045-620-3925

横浜・川崎の注文住宅なら鬼塚工務店

スタッフブログ

スタッフブログ

床下エアコン体感会 3/31まで開催中!

2022年03月01日 08:57   Category : イベント,ニュース

3月に入りました。

暖かいと感じられる日も増えてきましたが、横浜市の3月の平均気温は9.1℃と、まだまだ寒い日が続きます。

「お部屋の温度は何℃くらいが最適なのか?」

は、人によって感じ方に差があり、一概には言えません。

ただし、目安はあります。

LIXIL 考えようヒトと地球にやさしい温度より

健康で快適に暮らせる室内温度は18℃以上。

これは、イギリスの保健省が推奨している基準で、18℃を下回ると、脳卒中や心筋梗塞のリスクが高まるといわれています。

ただ単に、室温が低いのも問題ですが、家の中で温度差があるのも大きな問題です。

LIXIL 同資料より

リビングでは、エアコンやガスファンヒーターなどで20℃以上の室温をキープしているけれど、脱衣所やトイレは暖房がないのでそのまま。

そうすると、あたりまえのように10℃以上の温度差が発生してしまいます。

いわゆる、ヒートショックです。

 

このような、冬の寒さに対する住宅の課題を解決したのが、床下エアコンです。

 

家の床下、基礎内部全体をエアコンで暖めるので、リビングだけでなく、脱衣室もトイレも万遍なく暖まります。

床下から上昇気流に乗って暖気が届くので、風が体にあたって不快な思いをすることもありません。

通常の壁かけエアコンでは、足元が温まりませんが、

壁掛けエアコンのサーモ画像

床下にエアコンを設置すれば下から温まります。

床下エアコンのサーモ画像

上記は、立ち上がりの画像ですが、床下エアコンは基本つけっぱなし。

全体が温まるとこうなります。

 

当社ショールームのサーモ画像

お部屋全体がムラなく温まるのです。

これから次第に暖かくなりますが、3月はまだまだ暖房が必要な季節。

この機会に床下エアコン体感会を開催いたします。

 

本社かショールームにて、ご体感いただきます。

安全かつ、じっくりとご体感いただけるよう、完全予約制とさせていただいております。

この冬最後の体感会になります。

ご興味のある方は、ぜひいらしてください。

事前にお電話か問い合わせフォームにて、お申し込みくださいますよう、お願い申し上げます。

 

鬼塚工務店instagram

鬼塚の2世帯住宅
家づくり無料相談