045-620-3925

鬼塚工務店

スタッフブログ

スタッフブログ

DIY/タイル貼り編

2019年12月09日 18:00   Category : インテリアコーディネーターのひとりごと,温もりのある家づくり

皆様こんにちは。

横浜では例年より50日早い初雪が観測され、

(みぞれですが…。)いよいよ冬の到来です。

皆様くれぐれも体調に気を付けて、新年を迎えてくださいね。

 

さて本日は、

タイル貼りについてご紹介しようと思います。

 

最近は自分で貼ってみようかなといったお声を

良く聞くようになりましたので、

簡単な貼り方をご紹介しようかなと思います。

 

まずは必要なもの

・ボンド(接着剤) 下地にあったものを選びましょう

・巻き尺(スケール)

・養生材 マスカーテープは簡単でおすすめ

・目地詰め用のゴム付コテ 

・バケツ+スポンジ スポンジは綺麗なものにしましょう。

 

あとはタイルと目地材

大まかにはこれくらいでしょうか。

 

必要に応じてタイルカッターやくし目のコテ、水平器など。

 

①養生

作業中接着剤や目地材が落ちても平気なように

大げさに養生しましょう。

 

②割付

実際にタイルをあてがって

貼り始めや貼り方を決めましょう

 

③接着剤

均一に塗り伸ばしましょう。

下地によって数種類のボンドがあるので気を付けてください。

 

④タイル貼り

先程決めた割付に沿って貼りましょう。

しっかりと圧着させないとタイルが落ちることも。

 

⑤目地詰め

タイルがしっかりと固定されたら

緩くなりすぎないように目地材を水と混ぜて、

ゴム付コテで目地材を塗り伸ばしましょう。

 

⑥拭き取り

水を含ませたスポンジで

タイルの表面に付いた余分な目地材を拭き取って

しっかりと目地材が乾けば完成です。

 

簡単にご説明してしまいましたが、

タイルを自分で割り付けて

貼るのはなかなか難しいので

弊社にご相談いただければもちろん施工致します。

費用は掛かりますがもちろんプロの職人さん

に任せれば綺麗な仕上がりになりますので、

お気軽にご依頼ください。

 

チャレンジしてみたい!といった方は、

アドバイスさせて頂きますので

お気軽にご相談ください!

ヒノキの話

2019年11月04日 18:00   Category : インテリアコーディネーターのひとりごと,温もりのある家づくり

皆様こんにちは。

 

日に日に気温が下がってきて、

もう冬支度を始める時期ですね。

 

今日は弊社でも良く使用するヒノキ(檜/桧)のご紹介をしてみようと思います。

 

ヒノキと聞いたら真っ先に檜風呂を連想する方も多いのではないかと思いますが、

心地よい芳香を長期にわたって発する松や杉と同じ分類の針葉樹です。

 

広葉樹と比べ節が多くいくらか柔らかい樹種で、日本と台湾のみに

分布する樹です。

 

日本では古くから最高品質の建材として使用され

正しく使われたヒノキの建築には1,000年を超える寿命があるそうです。

 

そのためか神社仏閣によく利用されており、

つい先日の火災にて全焼してしまった沖縄県の首里城にも台湾ヒノキが使われています。

復元するにしても台湾でのヒノキ伐採禁止や樹齢の古い大木が無く、

材料調達が難しいそうです。

 

そんなヒノキ材ですが、

弊社では無垢のフローリング材としてよく使用します。

 

フローリング材として使用するメリットとしては

一般的によく使われる化粧シートフローリングと比べ、

芳香と柔らかさ(暖かさ、温もり)、経年変色や日焼けによって良い味(雰囲気)が出てきます。

 

フローリング材の種類も多種多様にありますので、

ヒノキも候補の一つにしてみてはいかがでしょうか?

 

“イメージを大切に!”

2019年01月29日 10:00   Category : 温もりのある家づくり

みなさん、こんにちは。イン

犬目線、人間目線両者を考え提案する愛犬家住宅コーディネーターでもある

加辺と申します。

今回は、“イメージを大切に!”と題しまして、建物に合った空間の考え方について

お話しします。

 

建物の内装をイメージする時、まず“コンセプト”を決めるとセレクトがしやすく

なります。

例えば、建物が建つ場所からコンセプトを練りだすとか、現代的な空間か!

クラシカルな空間か!はたまた、大切にしたい物・事を選ぶとか!

 

私が今までに行った例を数点上げてみましょう。

 

【 船の中のようなカフェテリア 】

     

 

     

     横浜に作るカフェテリア。横浜と言えば港!港と言えば船!!船の中にいる

     ようなカフェ空間。

 

【 犬と自由に遊べるサンデッキ 】

     

     ワンちゃんが自由に走り回れるが飛び出すことはなく、人間の視線を遮る

     ことはないアクリル手摺板を使い、ワンちゃんの足腰のダメージのない

     板材でありながら、貼り分けをランダムにすることで、面白みのある

     ウッドデッキにする。

 

このようにコンセプト(概念)を決めると、どんどんイメージが湧いてきやすく

なります。お客様の生活環境、生活スタイル、生活動線などをお聞きして、アドバイス

させていただくのも私たちコーディネーターの仕事と考えます。

“鬼塚工務店”は、お客様に寄り添い、思いを実現化するような家づくりをいたします。

お気軽に“無料相談会”にお越しになってみてください。

温もりのある家づくり

2019年01月19日 13:14   Category : 温もりのある家づくり

みなさん、こんにちは。インテリアコーディネーターでもあり、

犬目線、人間目線両者を考え提案する愛犬家住宅コーディネーターでもある

加辺と申します。

今回は、こんな風に見せる“イメージ出来る提案!”をご紹介します。

 

設計士やコーディネーターが、お客様のご希望を現実化する為にいろいろな提案を

行います。往々にして図面のみでご説明する事が多いようです。

しかし、平面図や展開図だけで説明されても、『んじゃ、空間としてどんな感じに

るの?』といまいち分かりづらい事って多いのではないでしょうか。

 

ならば私は、人間目線から見た空間を描いてしまえば、より分かりやすく考えられる

だろう♪と考えました。

そこで、今までの事例を上げながら空間をご説明しましょう。

 

1.重厚感のある住空間

     

     お好きなお酒やグラスを展示できるリビング・ダイニング

 

     

     ベッドに入りながらテレビが見れ、パジャマのままでもくつろげる空間。

     それでいて、空間の一体感は壊さない寝室。

 

     

     どんなゲストをお招きしても対応出来るゲストルーム。

     商談もよし、お酒を飲むもよし!キャビネットを開けばバーカウンター

     になる。

 

いかがででしょうか?

近年、PCによるデジタルパースを作る会社が増えてきました。

でも、この手描きの温もりを家づくりの楽しみに加えてみてください。

“鬼塚工務店”では随時、家づくりの無料相談会を行っております。ぜひご来店ください。

お待ちいたしております。

鬼塚工務店facebook

鬼塚の2世帯住宅
家づくり無料相談

鬼塚工務店instagram