅ローンにかかる費用」について学んでいきたいと思います。

 

 住宅を取得する際、土地や建物に直接かかる費用のほかに、いわゆる「諸費用」と呼ばれるものがあります。

土地を取得する際に不動産業者へ支払う「仲介手数料」や、新居への引越費用、建替の場合には仮住まいにかかる費用も「諸費用」にあたると言えます。

これらの「諸費用」のなかでも、大きな比率を占めるのが「住宅ローンにかかる費用」です。

まずは、銀行やその他の金融機関へ支払う費用を学んでいきましょう。

金融機関によって内容が異なりますが、ここでは一般的なものを列記します。

 

①融資事務手数料

・・・字のごとく「融資」をするための手数料のこと。平均的な金額は3万円から5万円。フラットの場合は、定率制(融資金額の2.16%など)を採用しているところもあります。この場合、事務手数料は高くなりますが、その分金利が低く設定されているのが一般的です。

②住宅ローン保証料

・・・万一、住宅ローンが返済できなくなってしまった場合に備え、連帯保証人の代わりに保証会社に保証を依頼するために支払う費用のこと。借入金額・返済年数などによって金額は異なりますが、民間の金融機関で「借入2,000万円・返済30年」の場合、およそ40万円程度。この保証料の支払方式には「最初に一括で支払う方式(一括前払方式)」と、金利に加算される「金利上乗せ方式」、金融機関によっては「融資手数料に上乗せする方式(融資手数料型)」というものもあります。なお、保証料不要という商品を提供している金融機関もありますが、大抵は金利が高く設定されていますので注意が必要です。フラットの場合は保証料が不要ですが、金利上乗せではありませんのでご安心ください。

③印紙代

・・・住宅ローンにあたって取り交わす契約書に付す印紙の費用のこと(これは印紙税という税金となります)。土地を購入する場合の売買契約書、住宅メーカーや工務店と締結する工事請負契約書などにも必要となります。金額は、これらの契約書に明記された金額によって決められています。

④団体信用生命保険料(団信)

・・・この保険に加入すると、万一住宅ローンの返済途中に、加入者が死亡または高度障害状態となった場合、保険金で住宅ローンの残額が一括返済されます。民間の金融機関の場合は、団信への加入が融資条件となっている場合がほとんどです。フラットの場合は、「加入=融資条件」ではありませんが、ほとんどの方が加入されているのが現状です。民間の金融機関の場合、「借入金額・返済年数」によって異なりますが、金利に含まれている場合、または金利に上乗せされる場合がほとんどです。フラットの場合は、一般的に住宅ローンの返済とは別に、毎年1回保険料を支払うことになります。

 

 みなさんいかがでしょうか?諸費用と言っても、すべて「借入金額と金利」に直接関わってくることがご理解いただけましたでしょうか。次回は、この他にかかる諸費用について、学んでいきましょう。

(つづく)

◆◆カーテンの知識について◆◆

2019年08月11日 10:00   Category : 建築・住宅用語

皆さんこんにちは(#^.^#)

厳しい暑さが続いておりますが、しばらくは続きそうですね。

くれぐれもお体を大切にお過ごしください。

本日は、カーテンの知識についてお伝えしたいと思います。

 

 

【カーテンで夏の暑さ対策】

 

今回は暑い夏を少しでも快適に過ごすためのカーテンで出来る暑さ対策をご紹介します。

 

 

1:暑さの原因は窓からの熱

 

 

室内が暑くなる大きな原因は、窓ガラスなどの開口部から差し込んでくる

太陽の熱によるものです。
屋外から室内に入ってくる全ての熱を100%とすると、実に約70%が

窓や開口部から入ってくるといわれています。
つまり、室内の温度を上げにくくするためには、窓から熱が入ってくる

のを防ぐこと、即ち「窓の遮熱」がとても重要というわけです。
対策としては、窓ガラスを遮熱効果のあるガラスに変更したり、

ベランダなどにサンシェードを設置したりすることも有効です。

そこでおすすめなのが、もっと手軽にできるカーテンによる遮熱です。
カーテンならば、ベランダの有無、高層階など、室外での対策が難しい

場合にも対応可能です。
機能のついたカーテンはたくさんありますよね。

遮光、遮音、消臭、UVカットなどなど。

部屋を快適にするためには、このカーテンの機能をうまく活用することが

大切です。

 

 

2:遮光機能のついたカーテンを選ぶ

 

 

 

遮熱カーテンとは、生地に熱を反射する素材を練り込んだ糸を使用したり、

コーティング加工を施したりすることにより、
熱(赤外線)を遮蔽する効果があるカーテンのことです。

 

■温度上昇を抑えられる

 

遮熱カーテンは、室内に差し込んでくる太陽の熱を反射するため、

通常のカーテンよりも室内の温度上昇を少なくする効果が期待できます。
遮光カーテンと間違われやすいですが、遮光カーテンは熱ではなく、

光を遮る機能を主にしたカーテンです。

遮光カーテンでも直射日光が入らない分、室内の温度上昇をある程度抑えることができますが、

熱を反射することはできないので、遮熱カーテンの方が温度上昇を抑える効果が高くなります。

 

■冷房の効果を高め、節電につなげる

 

遮熱カーテンで、室内の暑さを完全に抑えることはできませんが、

室内の温度上昇をある程度抑えられるので、
エアコンの起動時にかかるパワーも少なくてすみますし、冷える時間も短くなります。
エアコンの設定温度を1℃下げると消費電力が10%下がるといわれており、

数度でも下げることができれば節電効果が大きくなるといえるのではないでしょうか。
また、遮熱カーテンは窓から入る熱を反射すると同時に、

冷房による快適な空気を逃がさないように断熱することもできるため、冷房の効果も高まります。

 

■冬には保温効果が期待できる

 

冬は夏に比べて日射量が少なく、日射時間も短いため、室内に入ってくる熱はわずかです。

逆に冬場は窓などの開口部から約50%もの熱が逃げてしまいます。
つまり、遮熱カーテンをして、暖房で暖めた空気を室外に逃がさないことの方が保温につながります

 

 

4:紫外線をカットしてくれるレースカーテンを取り入れる

 

 

特殊な生地を練り込んで紫外線カット機能をもたせたものをUV

カットカーテンと呼んでいます。
カーテンによって変わりますが紫外線カット率は80%以上のものもあり、

お部屋の中を紫外線から守ってくれます。
夏の日差しや西日は紫外線が強いので日当たりの良い部屋や西向きの

窓がある部屋にはUVカット機能のカーテンがおすすめです。
家具やフローリング、畳などの日焼けも防いでくれますよ。

 

 

5:暑さ対策のカーテンの選び方

 

 

○厚地タイプ

 

繊維の密度が高く、生地も厚くなるため遮熱性能がもっとも高いのがこのタイプです。
しかし、生地の密度が高いと光も遮蔽してしまうため、閉めきると室内が暗くなります。

(遮光性能がある)
効果が高い分、価格も高くなりがちであること、デザインの種類が少ないことがあります。

 

○レースタイプ

 

遮熱性能を持ちながら光を通すことができるので、室内が暗くなりません。
既製品は価格も手ごろですし、レースカーテンを取り替えるだけでよいので、

取り入れやすいのがこのタイプです。
通常のレースカーテンと比べると繊維密度が高くなるので、外の景色が見えづらく

なってしまうことがあります。
遮像性能のあるタイプは、レースカーテンだけでも外からの視線を遮ることができます。

 

○裏地タイプ

 

既存カーテンの裏に取り付けるタイプもあります。

価格もお手ごろで、既存カーテンをそのまま使用できる点がメリットです。
遮光・防音機能があるタイプ、レースカーテンに付けても違和感のない

レースタイプなど、種類も豊富にあります。

 

○スクリーン、ブラインドタイプ

 

カーテン以外にも、プリーツスクリーン、ブラインドに遮熱加工が施されたものもあります。
和紙調のデザインのロールカーテンなどは和室にも取り入れることができます。

ブラインドはスラットの角度によって調光ができる点も便利です。

それぞれのメリットを生かして、組み合わせてみるのも良いですね。

 

このお盆休みに一度、カーテンの模様替えなどしてお部屋のイメージを

変えてみてはいかがでしょうか。

また、次回お楽しみに(#^^#)(#^^#)

 

 

 

 

 

 

 

鬼塚工務店facebook

鬼塚の2世帯住宅
家づくり無料相談

鬼塚工務店instagram