045-620-3925

鬼塚工務店

お客様の声

お客様インタビュー

お客様の声

川崎市中原区S様邸

『47㎡の狭小地、しかも借地権。本当に家なんか建てられるのかな?と、最初は半信半疑でした』

お客様の声

家づくりのきっかけは?

家づくりのきっかけは?

ご主人:家族三人で近くの賃貸住宅に住んでいました。二人目に恵まれ、自分たちの家をもとう、と思ったのです。でも、ここの隣町に住んでいたのですが、周辺の土地を探してみると『高いなあ』というのが実感でした。

お母様:50年も前からこの地に住んでいます。数年前 に親も亡くなり、一人暮らしをしていました。娘が二人いるのですが、 長女には三人の子供がおり、この狭い土地に家を建てて住むのは無理だなと思っていたんです。そこへ次女から 『 家を考えているんだけど 』 と、相談がありました。娘も生まれた時からの 慣れ親しんだ土地だし、お婿さんの実家も近くだし、それなら、と家づくりが始まりました。

どんな家を建てたかったのですか?

鬼塚工務店を知ったきっかけは?

ご主人:ホームページで、狭い土地に良い家を安く建ててくれる会社ないかな?と探して鬼塚工務店を見つけました。他にもたくさんありましたが、“狭小地を得意にしたコストパフォーマンスの高い家”というコンセプトが、探している会社にピッタリだと思いました。
相談会に行くと、社長がもともと大工さんで、『 良い家を安く建てたい! 』と語られる姿に男気を感じました。また『 近く大地震が来る恐れがあるので、地震に強い家でなければだめです! 』というお話にも共感しました。子供たちに家を残してやりたいと思っていましたので。このような経緯で鬼塚工務店さんにお願いしたいと思いました。
でも、この土地は借地だったんです。借地権の土地に家なんか建てられるのかな?なんて半信半疑だったのですが、とても親身に相談に乗ってくれました。もう一社見積もりをお願いした会社があったのですが、『そういう交渉はそちらでやってください』って感じでしたが、鬼塚工務店さんは 、自分の事のように積極的に解決に動いてくれました。

お母様:借地権の土地だと、借地権の残存期間に住宅ローンを返さなければいけませんよね?だから底地権をお持ちの方と交渉しなければならないのです。 鬼塚工務店さんに 、底地権の方の連絡先をお教えしたら、直接やりとりしていただき、無事に解決していただけました。私たちは、どうしても行かなければいけない時だけ、指定された場所に出向いただけで、あとはみんなやってくれました。どうすれば良いのか全くわからない中で、本当に頼もしかったです。

どんな家を建てたかったのですか?

ご主人:予算が限られていたので、とにかく予算内に収めていただくことがポイントでした。それと、土地が15坪もなかったので、できるだけ広く建ててほしいと思っていました。ワンフロア当たりの面積が30㎡弱と、かなり狭いので、仕切りはできるだけつくらずにシンプル なプランを希望しました。収納をたっぷりとると活動できる面積が狭くなるので、収納スペースも大きくとりませんでした。収納が少ないとモノが生活空間に出てくるので、これ以上買わないと思ったんです。

奥様:子供に手がかからないときであればもっとこだわりたかったのですが、なんせ産まれたばかりでしたので。リビングに収納できる室内物干しだけはリクエストして設置してもらいました。

住み心地はいかがですか?

家づくりを進める中で印象に残っていることは?

お母さま:家の中の細かなことを決めるときに、インテリアコーディネーターの中島さんのアドバイスが大変参考になりました。例えば1階のトイレの壁紙を決める時。うっすらと花柄が描かれているのですが、これを選ぶ時もかなり迷いました。サンプルだけではイメージがつかめなかったのです。そんな 時に『主張しすぎない、うるさくないデザインで良いですね 』と、背中を押してもらえました。あと、押入れのサイズを決めるときに、前の家で使っていた箪笥や布団を仕舞いたかったのですが、布団を仕舞う時、押入れの幅が少し狭いと端が折れ曲がって入れにくいですよね。それが嫌だなと思っていたら、押入れのサイズをちゃんと測ってフラットに入るようにしてくれました。また、私は足が少し悪いので『手すりがあると安心ですよね』と、玄関ポーチや上がり框、お手洗いにも手すりを付けていただきました。これがあるのとないのでは安心感が全く違います。
私は職場が近かったので、仕事帰りに工事現場に寄ってみていることがあったのですが、大工 さんや職人さんが声をかけてくれて『今はここの工事をしています。押入れの高さを決めるまで、あと1週間位の間は変更効きますよ 』なんてやさしく教えてくれました。

家づくりを進める中で印象に残っていることは?

住み心地はいかがですか?

お母さま:前の家を解体するときには少し寂しい気持ちもありました。新しい家に住んでからまだ 2か月半ほどですけれど、少し前まではお友達の家に来たような感覚でしたが、ようやく自分の家に住んでいる気分になれて、とても居心地がよくなりました。

ご主人:僕は料理人なので、自宅でもたまに料理をするのですが、賃貸住宅の時は作業台は狭いし火力は弱いし、とっても使い勝手が悪かった。新しい家では、ステンレスの広い作業台にこだわったので、とっても調理がしやすいです。
初めての冬を過ごしていて、今が一番寒い大寒の季節ですが、暖房をつけた時の温まり方が速いと感じます。夏が苦手なので、夏場のエアコンもすぐ冷えることを期待しています。

住み心地はいかがですか?

鬼塚工務店で家を建てようとしている方にアドバイスを

ご主人:とっても親身になって解決してくれるので頼りになりました。安心してお任せすればよいと思います。特にわが家は、予算に限りがあり、47㎡という狭小地、しかも借地権という3つの大きな問題を抱えていましたので。おかげさまで住宅ローンも組めたし、最大限の広さを確保できた家が建ちました。そしてなんといっても、賃貸住宅に払っていた家賃の半分にまで返済額を下げることができました。家を建てるときには問題がつきものだと思いますが、鬼塚工務店さんは親身になって相談に乗ってくれるので、遠慮なく相談されるとよいと思います。

住み心地はいかがですか?
鬼塚工務店より:S様邸の敷地は借地で、数年の残存期間が残っている状態でした。家を建て替えるとなると、建て替えの承諾と、新たに借地権の契約を結びなおす必要がありました。しかし、現在の法律では、借地権の期間は20年までと定められており、その内容で借地権契約を結ぶと、住宅ローンの支払期間も20年までとなってしまいます。そこで、底地権者様にお願いして、借地権契約を 35 年間とする特約をご承諾いただき、35年の住宅ローンが可能となり、家づくりを実現することができました。
この施工事例のほかの写真を見る >

お客さまインタビュー

家づくり無料相談
鬼塚の2世帯住宅
鬼塚工務店instagram

お問い合わせはこちら

お電話でのお問い合わせ

045-620-3925

フォームでのお問い合わせ