045-620-3925

鬼塚工務店

お客様の声

お客様インタビュー

お客様の声

Y様邸

2階建て28坪の予定が、3階建て36坪に!
『もうひとり!』の夢をかなえた理想の我が家

お客様の声

家づくりのきっかけは?

家づくりのきっかけは?

(奥様)もともと住んでいた家のお隣のおばあちゃんが亡くなられて、不動産会社さんからお声掛けいただいたんです、『買いませんか?』と。おとなりはお庭があっていいね、なんて思っていたので、『よし買っちゃおう!』となりました。でも、それほど余裕もなかったので、希望する費用で建てられるなら建てよう、難しければ少しお金が貯まってから、という気持ちでいました。そんなとき、お友達のご夫婦が家を建てられて、その工務店をご紹介いただいたんです。予算を伝えてプランを出してもらったら、28坪の2階建てのプランが出てきました。『あ~、こんなもんだよな~』と思っていました、その時は。でも、当時、子供は二人いたんですけど、もう一人ほしいな、なんて思っていて・・・。

鬼塚工務店との出会いは?

(ご主人)もう少し何とかならないかと、ネットで探してみたんです。3、4社にアプローチしてみたのですが、条件を伝えると厳しい反応で、「うちではちょっと難しいです」なんて、見積もりを出す前に撤退する会社もありました。というのも、うちの前の道路が私道で、ご近所さんがガーデニングを楽しんでいらっしゃったので、車の出入りができなかったんです。「お客様の方で車が通れるように交渉していただくことが前提ですが・・・」といってお見積りをいただくようなこともあり、とても不安でした。
そんな状態だったので、お友達が建てた工務店さんでほとんど決まりかけていたのですが、プランの話になり、当方の希望を申し上げると、どんどん見積もりが上がっていったのです。これでは、予算内で建てるのは無理なのでは?と思いました。
そんな中、鬼塚工務店さんのホームページを見つけたんです。『いい家をどこよりも安く』や、『狭小地も得意です』というメッセージに惹かれて。さっそくお電話して、現場見学会に出かけました。そこで、設計の中村さんにお話を聞いたのですが、驚きの連続でした。

鬼塚工務店との家づくりはいかがでしたか? (奥様)L型のキッチンがついていたので、これはオプションですか?と聞くと、『いえ、オプションではありません。』このウォークインクローゼットは?『当初の予算内で、設置しました。』ホームページで紹介されている金額が安かったので、オプションでどんどん上がっていくんだろうなと思っていたのです。『それなら!』と、話を進めていた28坪で2階建てのプランを見ていただいて、見積もりを出してもらったのです。そしたらもっとびっくり。お友達が建てた会社に出してもらった見積もり金額より、断然安かったのです!しかも、仕様は上がっていました。アルミサッシだったものが、中村さんが『絶対に樹脂サッシのほうがいいです』と言って樹脂サッシになっていたり、断熱材も『現場で施工する吹き付け断熱のほうが圧倒的に断熱性が高いですよ』と。なんだ、これは!?と思いました。
こんなに良くなって、価格も下がるならと、3階建てのお見積もりも出していただきました。『3人目もほしいね』と話していましたので。その頃には、私も主人も鬼塚さんにお願いしよう、と決めていました。安いだけじゃなく、こちらの要望を丁寧に聞いていただいて、何度も何度も図面を書きなおしていただきましたから。とても親切にしていただけました。
道路の問題で車が入れないこともあり、他の会社からは、露骨に嫌な顔をされたり『うちでは無理です』と断られることもありました。見積を出していただけた会社からも『道路の問題はそちらでお話を通してください』と言われていたのですが、鬼塚さんは違いました。社長自ら、『私がお願いに行きます』と言って、ガーデニングを楽しんでいる2軒のお宅に行き、工事中だけ動かしてもらえるようにお願いしてくれたのです。ご不在のこともあり、二度に渡って訪問していただくことになりました。結果、快くご協力いただけたのです。家が建った後、私たちはそこにずっと住むことになるので、凄く不安だったのですが丁寧に対応していただけたので本当にありがたかった。実際工事が始まると、動かす前に写真を撮って、ご自分たちで移動して、工事が終わったら元通りに戻していただけました。本当に安心できました。

どんな家を建てたかったんですか?

(奥様)風通しのよい家にしたかったので、窓をたくさんつくってもらいました。しかも、窓同志が対面になるように。隣地との距離が近いので、視線が合わないようにしつつ、対面にすることにはかなり頭を悩ませました。キッチンの位置もかなり迷いましたが、迷った挙句、個室のキッチンにしました。ほとんどの事例が対面式のカウンターキッチンでしたが、対面だとお料理を出すときに迂回することになるでしょう?しかも風通しも悪くなる。今のプランだと目の前に窓もつくれて風が通るので、大正解だったと思っています。またキッチンは、クリナップのSSというシリーズを選びました。ステンレスの天板が気に入って。さっと洗えばすぐに汚れが落ち、きれいが保てるんです。見た目の質感も素敵だったので。クリナップで一番グレードが高いキッチンだったんですが、中村さんに『全体の予算の中で抑えるところを抑え、こだわるところはこだわりましょう』と言っていただけました。

家づくりを進める中で印象に残っていることは?

(奥様)冬寒いのも、光熱費が高いのも嫌だったので、床暖房と太陽光発電をつけたかったんです。でも、さすがに予算オーバーとなってしまいました。そんな中で、床暖房と太陽光システムを専門でやっている会社があって、それに関しては鬼塚さんより安かったのです。そちらにお願いすれば予算内で収まることがわかりました。中村さんに相談すると、『わかりました。それでは太陽光と床暖房は、その会社さんにお願いしましょう。』と快く了承していただき、工事の段取りまで組んでもらいました。これに関しては、本来であれば鬼塚さんにお願いするところ、予算内に収めるためにほかの会社さんにお願いすることになって申し訳なかったな、と思っています。

(ご主人)しかし、もう本当に信じられない思いでした。もともと、予算内で建てられるのは、2階建ての28坪で、サッシもアルミだし、それ以上要望を伝えれば予算がどんどん上がっていく状態でした。それが鬼塚さんにお願いしたことで、3階建て36坪の広さになったうえ、樹脂サッシ、吹付断熱で、キッチンもクリナップの最上級キッチンを選べ、おまけに専門業者に頼ませてもらって、床暖房と太陽光発電までつけることができたんです。友達に話すと『なにそれ!そんなことあるの?』と驚かれます。私たちも信じられません。

住み心地はいかがですか?

(奥様)いいですね!としか言いようがないです。特に冬。古い家の時は帰ってくるなり、いきなり酷寒だったのですが、今の家は温もりが残っているんです。断熱性が高い、というのはこういうことなんだ、と思います。日々の生活は、床暖房だけで本当に暖かい。エアコンはほとんど使いませんでした。そして、驚いたのは光熱費。前の家が18坪だったので、新居は倍の広さになりました。にもかかわらず、光熱費が下がったんです!性能の高い断熱材、樹脂サッシ、太陽光発電のおかげです。
窓をたくさん作ったのも大正解。お料理も、窓を開けてとっても気持ちよくできています。

(ご主人):3階建てにするにあたり、「とっても揺れるよ」と知人から聞いていたのでちょっと心配していたのですが、全く揺れを感じるようなこともありません。

家を建てようと思っている人にアドバイスを。

(奥様)私はとても優柔不断で、本当に最後まで迷って迷って決められず、中村さんにはとっても迷惑をかけてしまったと思います。でも家を建てるなんて、一生に一度あるかどうかの大仕事ですので、変に妥協しなくてよかったとも思っています。後悔しないように、なんでも遠慮せずに納得するまで相談することが大事だと思います。

住み心地はいかがですか?

お客さまインタビュー

家づくり無料相談
鬼塚工務店instagram

お問い合わせはこちら

お電話でのお問い合わせ

045-620-3925

フォームでのお問い合わせ