045-620-3925

鬼塚工務店

お客様の声

お客様インタビュー

お客様の声

横浜市港北区I様邸

こんなに親身に対応してくれる会社は他になく、鬼塚さんにお願いするしかありませんでした。

お客様の声

家づくりのきっかけは?



2年ほどアパートに住んでいて、家賃を払っているのがもったいないなあと、想っていました。この辺りは、結構、家賃が高いので。
いくら払っても自分のものにならないし。2年暮らして、この地域をとても気に入ったので、できればこの辺で家を建てたいと思い、土地を探し始めたんです。
でもなかなか希望の条件で見つけることは難しく、「その予算だと、横浜より南でないと見つからないです」と言われたりしました。
そんな時に、まだ売り出しになる前の、区画も整理されていない土地がこれから売りに出る、という話が不動産会社さんからあり、早くしないと他で決まってしまうといわれ、購入を決めました。

鬼塚工務店を知ったのは?

まずは、土地を紹介してくれた会社にお願いしようと思い、渋谷のショールームへ行ってみました。でも、建物のグレードが低くて、調べてみると、評判も良くなかったのです。
これからきっと大地震が来る、といわれている中で、せっかく建てた家が倒れたらイヤなので、耐震性はとても重視していました。
でも、その会社では、耐震性をそれほど重視していなくて、グレードアップしようと思うと、予算が上がるといわれました。そこで、それ以外にも自分たちがやりたいと思うことを書き出しました。その要望で見積りをとってもらうと、5~600万円上がるといわれました。
「この会社では無理だね」となり、他所の会社を探し始めたんです。大手のハウスメーカーはとても無理だと思い対象から外して、それ以外の会社に声をかけてみたんですが、「その予算では難しい」と断られてしまいました。
会ってもくれず、メールで断られたこともありました。「もう、これでは、土地を紹介してくれた元の会社に、妥協してお願いするしかないかなあ」と思っていたところ、鬼塚工務店のホームページで見つけ、早速、相談会に行きました。

鬼塚工務店に依頼された理由は?

最初は社長さんが相談に乗ってくれました。
予算や、土地の購入価格、建物にかけられる金額、耐震性の高い建物を希望していることなど、洗いざらいお話ししました。すると、鬼塚工務店さんも、耐震性にはとてもこだわっていて、社長さんが「耐震等級3の家しか建てない」と熱く語ってくれました。
設計の方もコーディネーターさんもとっても親切で、わたしたちの要望を聞いてくれて、それをなんとか予算内で実現しようと、一所懸命対応してくれていました。
もうこの段階で、私たちの要望にこんなに親身に対応してくれる会社は他になかったので、「鬼塚さんにお願いするしかない!」と、心の中で決めていました。

やりたいことをあきらめるようなことはなかったですか?

んー、やりたいことをあきらめたというのは特に思い当たりません。例えば、「吹き抜けにあこがれる!」と、思っていましたが、突き詰めて考えていくと、吹き抜けをつくれば1部屋減るし、エアコンの効きも悪くなり、冷暖房効率が下がって光熱費も高くなる。「なくていいね 」といった感じで、納得の上採用しないと判断ができました。
フローリングやクロスにはとてもこだわったのですが、全部希望のモノを採用すると、予算オーバーになるので、リビングと廊下はお気に入りのものにして、プライベートスペースは違うものにしよう、とかメリハリをつけて採用しました。そのあたりも、コーディネーターさんがうまくリードしてくれました。

家づくりで特にこだわったポイントは?

まずは、地震に強い家であること。大地震が来ても崩れたりしないということが第一ですね。
プランに関しては、土地の大きさが決まっていて、1階にビルトインガレージを確保したら、自然と2階リビングになって、3階に寝室が来るといった感じで決まっていきました。
浴室を1階にすると、洗濯機は1階におけないので、キッチンに設置しました。住んでみると、動線がとてもいいんです。脱衣室で脱いだ衣類は、濡れていないのでそれほど重くない状態で2階に運べます。リビングに居ながら洗濯をして、洗い終わったら、室内物干しで干します。花粉症なので・・・。室内でも十分よく乾きます。



家のテイストは、リビングは白を基調にモノトーン にしたいと思っていました。リビングのフローリングは、真っ白だと髪の毛とかが目立ちやすいので、白くて明るいイメージを保ちつつ、汚れが目立たず、シックなものをこだわって探しました。
寝室は、ダーク系の床でリビングとはトーンを変えました。クロスは種類が多いので、一番選ぶのに苦労したかもしれません。

住み心地はいかがですか

とってもいいですね。自分の家に帰ってきた!と思うだけでうれしいし、外観にもこだわったので、帰ってきて自分の家を見るだけで、とっても ワクワクします。
アパートに住んでいたときは 、冬の結露がすごくて、毎日カーテンが窓ガラスにくっついて、ぐっちょり濡れてしまっていましたが、新しい家では結露がなくなりました。
冬は1階はさすがに寒いですけど、2階のリビングは、普段はエアコンをつけなくてもホットカーペットだけで十分でした。暖房をつけたのは真冬だけじゃないかな?
お風呂も快適です。アパートのころは浴室に暖房がなくて、本当に寒かった。今は入浴前に少しだけ暖房を入れてからは入ります。
とっても快適ですよ。また、浴槽が狭くて足を延ばせませんでしたが、今ではのびのび入れます。本当に快適になりました。
浴室の暖房も、オプションではなく、そのまま標準設備に入っていたのもありがたかったです。

家づくりを考えている方にアドバイスを。

とにかく、あきらめずにやりたいことを曲げないで、相談することをお勧めします。私たちも最後まであきらめずに、粘り強く依頼先を探して、鬼塚工務店さんを見つけ、相談に行った からこそ、大満足の家を建てることができたのだと思います。
フローリングも、クロスも、一度決めてしまったら、やり直しがききませんよね。だから、納得いくまで選ぶのがいいと思います。
決めることが多いし、予算的な問題もある。仕事があるから、土日しか動けない。そんな制約がある中でも、頑張ってこだわる部分は妥協せずに決めることをお勧めします。苦労はしましたが、迷いながら探して、探して、最後は自分で選んで、結果大満足できましたから。

私たちも鬼塚工務店さんのことを調べているときにとても参考になったので、インタビューにご協力したいと思っていました。
素敵な写真も撮ってもらえるし(笑)

この施工事例のほかの写真を見る >

お客さまインタビュー

家づくり無料相談
鬼塚の2世帯住宅
鬼塚工務店instagram

お問い合わせはこちら

お電話でのお問い合わせ

045-620-3925

フォームでのお問い合わせ