045-620-3925

鬼塚工務店

スタッフブログ

スタッフブログ

家の熱中症対策?

2019年08月05日 09:08   Category : 未分類

皆様こんにちは!

 

いよいよ夏本番ですね!

海や川へレジャーに行かれる方も多いと思われますが、

熱中症対策は万全にしてくださいね!

 

熱中症対策として思い浮かぶのは水分補給や塩分補給、

そして外に出かけるなら“帽子”ではありませんか?

住宅の帽子にあたるのが屋根です。

戸建ての住宅はいつでも屋外に面していますから

夏場の屋根は人の熱対策と同じように重要です。

快適に過ごすのはもちろんエアコンの効率だって

変わってきます。

 

弊社標準で使っている屋根材の

“コロニアル遮熱グラッサ”

赤外線を反射することで屋根の表面温度と

屋根裏温度の上昇を抑制してくれるまさに戸建の

“帽子”にふさわしい屋根材です。

もちろんカラーバリエーションもいろいろありますが、

遮熱効果は黒が一番低く、白が一番高いです。

屋根材への蓄熱を抑え、夜間の大気への放熱、

居住空間への熱の伝達を抑制してくれる優れものです!

 

マラソンランナーが被っているような白の速乾性素材の帽子と同じ様なイメージですね!

 

皆さんが体の負担に気を使うのと同じように、

建物にも同じ目線で考えられるとより良い住まいづくりができると思います。

連日猛暑日が続いておりますので、

体調にはくれぐれもお気を付けください。

 

 

電気容量ってどのくらい?

2019年07月16日 18:00   Category : 未分類

皆様こんにちは!

関東では雨や曇りの日が続き、
7月に入ってからの日照時間が過去最低だそうです。

でもそんな天気ともそろそろお別れして
梅雨明け、夏本番ですね!

梅雨が明けたら暑い日が続き、
クーラーが欠かせなくなってきます。

お施主様から夏に向けて電気容量が心配とか、
新築2世帯で世帯人数が増えるから電気容量足りるかな?
と聞かれる事が度々あります。

そこで今日は電気容量について書きます。

電気契約内容に応じて使える容量が変わってくるのは
ご存じだと思いますが、その計算方法ってご存じでしょうか。

A(アンペア)というのは電気の流れる量=電流量
家電などでよく目にするW(ワット)は消費電力量で単位が
異なります。
ちなみにV(ボルト)は電圧。
(一般家庭内における家電製品はほとんどが100V)

アンペアの求め方はA=W÷Vになるので、
600Wの電子レンジを使う場合は600W÷100V=6Aとなります。

電気契約が40Aの場合、
40Aってどのくらいのものが使えるか?
ってなかなかイメージできないですよね。
例えば新居で使うものをリストアップしてみると

エアコン暖房660W + 冷蔵庫250W + 家中の照明の合計200W
+ IHジャー炊飯器1300W + プラスマ42型テレビ360W
+ 電子レンジ1400W = 4170W÷100V→ 41.7A 
となりますので、
40Aの契約では不安なので、50Aで契約しよう!
と考えられます。

ただし全部一気に使うわけではないので
実際は40Aで足りてしまう事もあります。

目安として、引っ越しや大型家電の買い替え時などの参考に役立ててください!

梅雨時期の湿気対策

2019年06月13日 18:00   Category : 未分類

皆様、こんにちは!
関東も梅雨入りし、ドンよりジメジメとした日が続きますね。

今日は雨の時期にちなんで、防水建材についてお話ししようと思います。
雨の日の電車内や人混み、レインコートを着た時の肌にまとわりつくような
湿気は気持ち悪いですよね。


傘や長靴、速乾性の肌着、除湿器、、、
少しでも快適に過ごすために色々なものがありますが、
それは人だけに限らず、木造住宅の木材にとっても一緒で、
雨、湿気対策建材も数多くあります。

呼吸する壁なんて呼ばれる漆喰や珪藻土、エコカラットなどは有名ですが、
今日ご紹介したいのは”防水紙”。

防水紙とは雨を侵入させずに湿気を放出してくれる
外壁材の下地部分に使われる建材です。

見えないところで頑張っている
まさに縁の下の力持ち的な存在です。

弊社ももちろん施工しています。(メーカーは参考)

下地ベニヤにロール状の紙をタッカー(建築用ホチキス)
で止めていきます。
その上に胴縁(外壁材を止める下地)を付けてあげることで
蒸気がその隙間を通って抜けていきます。

メーカーによって多少性能や作りは変わりますが、
簡単に言うと水の分子は通さず、
蒸気レベルの分子は通すような素材です。

雨の日には防水透湿性のゴアテックスのジャケットを着る
なんて人はピンとくるのではないでしょうか?


人が少しでも快適に感じられる衣服と同様に
木材にも同じレインジャケットを着せていると思うと
なんだかおもしろいですよね。

木材も湿気が多いとカビや腐食の原因となりますが
こういった建材が湿気を逃がして適度に保ってくれるので、
長く住む戸建て住宅には目立ちはしませんがとても大切な建材です!

西海岸スタイル

2019年05月29日 18:00   Category : インテリアコーディネーターのひとりごと,未分類

皆様こんにちは!
全国的に暑い日が続いてますねー。汗

夏が近付いて来たからかはわかりませんが、
最近お施主様から西海岸っぽくしたい!
カリフォルニア風にしたい!
と声を頂くようになりました。

そこで今回は西海岸風デザインの
ポイントをご紹介しようと思います!


節の多い杉板や足場板や古材のようなあまり
綺麗ではない木材を塗りつぶしたり、
waxで染色したり、高級感とは違いますが、
雰囲気出ますよね!
デイベッドにパーゴラ、
床のヘリンボーン貼もまさにカリフォルニアですね!


タイルも大判大理石みたいなものではなく、
少しチープに見えるような
陶器っぽい艶のあるタイルが味を出してくれます。


扉は框がまわって2パネルや6パネルのデザインがしっくりハマります。
壁の青もいい感じですが、
扉自体を青や黄色なんかに塗ってアクセントとしても
いいですよね!

思いっきり西海岸風の家を作ろうと思うと、
材料や造作の大工工事が増え正直結構お高くつきます。。が、


雰囲気だけでも近づけたかったらこんなアイテムも
おすすめです!
マリンランプも最近はネットでも簡単に購入できますし、
何より雰囲気づくりには抜群です!


こんなアメリカンスイッチやコンセントもいいですよね!
シンプルでどこか無骨な感じもまた愛くるしいです!

※照明やスイッチの交換は電気工事士の資格がなければできないので
交換したいときは電気屋さんなどに尋ねてみてくださいね!

もともと海岸の近くでは海からの潮風で錆びが出たり、
腐食したりという対策に塗装を厚くしたり
水や潮の影響を受けない様に照明にガラスのカバーを付けたり、
強い日差しを避けるためにパーゴラを作ったりと、
ライフスタイルがそのままデザインに生きているから
親しみやすく、好まれるのかなーと個人的に思っていますが、

こんな西海岸風デザイン、皆様はいかがでしょうか?

ウッドデッキをDIY

2019年05月01日 18:00   Category : 2×4ツーバイフォー,インテリアコーディネーターのひとりごと,未分類

皆様こんにちは!

今日は前回お話できなかったウッドデッキについて
書こうと思います。

作ろうとはなかなか思わないかもしれませんが、
ベランダやバルコニーにデッキ材並べてあげるだけで雰囲気変わりますよね。


庭などに作る場合、一番下にあるのが建物の基礎と同じ役割になるピンコロブロック。
その上に立っているのが木束、その上に根太(大引)で最後にデッキ材が並ぶわけです。
もちろん使いたいデッキ材や地面の形状に応じて作り方は変わりますが基本はこれ。

バルコニーに作る場合は根太を並べてデッキ材で仕上げて良いかと思います。

↑こんなイメージ。

但し、バルコニーはほとんどの場合、水を流すために傾斜が付いていますので、
根太の下にゴム板等を重ねて水平器等で水平を見てあげましょう。

根太には防腐処理されたツーバイ材でも良いと思いますよ!
外部なので防腐、防虫塗装等はしっかりして下さいね!

デッキ材と言っても木材や合成樹脂材で種類も沢山ありますが、
僕が一番好きなのはセランガンバツ。

デッキ材では有名...だと思います。

比較的水にも強く安価で持ちもいい材料です。
外部用のトップクリア塗装等してあげると色持ちも良くなると思います!

後は根太の間隔(通常450~600mm程度)やビス留めのピッチなんか
気にして作ってあげると仕上がりが綺麗に見えると思いますよ!


デッキ用木材はどれも硬さがあって加工は少し体力を使いますので
覚悟しておいてくださいね!

ではまた次回おたのしみに!

 

改元まであと10日!

2019年04月21日 18:00   Category : インテリアコーディネーターのひとりごと,未分類

皆様こんにちは!

弊社のある横浜ではすっかり桜も散って気温も日に日に暖かくなってきています。
上着を脱いで心地よい季節の中、いよいよ改元になりますね!


天皇陛下が退位されるまであと10日とニュースでも取り上げられ、
話題になっておりますがあまり実感がないのも事実ではないでしょうか。

昭和生まれの僕からするとまさに人生の中心となる時代
ですので少し寂しい気がします。

平和生まれが同僚として入社してきたときの違和感を
20年後にはまた感じるんですね…。。

ちなみに元号に用いる令和という漢字が日本の古典から採用されたのは確認される限り初めてで
これまでは中国古典(漢籍)を出典としてきたようです。

これも意外な感じですよね。

令和は万葉集巻五、梅花の歌三十二首の序文、
「初春の令月にして気淑く風和ぎ、梅は鏡前の粉を披き、蘭(らん)は珮(はい)後の香を薫らす」から引用した。
とあるように安倍首相も
「春の訪れを告げ、見事に咲き誇る梅の花のように一人ひとりが明日への希望とともに、
それぞれの花を大きく咲かせることができる、そうした日本でありたいとの願いを込め、決定した」
と発言しており、そのような時代になるといいですね!

平成という時代はバブル経済の崩壊や震災、津波など天災の多い少しネガティブなイメージもありますが、
様々な成長、革新をしてきた時代でもあると思います。

生活感もガラッと進化し、いろいろなものが電子化され便利になってきてますね。

オール電化もだいぶ普及してきましたし、
トイレにタンクがないのはもちろん、
浴室で衣類乾燥はあたりまえで、
食洗器も標準装備、
玄関ドアはカードキーで解錠/施錠ができる!

住宅もやっぱり進化しています。
弊社もより良い住まいのご提供に努めていきます!

良い物は継承しつつ新しい物も取り入れて
より良い時代になるといいですね!

令和新年からも皆様よろしくお願いいたします!

パイプでDIY

2019年04月13日 18:00   Category : インテリアコーディネーターのひとりごと,未分類

皆様こんにちは!

今日は最近SNSなどでもよく見かける様々なパイプを使った
DIYを紹介します。

作り方は見たまんま。勘の良い人ならパズルの様に組み立てられます!
組み合わせしだいでいろんな長さや大きさに作れると思いますよ。


ホームセンターなどで販売されているDIY向けのパイプ材もありますが、
もっと雰囲気を!もっと無骨さを!
という感じでしたらオススメあります。


水道管(ガス管) 
ジョイント(継手)になる部材も多くありますし、
当然本物の設備配管なので雰囲気でます。しかし高いです。


塩ビパイプ(上下水道管)
加工が比較的簡単で安価。
太さ、長さによってはたわみが出るので注意して下さい。


ハンガーパイプ
こちらは比較的安価ですがジョイント部材の種類が少ないのと、
慣れていないと固定が難しいかと思います。


単管
工事現場をそのままイメージさせる無骨さです。
安くて丈夫、部材も多いので使い勝手はいいですが、重いです。
屋外のタイヤラックなんかにしている方もいます。


板と組み合わせて棚にもなりますし、
ハンガーラックとしても良いですよね。

パイプの種類によっても表情が違うのが面白いですね。

塗装する時はパイプの種類によってしっかりと油膜を取ってあげないと
塗膜が剥がれてしまうので気を付けて下さいね。
黒ならやっぱりブラッセンスプレー(以前ご紹介)がおすすめです!

皆様いかがでしたか?
ではまた次回お楽しみに!

DIY 脱線してNYの話

2019年03月30日 18:00   Category : 2×4ツーバイフォー,インテリアコーディネーターのひとりごと,未分類

皆さまこんにちは!

桜も咲き、気温も上がり、お花見やBBQなど
外に出たくなる時期になってきました!

ウッドデッキのDIYの話にしようかと考えていたら思い出した出来事(笑)があるので、
今日はそのお話から。

数年前の転職のタイミングでニューヨークに1ヵ月くらい行ってたんです。
ミュージカルやジャズバー、メジャーリーグとか美術館とかゴスペルとかとにかく何にでも刺激を受けました。







Moma disign store表参道なんて売店みたいなもんだと思ってしまう近代美術の数々。


そのなかでもセントラルパークにフラフラ散歩に行くのが
すごく心地よくて感動したのを覚えています。
ライフスタイルの違いもあると思いますが、
岩の上で本を読んだり、
階段でヨガをしていたり、
バイオリン弾きながら歩いている人とか
とても大都会のど真ん中とは思えない場所で、
誰にも気を使わず穏やかな空気が流れてる感じです。


若者も老人も男性も女性も肌の色も他人の目も気にせず
みんなが自由気ままに過ごしている感じで、
それを見ているだけでホッとする様な。

って何でこんな話かというと僕が滞在していたのがニューヨークの外れのクイーンズという地区で
多種多様な人種が入り混じっている、
とても綺麗とは言えない様なところで最初はとても物騒に感じました。


そこで最初に知り合い(笑)になったのが犬のジュニ。
同じブロックの隣で暮らしていた南米系の飼主さんが飼っていたモップの様な犬。

朝のコーヒーを持って外に出るとジュニが付いてくる。
仲良くなって飼主と一緒に裏にある壊れていた犬小屋をデッキ材で直しました(笑)

写真撮ってなかったのが残念ですが。。
そんなことを思い出してほっこりできました。

春は繁忙期の会社が多かったり、
入学や卒業、転職や転勤など新生活で
引っ越しがあったり環境の変化があったりと
春は何かとバタバタと過ぎて行く季節のイメージが強いですが、
そんな中でも時間を見つけてゆっくり過ごしたいものですね。

駆け足で進む日常の時間を少しだけ止めて気分転換!リフレッシュ!

これ結構大切だと思います。

気温の変化や花粉など体調には気を付けながら
いろんな春を満喫してください!
次回はウッドデッキのDIYの話をします。
お楽しみに!

2019年。仕事始めに思うこと

2019年01月04日 10:00   Category : 未分類

 

皆様、新年いかがお迎えでしょうか。

今年は横浜、川崎は天候に恵まれてとても穏やかな新年の幕開けとなりました。

 

弊社は本日、仕事始めです。

年始に思うことを今日のブログとさせていただきたいと思います。

 

昨年も弊社はたくさんのお客様との出会いがあり、十人十色さまざまな家づくりに真摯に向き合って参りました。

一人一人のお客様との出会い、一軒、一軒お引き渡しさせて頂く都度、私達は必ず何かを学んできました。


今年は元号が変わります。『㈱鬼塚工務店』と成ってから10年となり、弊社にとっても色々に変化のある年、節目の年となります。

その節目に立ち、今日までにいただいたお客様の声、現場に携わる関係業者の声、10年の経験を今一度咀嚼し直さなくてはなりません。
その中に弊社の歩むこれからに欠かせないものがたくさん潜在します。その一つ一つに丁寧に取り組み、自分の良心に忠実に、確かな歩みのもとに成長していきたいと思います。

 

本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

 

 

御礼

2018年12月28日 12:00   Category : 未分類

2018年も残すところあとわずかとなりました。
皆様におかれましては、ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。
本年は格別のご愛顧を賜りまことに有難く厚く御礼申し上げます.
来る年の皆様のご健勝とご多幸をお祈り申し上げます。

                                                                                                      2018年12月

                                                                                      株式会社 鬼塚工務店

 

   ※新年は1月4日(金)より通常営業いたします※

鬼塚工務店facebook

鬼塚の2世帯住宅
家づくり無料相談

鬼塚工務店instagram