045-620-3925

鬼塚工務店

スタッフブログ

スタッフブログ

冬にも汗かく子どもたちの服装

2019年12月03日 18:00   Category : 子どもたちの気持ち

一気に気温が下がり、ダウンコートを着ている人が増えましたね。
こんな寒い時でも学年に一人はいる半袖短パン小僧!笑 
この話で郵便局員さんと盛り上がりました(^^)

 

さて、寒いからとお子様に洋服を着させ過ぎてはいませんか?!
子どもの洋服の基本は重ね着。

 

ベビーカーに乗っているお子様は
動きがなくじっとしているので
肌着・薄い長袖・上着で温かく。
アウターはつなぎである必要はありませんが、帽子と靴下は必須です。
更に外ではブランケットを掛けてあげると良いでしょう。
ただし、背中側に汗をかく可能性もあります。
時折身体を起こして空気の入れ替えをしてあげると快適に(^^)

 

 

一方、同じ年齢でも抱っこで移動する場合は、
お子様と大人がそれぞれが上着を着るのではなく、

大人の上着にお子様を包み込むダッカー付コートが便利です。
室内に入った時、抱っこしたお子様の上着を脱がせるのは

結構な重労働。かといって、そのままでは

汗をかいて体調を崩す原因になりかねません。

 


いよいよ動き回る年齢になったら
肌着・薄い長袖・厚手の上着。

又は、肌着・薄い長袖・トレーナー・薄手の上着。
そしてつなぎではなくセパレートタイプで。
上下別れたことでお腹が出やすくなってしまうなんてことも
考えられます。裾の長い肌着を選ぶというのも手です。

 

また、通っている保育園や幼稚園によっては
フードや紐・装飾が安全の為禁止されている場合があります。
決まりをもう一度確認しましょう(^^)

 

個人的には、小さい子が着るネルシャツとかワンピース好きですが、
小さい子には動きにくいアイテムの一つ…
でもたまにはお洒落してこういうのもいいですよね♪
お子様の健康のために子どもの体温にあった洋服選びをしたいです。

 

夏涼しく冬暖かい鬼塚の家 
お引渡-K様邸 
外で元気に遊んで 安心して帰ることができるお家 

冬休みの子どもたち(誤飲に注意)

 

 

インフルエンザ 子どもたちの手洗い

2019年11月15日 18:00   Category : 子どもたちの気持ち

今年は秋が短くあっという間に冬になりそうですね。
本来夏の終わり辺りから感じるブタクサ花粉も飛散が遅かったのか…
今頃 その花粉にやられています。

 

 

そんな中、インフルエンザの流行が例年より早く始まっていると
昨日もニュースでやっていました。
横浜の小学校では学級閉鎖になっているところもあるようです。
今はA型がほとんどだそうですよ。

 

最近は熱37℃台でもインフルエンザと診断場合もありますね。
これはインフルエンザの検査がより簡単に出来るようになった為
微熱でもインフルエンザと判断できるようになったそうです。

 

また、今まで発熱から24時間以上たたないと判断できないと
言われていた部分も医学の進歩によって変化してきているようです。

予防の基本はやっばり手洗うがい。
でも子どもにとっては蛇口が遠くてお子様が一人で手を洗いにくい。
どうしても袖口がびしょびしょになってしまう。
なんてこともあると思います。

そんな時はウォーターガイドを使うと解決するかもしれません。
  

 

既存の蛇口にはめるだけなので簡単です。
カラフルなものからシンプルなものまで様々。

 

これならお子様の「自分で!!」の気持ちにも答えられそうですし、
100円均一にもあるのでお試ししては(^^)
本格的な流行前に万全の対策をして乗り越えましょう♪

 

 

日々の暮らしは日当たりのよい2階で完結。旗竿地のデメリットをプランニングで克服した家。

 

前面道路の問題を解決し、予算内で実現できた理想のわが家。

 

「着る、脱ぐ、洗う、干す、仕舞う』を1つの場所でできる家

 

 

 

 

 

 

秋とドングリとノーベル賞と

2019年10月28日 18:00   Category : 子どもたちの気持ち

さて、今年もこの季節がやってきました。ノーベル賞。
今年も日本人の受賞者が出てニュースになっていましたね。
昨年もお話(秋と本とノーベル賞と)したので今年も(^^)


2019年日本人のノーベル化学賞は、スマートフォンや
電気自動車などに利用が広がるリチウムイオン電池を開発した 
吉野彰旭化成名誉フェロー。


 成功の秘訣は「柔軟性と執着心」
   ・しつこくしつこく諦めない。かたいばかりですとめげちゃいますし、
    柔らかいだけだと何も前に進みません
   ・研究者っていうのは頭が柔らかくないといけないんです。
    大きな壁にぶち当たっても“まあなんとかなるわね”と、
    そういう柔らかさが絶対いると思います。

 

と仰っていました。

柔らかさといえば、最近の大人は「言われたことしかしない(出来ない)」と
言われがち。でもそれはわざとではなく、
子どもの頃の“遊び”が影響しているのかもしれません。


遊びで得た想像力は、大人になってこういったところで
生きてくるのだなと思います。

 

だから、子どもの仕事は遊びなのだな、と。
作ることの想像だけでなく、事態を予測したり、
人の気持ちを考えたりすることへも繋がります。

 

 

今の季節はその感覚を鍛えるのにピッタリだと思います。


ドングリだって、本来玩具ではなく、樹の命を繋いでいくもの。
それでどう遊ぶかと考えること自体が、想像力を鍛えています。
落ち葉で全身隠れるにはどのくらいの量がいるか。


子どもではこうだから、大人だとあとどのくらい増やせばいいのか。等々。

 

次はどうしよう?これはなんだろう?ではこれは?と連鎖していけば、
どんどんと力がついていきます。

 

 

吉野さんが科学の道へ進むきっかけになった「ロウソクの科学」は、
なぜロウソクに火がつくのか、なぜ火が黄色いのか、
一本のロウソクを用いて人の生活と科学の関わりを
子供にも分かりやすく説明している なぜ?なぜ?がきっかけの本 (^^)

 

でも、ろうそくが身近にない今の子ども達には
ワクワクが伝わらないかもしれない・・・
今だったら何にあたるのでしょうね。

 

「明るい話題で日本が大騒ぎすることが、
子供にとって自分の将来を決める一つのきっかけになってもらえれば」という

吉野さんの言葉通り、日本が明るい話題で溢れますように。

 

照明選びのポイント 番外編

ご近所の御宮様リフォーム完了!

【磯子区O様邸】着工~基礎工事

体育の日 子どもと運動

2019年10月10日 18:00   Category : 子どもたちの気持ち

 

本日10月10日はもともと体育の日でした。

ハッピーマンデーにより、2000年から10月の第2週目の月曜日に。

今年でいうと、14日です。

また、東京オリンピック・パラリンピックが行われる2020年に限り、

スポーツの日として7月24日に移動されます。

 

先日公園で竹ぽっくりで遊んでいる少年を見て、ほっこり。

きっと学校で昔遊びの授業をやったのだなぁと。

これも立派な運動ですね(^^)

 

 

私が勤めていた保育園は自然の中で生活していたので、

自然と毎日運動。子ども達もわんぱくでした。

木にすいすい登るし、

でこぼこ道もバランスを保ち

小回りを利かせて全速力で走り抜ける。

はっきり言って運動神経のいい

子どもたちだったと思います。

でも、経験の少ないボール投げは

苦手になってしまうようで、

小学生の定番ドッヂボールは初め苦戦するようです。

 

 

 

このように、経験が大きく左右するので

保育園・幼稚園選びに慎重になる気持ちがよーくわかります。

また、この時期がやってきましたね。

 

さて話題を元に戻して、、、

 

体力の低下は、精神面にも影響すると言われています。

文部科学省のHPにも

“子どもが「生きる力」を身に付ける上で悪影響を及ぼす。”

と記されています。

 

運動の原点でもある「楽しむ」ということを

何よりも忘れてはいけません。

お子様が小さいうちに、

遊びながらたくさん運動をさせてあげたいですね。

すると、最近の子どもたちに多い

“身体をイメージ通りに動かせない”

なんてこともなくなり、感覚も研ぎ澄まされます(^^)

 

 

生活環境は、子どもの成長に大きく関わる大切なものと言えそうですね。

 

子供の成長と家づくり~五感~

子どもの成長と家作り~視覚編~

子どもの成長と家作り~聴覚編~

子どもの成長と家作り~嗅覚編~

子どもの成長と家作り~味覚編~

子どもの成長と家作り~触覚編~

 

子どもの成長と家作り~触覚編~

2019年09月22日 18:00   Category : 子どもたちの気持ち

最終回は触覚。

 

なんといってもスキンシップ。
赤ちゃんが泣いたら
すぐに抱っこしてあげたり
さすってあげたり
声を掛けたりというのは
今や当たりまえですね。
抱き癖がつくから良くないと
言われていた時期もありましたが、
今はすぐに寄り添ってあげる事が
心の成長において最善の方法とされています。

 

 

なかでもお腹を優しく触ってもらうことが
赤ちゃんはとても心地良いと感じるようです。
また、スキンシップを取ることで
些細な体調の変化に気が付くことができます。

 

 

さて、お家作りには様々な材料が使われます。


鉄の手触りはツルツル・サビていればザラザラ、角はチクチク。
日陰で触ればは冷たいけれど、太陽や火の熱で熱くなる。


木でも固かったり柔らかかったり。


では、ガラスは?鏡は?石は?葉っぱは?


壁・床・棚・庭 一つ一つのが
子どもの感覚を研ぎ澄ますアイテムです。

 

特にその感覚が敏感な0~3歳(溜め込む)・
3~6歳(分類・整理)の時期は沢山の事柄に触れる機会を。
これは、五感全てに共通して言えることです。

 

View this post on Instagram

#お休みの日 に #子供たち と #ゆっくり #家 で過ごしていると、#よそいき でない #普段の姿 を見ることができ、 #新しい発見 があって本当に #楽しい です。 子供たちが #遊んでいる声 が聞こえると、 #実家 の #両親 もつられて様子を見に来たりして。本当に建てて良かった。  #家族 #鬼塚工務店 #鬼塚 #工務店 #戸建 #新築 #家族  #横浜 #神奈川

A post shared by 鬼塚工務店 (@team_oniduka) on

View this post on Instagram

#チョークで #かける #壁紙 #黒板 を #作りたかった ものの、 #部屋 の #中 が #汚れる ので #一度 は #断念 しました。 でも、 #玄関 なら #チョーク が #落ちても #気にならない と #思いつき 、 #採用 してもらいました。 #鬼塚工務店 #鬼塚 #工務店 #戸建 #新築 #家族  #横浜 #神奈川

A post shared by 鬼塚工務店 (@team_oniduka) on

View this post on Instagram

#鬼塚工務店 #鬼塚 #工務店 #戸建 #新築 #家族 #手形 #青 #珪藻土 #仲良し #思い出 #横浜 #神奈川

A post shared by 鬼塚工務店 (@team_oniduka) on

View this post on Instagram

こちらは #リビング です。 #天井 に付いているものはなにかわかりますか? 実はこれ、 #オリジナル の加工をした #鉄製 の #ハンガーパイプ なんです。 #雨の日 には #室内干し として使えるのはもちろんですが、 #観葉植物 をひっかけて、 #インテリア として楽しむことも出来ます♫ #鬼塚 #工務店 #横浜 #川﨑 #神奈川 #注文 #住宅 #注文住宅 #新築 #戸建

A post shared by 鬼塚工務店 (@team_oniduka) on

 

たくさんの素材で作られた家そのものが
子どもたちの成長を手助けしています。
だからこそ、機械的ではなく想いをもって建ててくれる
工務店・ハウスメーカーを選ぶことが大切ですし、
内容も自分で納得したものを。と、私は思います(^^)

 

そして弊社はまた、お客様のお住まいを大切に、
ずっと寄り添って参ります。

 

子どもの成長と家作り~味覚編~

2019年09月04日 17:00   Category : 子どもたちの気持ち

五感シリーズ 4回目は味覚。

 

野菜嫌いの子どもって多いですよね。
何故でしょう?
生きるために必要な炭水化物・たんぱく質・脂肪の
三大栄養素は、味覚でいうと甘味。
苦いものは毒で酸っぱいものは腐っていると
本能で避けるようにできているのです。

野菜には灰汁がありますので、
味覚が敏感な子どもたちはその苦み渋みを
感じ取っています。
また、口腔内が未発達であるために
硬いものは避けがちです。

 

 

こういったものは、積極的に大人が機会を設け
慣れるように食卓に出し続けることが、
子どもの多様な味の体験になります。

 

また、大人でも疲れているときや
ストレスを感じているときには、
苦味を感じなくなるそうです。

 

味覚を育てるにはやっぱり料理。
料理は前回も登場しています。
それは料理が五感全部を十分に刺激してくれるからです。
料理は、脳も刺激してくれます。段取りを組む力や判断力も身に付きます。

 

味覚の発達は、3か月頃から10歳頃に発達。
なかでも3歳までにほぼ決まるともいわれています。

 

 

 

鬼塚工務店のキッチン●  ~instagramより~

View this post on Instagram

もともとは違うお #色 を選んでいただいていたのですが、 ちょうど #クリナップ さんの #商品が、 #クリンレディ から #ステディア に #モデルチェンジ があった時期でしたので、クリナップさんの #ショールーム の #入れ替え後 に再度ショールームに行っていただき、 こちらの #可愛らしい #ブルー のお色に決めていただきました。 #写真 ではわかりにくいですが、 #シンク の中も #ブルーで統一 されているんですよ。 #オニヅカ #工務店 #横浜 #川﨑 #神奈川 #注文 #住宅 #注文住宅 #新築 #戸建

A post shared by 鬼塚工務店 (@team_oniduka) on

View this post on Instagram

#リビング と #一体化 した #人工大理石 の #ペニンシュラキッチン が気に入っているので今後使うのが #楽しみ です。鬼塚工務店 #鬼塚 #工務店 #横浜 #川﨑 #神奈川 #注文 #住宅 #注文住宅 #新築 #戸建 #キッチン

A post shared by 鬼塚工務店 (@team_oniduka) on

View this post on Instagram

#キッチンの位置 もかなり迷いましたが、 #迷った 挙句、 #個室 の #キッチン にしました。ほとんどの事例が #対面式 の #カウンターキッチン でしたが、対面だと #お料理 を出すときに迂回することになるでしょう?しかも #風通し も悪くなる。今のプランだと目の前に窓もつくれて風が通るので、 #大正解 だったと思っています。 #クリナップ で一番グレードが高いキッチンだったんですが、中村さんに『全体の予算の中で抑えるところを抑え、こだわるところは #こだわり ましょう』と言っていただけました。  #鬼塚工務店 #鬼塚 #工務店 #横浜 #川﨑 #神奈川 #注文 #住宅 #注文住宅 #新築 #戸建 #お客様の声

A post shared by 鬼塚工務店 (@team_oniduka) on

View this post on Instagram

#手元 、 #足元 まで #明るく #使い勝手のいい #キッチン スペース。 #親子が助け合えるのびのび二世帯の家 #二世帯住宅 #二世帯 #鬼塚工務店 #鬼塚 #工務店 #戸建 #新築 #家族  #横浜 #神奈川 #注文住宅

A post shared by 鬼塚工務店 (@team_oniduka) on

 

他にもいろいろ載せています。

ぜひご覧ください(^^)

さて、次回。最後は触覚です。

夏も注意~溶連菌感染症~

2019年08月14日 10:00   Category : 子どもたちの気持ち

夏休みも残りわずかとなりました。

遅ればせながら夏風邪についてお話しようと思います。
去年は、♦ペルパンギーナをお伝えしたので、今年は溶連菌感染症を。

■溶連菌感染症

学童期の小児に最も多く3歳以下や成人では典型的な症状が現れることは少ないといわれています。

代表的なのは、のどの痛みと発熱。咳や鼻水はほぼありません。身体に小さな赤い発疹ができ、イチゴ舌になることもあります。
1年中かかりうる病気ですが、春~夏、冬に流行します。夏は皮膚・冬は喉に症状が多くみられることが多いようです。

アトピー性皮膚炎のお子さんは重症化する可能性があるのでより注意が必要です。

 

 

検査
感染の疑いがあれば検査をします。
10分程度ですぐに結果が出ますので、感染が確定すれば抗菌薬を服用することになります。


抗菌薬は溶連菌に限らず、確実に菌を殺すために飲み切ることが重要です。

長い期間薬を服用することは子どもにとっても、飲ませる大人にとってもなかなか難しいことですが、再発や合併症を防ぐために守らなければなりません。

熱は1~2日で下がり、発疹も軽快、のどの痛みも1週間以内でおさまります。

 

 

感染

飛沫感染・接触感染します。

大人にもかかります。
また、繰り返しかかる可能性もあります。

 

登校・登園

医療機関の受診日とその翌日は登校・登園できません。

学校保健安全法では第三種(条件によっては出席停止の措置が必要と考えられる疾患)にあたります。
抗菌薬を服用後24時間経つと、感染力はほとんどなくなります。

 

予防

予防接種はありません。手洗い、うがい、マスク。飛沫感染が主なので、移さない為にも移らない為にもこれが有効です。

 

季節によって様々な病気が流行りますが、
予防の基本はやはり手洗いうがい。
耳にたこが出来るほど言われているこの言葉は
大正解なのですね!!

 

鬼塚工務店は「ハマハグ協賛として
下記のサービスをさせて頂いております(^^)
・粉ミルクのお湯提供
・授乳スペースの確保
・オムツご提供サービス(テープ式S・M・Lサイズ)

お子様連れの方も安心してお越し下さい
●●鬼塚工務店キッズスペース●●
●●鬼塚工務店授乳&おむつ替えスペース●●

 

 

 

子どもの成長と家作り~嗅覚編~

2019年07月28日 18:00   Category : 子どもたちの気持ち

視覚・聴覚に続いて
情報取得量が多いのは嗅覚で3.5%程度。

 

 

視覚・嗅覚と比べるとその割合は
ガクッと下がったように感じますが、
脳への伝達スピードは0.2秒以下とされ、
嗅覚は人間の五感の中で最も本能的で
原始的な感覚であるとも言われています。

 

季節、植物、天気、土、旬、魚、、動物など
たくさんの自然の匂いを日常的に身近に感じる機会が
今はぐっと減ったように感じます。
子どもは一緒に過ごす大人によって環境を決められます。
再三お話している“本物を体験”するには
大人が意識的にその機会を作らねば
ならなくなってしまいました。

 

しらない匂い=くさいと子どもは表現、
自然の香りを拒否してしまうことになりかねません。

 

 

お家作りでの嗅覚は?

 

お家でのわくわくする匂いといったらご飯!
今日のご飯なにかなーって楽しみに帰り、
玄関を開けた時に匂いで
メニューを当てるのが好きでした(笑)

これはご飯を作ってもらう側の意見ですが、、、

 

 

ご飯を作る側の意見を盛り込めるのがお家作り。
作り手が使いやすいキッチンで
わくわくしながら料理を作ると
きっと益々楽しいお食事になることでしょう!(^^)

 

お子様と一緒に作る時には
食材そのもののにおいをかいでみてください。
食べる時には同じ匂いがするかな~など
食材を意識して味わってみるものいいですね。

 

 

■■建売住宅には納得できる家がない■■


■■アイランドキッチンを中心に、暮らしやすいわが家■■

 

また、植物の香り成分には、免疫強化、抗菌、消化促進、
血圧降下・上昇など、身体へもたらす作用があるものも。
人工的な香りではなく自然の香りは特にリラックス効果が高く
桧はヒノキの香りは昔から日本になじみがあり、
鎮静作用と強壮作用があります。
気持ちが落ち着き、日々の疲れを癒してくれ、
前向きな気持ちにさせてくれます。

 

床だけでなく全ての造作材も桧を利用■■

 

五感も残すは触覚と味覚です(^^)

子どもの成長と家作り~聴覚編~

2019年07月13日 18:00   Category : 子どもたちの気持ち

視覚に次いで10%程度の情報を
聴覚から得ます。聴覚については
以前ブログでお話したことがあります。
子ども達と楽しむ 何の音?

 

 

子どもって本当に面白くて。


「なんかこのセミ急いで
いるんじゃない?」と
突然言った男の子がいました。
「なんかいつもより
ビービーって(鳴声)早いよ。」

聞き分ける力も去ることながら
こういう表現の仕方も子どもならでは。
聞いていてほっこりします(^^)

 

 

 

視覚と比べ聴覚は、
産まれてくる前から発達していて
お腹の中でも外の音を聞いていると
言われています。ただ、穏やかな声や
怒っている声など声の違いはわかりません。


穏やかな声で話かけている
=母体が落ち着いているリラックスしている
ということになるので、
結果赤ちゃんにとって良い状態 
ということです。


ちなみに、大人と同じくらい
聞こえるようになるのは生後8ヶ月頃だそう。

 

 

お家づくりでは聴覚は?
例えば

外の音が聞こえにくいのがいい
楽器の音が聞こえないようにしたい
と音を遮ること。


『グランドピアノとグラビノーバが置けて、リラックスできる仕事場を・・・ 

 

 

帰ってきたことがわかるようにしたい
家族で会話を楽しみたい
と音を取り入れること。


『着る、脱ぐ、洗う、干す、仕舞う』を1つの場所でできる家 

 


必要な部屋数を確保し、荷物をスッキリしまえ、家族が集うLDKを。

 

 

音を遮ることと取り入れること

両方を上手に使い分けていきたいですね。

 

さあ残るは、嗅覚触覚味覚です(^^)

子どもの成長と家作り~視覚編~

2019年06月25日 18:00   Category : 子どもたちの気持ち

前回、人間の原点である五感の話で締めました。
五感というのは、視覚・聴覚・嗅覚・触覚・味覚のこと。

 

 

そのうち、最も情報取得量が多いのは「視覚」で
80%以上を占めていると言われています。

 

産まれたばかりの赤ちゃんは30cm先がぼやけて見えている程度。
立体や遠近がなんとなく掴めてくるのが3か月頃。
ですから赤ちゃんの玩具は原色でカラフルなものが多いのですね(^^)
徐々に視力が発達し、3歳頃にやっと0.7程度になります。

 

言葉で伝えるより文章にしたほうが正確に伝わったり、
表にすることでまたさらに分かりやすくなったり、
映像で見た方がイメージしやすくなったりします。

 

 

 

また、コミュニケーションにおいても
表情が大きく影響します。
目は口ほどにものをいう といいますが、
対話の際、声色よりも表情。=目で見えるものの方が
受け取り手に大きな影響をあたえます。

 

子育ては親が笑っていればうまくいく
なんて極端な話が良くあがるくらい
子どもの成長において家族の笑顔は重要。
笑う力のある子は心身ともに健康に育つ、
笑いは脳を活性化する、と言われています。

 

百聞は一見に如かず。
自然の中に出向いて、本で見たこと・不思議だなと
思ったことを実際に体験をすること・自分の目で見ることが
好奇心を掻き立て 良いこと悪いことを自分で判断する力等
子どもたちの沢山の力になります。

 

 

それでは、視覚を生かしたお家作りは?

 

オレンジは食欲増進。
青は気持ちを落ち着かせる。
緑は情緒の安定、安心感の増加。
色彩心理学があるように色から受ける影響も大きくあります。

■あかりのはなし 
■あかりのはなし ダウンライト 

 

 

お日様の光が取り込め、
時間や季節によって光の変化が感じられること。
窓から見える景色にも目を向けたいですね。

 

■坪庭のある凹プランで、

光を採りこみ、景観を楽しめる家 

 

 


■バルコニーからもシンボルツリーとして

庭に植えた金木犀を眺めることができる

 

 

子どもの成長と家づくり。なんだか他にも共通点がありそうですね。

 

鬼塚工務店facebook

鬼塚の2世帯住宅
家づくり無料相談

鬼塚工務店instagram