045-620-3925

鬼塚工務店

スタッフブログ

スタッフブログ

防音対策② 断熱材比較!!

2018年04月18日 16:57   Category : 商品,建築・住宅用語,断熱材,施工事例

こんにちは(*^-^*)

春になり明るいカラーのファッションが増え

ワクワクする雰囲気ですね♫

本日は異なる材質の断熱材の防音比較をお伝えします(*^^*)

 

 

 

◆グラスウール断熱材の吸音性・防音効果


グラスウールは繊維系断熱材です。
グラスウール断熱材に入射した音のエネルギーはグラスウール内部に伝搬して、
ガラス繊維や空気を振動させ熱エネルギーに変わります。
グラスウール断熱材は、低音域から高音域まで幅広い吸音特性を発揮します。

 

 

 

 

 

ウレタンフォーム断熱材の吸音性・防音効果


ウレタンフォームは発泡系断熱材です。
吹付硬質ウレタンフォームは、隙間なく駆体に充填出来るため、
外部の騒音や内側からの生活音の漏れを抑制します。
また細かな気泡構造で音をスポンジ状のフォーム内に分散し、
騒音や生活音の漏れを軽減し、より快適な住環境を実現します。

 

 

 

 

 

◆ 音への対策

発泡系断熱材(ウレタンフォーム): 吸音・遮音効果が期待できる。

繊維系断熱材(グラスウール): 吸音効果のみ。遮音効果は期待できない。

 

 

 

 

 

 

◆ 防音に関する用語


・周波数
音が1秒間に振動する回数。単位はHz(ヘルツ)を使用します。
周波数が大きいと高い音、周波数が小さいと低い音になります。

 

・吸音率
ある材料がある周波数の音に対して、音のエネルギーを吸収する効率を
その周波数における吸音率といいます。大きい程良い吸音材と言えます。

 

 

 

 

▼ リンク 下記をクリック!!

現場レポート  グラスウール断熱材 神奈川区C様邸

現場レポート  ウレタンフォーム断熱材  磯子区U様邸

 

 

 

 

鬼塚工務店はグラスウール断熱材、ウレタンフォーム断熱材、両方取り揃えております♪
無料相談会でお客様のご要望をじっくり伺い、最適な断熱材をご提案させて頂きます

皆様のお越しを心よりお待ちしております(*´▽`*)
(奈良)

 

 

防音対策①

2018年04月11日 16:02   Category : 建築・住宅用語,断熱材

こんにちは(*^-^*)
新築を建てる上で防音は大変気になるところです。
色々勉強をしていると専門用語に頭をひねることがありますね。
防音対策の基本と要点を2回に渡ってお伝えします♪

 

 

【 防音の基本 】

 

①  吸音・・・音を吸い込むこと。
      部屋で発生した音の反響を小さくするように吸音材(音を吸い込む
      材料)を壁や天井の裏の表面に貼ります。

 

②  遮音・・・音を通さないこと。
      外部からの音を遮断したり、内部の音を外に漏らさないように、
      壁、ドア等に遮音材を用います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【 音の性質 】

 

①  音は直進性・空気振動
    音はまっすぐに進み、空気を振動して伝わります。そしてわずかな
    隙間からでも伝わっていきます。

 

②  重い材料ほど遮音する
    鉛やコンクリートのような質量の重たい材料ほど、空気振動で伝わる
    音をよく遮断します。

 

③  吸音はフワフワ材料
    グラスウールなどの繊維系材料が、音の伝わろうとするエネルギーを
    しっかり吸収します。

 

 

 

 

 

 

 

【 デシベルとは 】

 

デシベル(dB)・・・音の大きさを表す単位


120デシベル ・飛行機のエンジンの近く
110デシベル ・自動車の警笛(前方2m)・リベット打ち  
100デシベル ・電車が通るときのガードの下
 90デシベル ・犬の鳴き声(正面5m)・騒々しい工場の中・カラオケ(店内客席中央)
 80デシベル ・地下鉄の車内・電車の車内・ピアノ(正面1m)
 70デシベル ・ステレオ(正面1m、夜間)・騒々しい事務所の中・騒々しい街頭
 60デシベル ・静かな乗用車・普通の会話
 50デシベル ・静かな事務所・クーラー(屋外機、始動時)
 40デシベル ・市内の深夜・図書館・静かな住宅の昼
 30デシベル ・郊外の深夜・ささやき声
 20デシベル ・木の葉のふれあう音・置時計の秒針の音(前方1m)

 

次回は繊維系断熱材と発泡系断熱材の吸音比較等をお伝えします(*´▽`*)

 (奈良)

優れた断熱材アクアフォーム

2018年04月04日 17:16   Category : 建築・住宅用語,断熱材,施工事例

皆様こんにちは(*^-^*) 桜吹雪がキレイですね🌸
本日は鬼塚工務店の自信の断熱材、(株)日本アクアの『アクアフォーム』

ご紹介致します。
2010年に「アクアフォーム」は45分準耐火構造の認定を取得、準防火地域の
木造3階建てでも使用できるようになりました。

 

 

【 アクアフォームの素材 】

 

アクアフォームは、温室効果の大きいフロンガスを使用せず、

水を使って現場で発泡させる断熱材です。
水を含むポリオールと、イソシアネートを混合することで発生する

炭酸ガス」を発泡剤として使用する、人と地球に優しい

硬質ウレタンフォーム素材です。

 

 

 

 

 

【 アクアフォームの特徴 】

 

①  優れた断熱性・気密性

複雑な構造住宅も現場で吹付け施工するので隙間なく施工可能!!
自己接着能力によって強力に接着。長期間に渡って優れた気密・断熱性を維持します。
家全体の温度差を5℃以下に収めます。
以下のデータをご参照ください。

 

 

 

 

 

②  静かな住空間・吸音性能

アクアフォームは隙間なく躯体に充填できるため、隙間から入る騒音や

内側からの生活音の漏れを抑制します。 またアクアフォームの細かな

気密構造で音をスポンジ状のフォーム内に分散し、騒音や生活音の漏れを軽減します。

 

 

 

 

 

 

③  建物の耐久性を高める

アクアフォームは、構造材の自己接着力により、建物の強度を向上させます。
また透湿性が低いため、断熱材の内部結露も起こりにくく耐久性に優れた住まいを実現します。

 

 

▼ クリック!!

U様邸 断熱施工

I様邸 断熱施工

 

 

 

 ④ 喘息・アトピー対策に

一般的な断熱材として使用されている繊維系断熱材に結露するとカビが発生します。
カビはダニの餌にもなるためダニも発生します。 カビやダニの死骸は喘息やアトピー
などの原因になるといわれていますが、結露が発生しにくいアクアフォームなら健康的な
室内環境が期待できます(*´▽`*)v

(奈良)

鬼塚工務店facebook

家づくり無料相談

鬼塚工務店instagram