045-620-3925

鬼塚工務店

土地探しもお任せください

地震に強い鬼塚の家

鬼塚工務店の社訓は「住む人の笑顔が見える家づくり」です。
お客様に喜んでいただきたい、そのために家づくりの仕事をしています。
住む人が笑顔でいられる家の前提は、「安全・安心」であることです。
大きな地震が来ても倒壊することなく、人の命を守る家でなければなりません。
だから、当社が建てる全ての家は、今考えられる最高の耐震レベル=耐震等級3を取得しています。

耐震等級3相当ではありません。耐震等級3相当というのは、「耐震等級3と同じ位強いですよ」とその企業が主張しているだけのものです。構造計算をして、第三者の検査を受けて取得する耐震等級3とは全く違う、裏付けのないものです。
耐震等級3を取得するためには、構造計算や申請の費用がかかるので、多くの場合、その費用を抑えるために「相当」としているようです。でも、「相当」と表記できるルールは何もありません。だから、なんとでもいえてしまうのです。

「いい家をどこよりも安く建てる」これも当社が実現したいことです。
コストダウンを図るための努力は惜しみませんが、「耐震等級3」に関しては、人命にかかわる大事なことですから、費用をかけるべきだと考えています。

一方で、家の価値に影響のないところにはコストをかけません。当社には営業マンがいませんので余計な人件費はかかりませんし、広告もほとんどやっていません。このWEBサイトだけです。営業マンの人件費も、過剰な広告費も、お客様の家を良くする費用とは思えません。でも、耐震等級3を取得する構造計算や申請の費用は、家の価値を担保する大切な費用だと思うのです。
これが「いい家をどこよりも安く建てる」われわれの考え方です。

それでは、耐震等級3とはどんなものか?少しご説明いたしましょう。 耐震等級とは、地震に耐えるレベルを示したもので、1から3まであります。

このように書くと、耐震等級1.で十分なのではないかと感じられる方もいるでしょう。
「だって、建築基準法の耐震基準を満たしているんでしょ?何も病院や消防署ほど強くなくても」と。
現在の建築基準法は、震度6強の地震に耐えうる強さを基準にしています。阪神大震災が再来しても倒壊しないレベルというとわかりやすいかもしれません。

ところが、2016年4月に起きた熊本地震では、耐震等級2.の家が倒壊してしまいました。
これまでの想定を超える震度7の地震が2回連続で発生したのです。

2016年7月号 日経ホームビルダー表紙(左) 同9月号掲載の倒壊した2010年築、耐震等級2の家  

この大地震でも、耐震等級3の家は倒壊しませんでした。
被害が大きかったエリアでも、軽微な損傷で済んだのです。

地震大国ニッポン。
東日本大震災では津波の被害が甚大でしたが、倒壊の被害は多くありませんでした。
これまで、地震に対する備えは、阪神大震災が起きた時に倒壊しない建物の強さを想定していました。この程度の地震であれば、建築基準法のレベル=耐震等級1で倒壊することはなかったのです。

でも、熊本地震が起きてしまったのです。

近く発生するであろうと言われている大地震に備えるには、今考えられる最高レベルの水準で防御するしかありません。

「住む人の笑顔が見える家づくり」を実現するために、鬼塚工務店は、全棟耐震等級3を取得しています。

お客さまインタビュー

家づくり無料相談
鬼塚工務店instagram

お問い合わせはこちら

お電話でのお問い合わせ

045-620-3925

フォームでのお問い合わせ