045-620-3925

鬼塚工務店

スタッフブログ

スタッフブログ

2×4ツーバイフォーでマイホーム⑧ ~2×4ツーバイフォーのリフォーム

2018年04月07日 18:40   Category : 2×4ツーバイフォー

ツーバイフォー住宅は適切なメンテナンスで50年、100年と住み続けることができる、非常に価値の高い住宅です。日本でツーバイフォー住宅が一般に普及するようになって40年ほどが経ち、続々と建築されたツーバイフォー住宅が築10年、築20年、築30年を迎えることになり言ってみれば「リフォーム適齢期」に入ったといえます。

 

築年数が何年であっても、もともとの基本性能が高いので耐震性能や断熱性能を現在の基準に合わせることに苦労は少なく、前回勉強しました7つの基本ルールにより安心してリフォームを進めていくことができます。

 

安心、ゆたかなリフォームプランのための基本ルール


復習…「7つの基本ルール」


耐力壁線区画は原則40㎡以内
区画内の耐力壁の長短比は4以下
建物の隅角部は90cm以上の壁を配置する。
耐力壁は基本的に90cm以上。
開口部の幅は最大4m。
耐力壁線上の開口の幅は壁長さの3/4以下。
耐力壁線の直下には基礎がある。

 

リフォームの要!「  設計図 (構造図) 」

 

ここで大切なのは新築時の図面の存在です。
設計図、構造図がのちのリフォーム計画で大事な役割を持ちます。
構造図を見れば、耐力壁線区画が分かり、残すべき壁、動かせる壁が容易に判断できるのです。
全体の壁量が足りていれば、耐力壁を取ることも可能です。

(ただし、壁線の1/4以上の壁を残すこと)。
さらにまぐさを設けて、まぐさ受けを立ててまぐさを補強することで、支持壁を撤去して開口部を広くすることも容易です。


( ..)φPoint !!マイホームの設計図は大切に保管してください!

 

 

ではツーバイフォーのリフォームが難しいという誤解はどこから生じてしまうのでしょう。
ツーバイフォー住宅の歴史が在来工法に比べてはるかに浅いことにより、ツーバイフォーのリフォームの事例がまだまだ少ないという現状がその要因の一つになっているとも言えるようです。

 

 

ツーバイフォー工法住宅がリフォーム適齢期にある今、これからどんどんリフォーム事例が増えていきます。
お客様のライフプランに寄り添う生き生きとした暮らし方を実現するセカンドステージマイホームへの夢が広がることと思います。

 

 

  引用:日本ツーバイフォー建築協会

2×4ツーバイフォーでマイホーム⑦  ~設計の自由度

2018年03月31日 11:26   Category : 2×4ツーバイフォー,建築・住宅用語

桜日和、花見日和の日が続いていますね。

来週の入学式を心待ちにされている方もいらっしゃるのでは…。
先日思いがけず、桜を堪能!
大岡川の桜が見事でした(‘ω’)ノ

 

私自身も誤解をしていた一人ですが、ツーバイフォーは自由に設計できない、リフォームも難しいと思われている方が意外と多いのです。

ツーバイフォー住宅を勉強してツーバイフォーの知識を得るにつれて、自分の中の誤った理解を知りました。
それが「設計の自由度」と「リフォーム」です。

ツーバイフォーだからこその「設計の自由度と安全で確かなリフォーム」を2回に分けて勉強してみたいと思います。 

設計の自由度を支える「構造上のルール」


何事もですが自由を得るためには守らなくてはならないルールというものがあります。
ツーバイフォーでも同様に設計の自由度を支えるルールがあります。

 

 

 

 

上のそれぞれの図の通り、技術基準告示に基づき耐力壁をバランス良く配置し、窓などの開口部は一定のルールに基づいて設定するなど、ツーバイフォー住宅の優れた、構造特性を損なわないように規定されたルールです。一般的には4m幅の開口、一つの壁区画の中で3/4開口率が確保出来るようになっており、一般的な住宅の場合は、特に設計上の制約にはなりません。

とてもシンプルなルールだなという印象を受けます。
このようなルールのもと、柱のないスッキリ、広々とした大空間のある建物を建てることが、強固なモノコック構造であるツーバイフォー工法ならば可能です。

 

ルールに支えられた設計の自由度


1. ツーバイフォー住宅の大空間 

      
耐力壁がきちんと配置されることで、大きな空間も可能ですし、その中を自由に設計することも可能になります。

 

 

ツーバイフォー工法の設計の自由度の一つとしてもう一つ。

2. 小屋裏(屋根裏)にもスペースができる 

 

ツーバイフォー工法は、屋根を支えるための複雑な小屋組みは必要ありません。このため小屋裏(屋根裏)を収納スペースとして有効活用したり、屋根の勾配を大きくして採光用に窓を設けて居室にすることもできます。
面白い空間を作ることができそうです。

設計の自由度の高い家であり、性能も高く、地震にも強い、住まうものを守る家。
ツーバイフォーならばそんなマイホームが実現するんですね


設計の自由度を支えるルールは次回のリフォームの可能性にとっても大事なものになります。

次回はツーバイフォーのリフォームについて勉強したいと思います。

 

    引用:日本ツーバイフォー建築協会

 

Click ! Click ! 

①鬼塚施工事例:「広々素敵なロフト」

②鬼塚施工事例:「15帖の広々小屋裏収納スペース」

 

 

 

 

 

2×4ツーバイフォーでマイホーム⑥ ~省エネルギー性

2018年03月24日 18:17   Category : 2×4ツーバイフォー,建築・住宅用語

このところ寒暖差が激しくて大変ですね。

今朝、駅まで歩いていたら、昨年「照葉」として写真を載せた「どうだんツツジ」が可愛らしい花を咲かせていてうれしくなってしまいました。

桜に気を取られていたら…(#^.^#)

 

 

 

 

近年、地球温暖化防止策の観点から温暖地でも高い省エネルギー性能のニーズが高まってきています。

すべての新築住宅・建築物を対象に2020年までに省エネルギー基準が義務化されるようです。

今日は「CO2削減に求められる環境に優しい家づくり」を実現するための省エネルギー性について少しですが勉強してみます。

 


 

ツーバイフォー工法が省エネルギー性が高くなる要素に高い断熱性と気密性があります。
そしてツーバイフォー工法は地域に合った断熱・気密仕様が選択できるため、南北に長い日本全土のどの地域にも建築できます。

断熱材の性能を最大限に引き出せる構造体


ツーバイフォー住宅の外壁は、枠組材に構造用面材を貼った大壁構造なので枠組材の間に空気層がつくられます。その空気層に断熱材を充填するので断熱施工がとても容易です。つまり構造体自体を断熱化しやすく、気密施工も容易なので建物自体がもともと優れた断熱性・気密性を兼ね備えているのです。

 



気密性に優れるモノコック構造(面構造)のツーバイフォー


 暖冷房エネルギーのロスを減らすには、建物の隙間をふさぐことで気密性を高めることが重要です。
ツーバイフォー工法の特徴である床版・壁を組み立てる方式のため、気密性を確保しやすい。また、外壁室内側の石こうボードの下側全面に住宅用プラスチック系防湿フィルムなどを貼ることで、相当隙間面積(家全体にある隙間面積(cm2)を延べ床面積(m2)で割ったもの)を少なくでき、漏気による壁内結露などを防ぐことができます。

 

 

     引用:日本ツーバイフォー建築協会  

 

 

  

■Click!!  <鬼塚工務店の断熱材>

     <長期固定金利住宅ローン(フラット)について>   

 

 

( ..)φお知らせ春のキャンペーンが始まりました!

 

 

 

2×4ツーバイフォーでマイホーム⑤ ~耐久性とメンテナンス

2018年03月10日 18:48   Category : 2×4ツーバイフォー,建築・住宅用語

こんばんは。

昨日の朝の混乱した通勤時間が嘘のよう…、今朝はとても平穏な出勤となりました(#^.^#)

 

大切なマイホームでいつまでも美しく、そして安全に住まうためにはメンテナンスなどのケアはとても大切です。
今日はツーバイフォーの耐久性とメンテナンスを少し勉強してみたいと思います。

 

徹底された構造用製材の管理


ツーバイフォー住宅では、ほとんどの構造用製材に含水率19%以下の日本農林規格に基づく乾燥材を使用しています。

 

耐久性の高いくぎ・金物


ツーバイフォー工法では当初から太め鉄丸くぎ(CN釘)を枠材相互及び枠材と面材との緊結のために使用しています。平成19年6月より亜鉛メッキ処理された太め鉄丸くぎ(CNZ釘)の使用が認められ、耐久性の向上に役立っています。また、通常、使用する「Cマーク表示金物」はそのすべてに亜鉛メッキが施されており、防錆効果を高めています。

 

構造躯体に湿気を入れない工夫


結露は室内外の温度差や、温度の急激な変化などによって起こります。とくに壁の内部や小屋裏で発生しやすい結露は、木材の腐朽の原因となるだけでなくカビの繁殖など、住まいに様々な悪影響をおよぼします。
結露をいかに防ぐかは家を護る大事なポイントになります!

 

① 断熱材の効果
 ツーバイフォー住宅は壁内に断熱材が充填されているため、室外と室内の温度差がゆるやかに緩和され、結露が発生しにくい構造です。

      Click! 「鬼塚工務店の断熱材」


② 小屋裏の換気設備

 小屋裏には軒裏換気、妻換気等を設けるなどして有効な換気方式を採用しています。


③ 通気層の意外な役目

 一般的に断熱材の外側(外壁仕上げの内側)に設ける通気層が万一の漏水時の排水経路として役立ちます。

 

住まいを長持ちさせる適切なメンテナンス


ツーバイフォー住宅は高い品質と耐久性をもっていますが、それでも雨や風、夏冬の温度変化など自然の厳しい影響にさらされます。このような環境のなかで、マイホームを美しく保ち、快適で安全な生活を維持していくためには、人間の体と同じように、定期的な点検と計画的なメンテナンスが大切です!

 

( ..)φPoint !
建物の耐久性に大きな影響を及ぼすので特に日頃から注意を払っておきたい箇所!!


  ・屋根、外壁の防水
  ・防蟻対策

 

各項目のチェック時期が一覧表になっています。一部ですが参考までに。
あくまでも目安なので「あれ?」と思った時点で適切な処置を施すことがとても大切です。

 

●( ..)φ鬼塚工務店の保証・JIO保険



メンテナンスからは少し離れますが「安心な」家を建てること、「安心に」家を建てるということはお客様にとってとても大切なこだと思います。
建物の保証、瑕疵担保保険は「安心に」家を建てる大事な要素です。
鬼塚工務店ではどのように「安心に」家を建てられるのか、こちらのブログもぜひご覧ください。


Click! 「保証と保険について」

 

ツーバイフォー住宅を構成する構造用製材、くぎや金物の確かな管理によって高い耐久性が得られ、ツーバイフォー工法の仕組みそのものが耐久性を高める効果を発揮しています。
ツーバイフォー工法の住宅の良さが伝わるとうれしいです(#^.^#)

 

     引用: 日本ツーバイフォー協会

耐震性向上ポイント②

2018年03月07日 11:31   Category : 2×4ツーバイフォー,建築・住宅用語,耐震

こんにちは(*^-^*)

耐震性向上ポイント②は、『バランスの良い耐力壁配置』です!!

 

建築基準法第20条にて、建物の規模等に応じて、各基準の耐力に

適合する必要があることが決められています。
建築基準法で定められた算定方法により、

耐力壁の最低限必要な「必要壁量(壁の総長さ)」が求められます。

この計算では、主に地震力と、風圧力の計算が行われます。
また、これと同時に耐力壁がバランスよく配置されているか、平面図で見て

端から4分の1の範囲に存在する耐力壁の量のチェックが行われます。

 

 

 

 



これは、1995年1月17日に発生した阪神・淡路大震災の後の、2000年に建築基準法が改正され、

その際にバランスのよい壁配置チェックも追加されました。

これ以前は、耐力壁の量だけを満たせばよく、バランスよく配置することについては

記されていませんでした。
このため、商店建築などによくある、道路に面した部分は窓などの開口部で、

耐力壁がほとんど存在しない建物。このような建物で耐力壁の量を満たそうとすれば、

耐力壁は道路から離れた奥側に集中して配置されることになります。

その結果、道路側部分が極端に弱い建物になり、特に道路が延びる方向に振動する地震が来たとき、

建物は回転するようにねじれを起こし、場合によっては倒壊に至ってしまいます。

以上のように、耐力壁の壁量が足りていても、配置バランスが悪いと耐震性が低くなることから、

バランスのよい壁配置チェックが行われるようになりました。
(なお、一部の構造計算方法(構造計算ルート)によっては、違う計算方法でチェックを行います。)

 

耐力壁をバランスよく配置する尺度として「偏心率」というものがあります。
偏心率とは、建物の重さの中心(重心)と、水平力に対抗する強さの中心(剛心)のズレを
数値的に示したもののことをいい、その数値が小さい建物は、バランスの良い建物ということです。
偏心率が小さければ、バランスがよくねじれに強いという判断をされています。

 

 

 

 

 

 

 

 

2000年の建築基準法の改正により、木造住宅において偏心率は0.3以下であることが規定されました。
できれば偏心率は0.15以下にすることをお勧めします。

 

 

 

 

 

鬼塚工務店の建物はすべて耐震等級3を取得しており、上記のち密な計算の基に
地震に強い家を造っております(*´▽`*)V

 (奈良)

2×4ツーバイフォーでマイホーム④  ~省令準耐火構造

2018年03月03日 16:55   Category : 2×4ツーバイフォー,建築・住宅用語

省令準耐火構造


  

 

先週のブログでツーバイフォーを普通に施工すれば、火災保険料・地震保険料が割引される「省令準耐火構造」になることに触れました。
今日はその「省令準耐火構造」について簡単ですがもう少し勉強してみましょう。

 

 

① 省令準耐火構造って?



省令準耐火構造は、昭和57年5月の住宅金融公庫法改正によって定められた仕様です。(当初「省令簡易耐火構造」と言っていましたが、平成5年6月から「省令準耐火構造」となりました。

 

 

② 準耐火構造とは何が違うの?


 

耐火構造・準耐火構造の基準は建築基準法で定められています(国土交通大臣の認定)。
それに対して省令準耐火構造の基準は昔の公庫の省令で定められた独自の基準であり法律(建築基準法)の定めではない任意の基準です。(2×4ツーバイフォーの構造を当時想定していたそうです)
つまり、耐火構造にするか準耐火構造にするかは法律で定められているので守らなくてはなりませんが
省令準耐火構造にするかどうかは任意なのです!
同じような名前なのでややこしいですね💦

 

 

③ 省令準耐火構造の特徴と基準



省令準耐火構造に求められる大事な点は下図の3点です。

 

(‘ω’)ノ

「2×4ツーバイフォー」のファイヤーストップ構造の考え方と同じです。
「2×4ツーバイフォー」が省令準耐火構造に成り得ることがよくわかりますね。
省令準耐火構造とするために次のように省令で基準が定められています。

 

 

 

④ どんな建物が省令準耐火構造に成り得るの?



 

鬼塚工務店も標準としている「2×4ツーバイフォー」は標準施工で「省令準耐火構造」となります。

 

 


⑤ 「省令準耐火構造」にしたらどんなメリットがあるの?


 

●火災保険
M構造 マンション構造
T構造 耐火構造(鉄骨造住宅など)
H構造 非耐火構造(木造住宅など)
ちなみに、2010年1月以前の保険始期契約では「A構造・B構造・C構造・D構造」と表現が異なります。
●地震保険
イ構造 ①コンクリート造、コンクリートブロック造、れんが造、石造、鉄鋼造に該当するもの
    ②耐火建築物
    ③準耐火建築物
    ④省令準耐火建築物
ロ構造 イ構造以外のもの

( ..)φメモメモ
「省令準耐火構造」は住宅金融支援機構の「フラット35」の融資を受ける際の、必須の技術基準の一つでもあります! 

 Click! 【フラット35】

 

 

⑥「省令準耐火構造」といえば「2×4ツーバイフォー」!



普通の建て方により実現が可能で、例外*3を除き特別な使用材料や設計・施工は必要ありません。
 *3 内外装に木材を貼ったものや土塗り壁などの仕上げを施した別荘や茶室など
昭和57年に省令簡易耐火住宅(現省令準耐火構造の住宅)が制度化された当初から多くの建設実績があります。
耐火性の強さの秘訣は、やはりツーバイフォー工法が兼ね備なえたファイヤーストップ構造!

 

 

■ 補足 ■

<省令準耐火構造の適用に必要なもの>
火災保険においての省令準耐火構造の適用には所定の書類の提出が必要です。
•設計仕様書や設計図面、パンフレットによる確認:「省令準耐火」「省令簡耐」の記載があること→該当ページのコピーを提出。
•枠組壁工法(ツーバイフォー工法):住宅金融支援機構の枠組壁工法住宅工事共通仕様書の「省令準耐火構造の住宅の仕様」の項
•木質系プレハブ住宅等の建物で事前に住宅金融支援機構の承認を得たもの:プレハブ便覧の住宅の名称に省令準耐火型(省令簡耐型)と記載
•木造軸組工法建物:住宅金融支援機構の承認を得た木造軸組工法による省令準耐火構造の住宅特記仕様書に適合
•上記書類がなければ施行業者による証明を依頼:業者から省令準耐火構造の建築物である証明書を取り付ける。
•保険証券:他社契約の保険証券等で保険始期2010年1月1日以降のもの
 

 ※必要書類は損保会社に必ず確認してください。

 

少し長くなりましたが、「省令準耐火構造」と「2×4ツーバイフォー」の強い関連性を皆様にお伝えできればうれしいです。

 

今日は3月3日雛祭ですね。
ご家族で楽しい桃の節句をおすごしください。

 

Click!!! Click!!

2×4ツーバイフォーでマイホーム①

2×4ツーバイフォーでマイホーム②

2×4ツーバイフォーでマイホーム③

長期固定金利住宅ローン(フラット35)について

耐震性能向上ポイント①

耐震性能向上ポイント① 

2018年03月01日 17:25   Category : 2×4ツーバイフォー,建築・住宅用語,耐震

こんにちは(*^-^*)
鬼塚工務店の建築物はツーバイフォー工法です。
ツーバイフォーの耐震性能向上ポイントをご紹介致します♪

まずは、ツーバイフォー工法と在来工法の耐震性の違いです。
下記の図を見て頂くと分かりやすいですね。
ツーバイフォー工法は面構造なので、直下からの圧力、水平からの圧力に
圧倒的に強いです!!

 

 

 

 

 

 

通常でも直下、水平力に強いツーバイフォーです。
更に耐震性を向上させるポイントが大きく4つあります!!

 

本日は1つ目のポイントをご説明します♪

 

ポイント① 「耐力壁(たいりょくかべ)」を十分に設ける事!!

 

◆耐力壁
建物が地震力や風圧力などの水平力に耐えるために必要な、
構造力学上重要な役割を担う壁のことです。
必要な耐力壁の長さは、地震力に抵抗するために必要な耐力壁と
風圧力に抵抗するために必要な耐力壁の長さの大きい方(安全側)の数値以上が必要です。
一般的には、地震力で決まりますが、平面形状が細長い建物や3階建ての場合、
及び2階建ての2階部分の必要耐力壁は風圧力で決まる場合がありますので、

壁量のチェックは必ず、地震時と台風時の2つのパターンでチェックを行なうことが大切です。

 

 

 

【 壁量計算 】

 

〈 地震時 〉 
各階の床面積×壁係数【表A:必要壁量】  ≦  (各耐力壁の実長×表B:壁倍率)の合計[存在壁量]

 

〈 台風時 〉
各階の外壁見付面積×壁係数【表A:必要壁量】 ≦  (各耐力壁の実長×表B:壁倍率)の合計[存在壁量]

 

 

 表A :壁係数

 

 

 

↓ 表B:耐力壁の壁倍率

 

 

 

 

鬼塚工務店の建築物は、「耐震等級3」を全て取得しております。

耐震等級1に比較して、実に“2倍近く!!”の壁量を設けております(*´▽`*)V

 

 (奈良)

 

「2×4ツーバイフォー」でマイホーム③  ~耐火性

2018年02月24日 16:06   Category : 2×4ツーバイフォー

木造と聞くと燃えやすいというイメージを持たれている方が多いかと思いますが
「2×4ツーバイフォー」は耐火性能に優れており、普通に施工すれば準耐火構造に相当する「省令準耐火構造」となります。

 

「省令準耐火構造」であれば、火災保険・地震保険を半額もしくはそれ以下にすることができます!

 

memo( ..)φ
ツーバイフォー工法の建物は、他の工法に先がけて昭和57年に位置付けられた住宅金融公庫の省令簡易耐火構造(※1)の基準に基づいて建設されており、現在、特殊な仕上げを用いる場合などを除き、そのほとんどが「省令準耐火構造」の基準に適合します。

(さらに一定の仕様の上乗せをすれば、大臣認定仕様による「耐火構造」にもできます)


(※1:建築基準法改正により「簡易耐火構造」が「準耐火構造」となったこと(平成5年)に伴い、省令準耐火構造という名称になりました。)

 

今日は「2×4ツーバイフォー」が省令準耐火構造になることができるほど火事に強い理由を勉強してみましょう。

 

「2×4ツーバイフォー」の耐火性



[ 1 ]木が持つ耐火性


木材は燃えやすい性質を持っています。しかし、ある程度の太さや厚さがある(断面が大きい)木材は、いったん燃えても写真のように表面に炭化層をつくるだけにとどまり、火は内部まで進行しません。

 

 

 

グラフでも分かるように、他の材に比べて木材は強度が低下しにくいという性質を持っています。

700~950℃にまで達すると言われる現実の火災においても、実大火災実験の結果などから、これは事実として確認されています。

 

 

 

[ 2 ]枠組壁工法だからできる「ファイヤーストップ構造」

 

「2×4ツーバイフォー」の工法はなぜ耐火性を高められるのか?!


( ..)φ図を見ながら読み進めていただくと解りやすいと思います

「ファイヤーストップ材」:火の通り道となる床や壁の内側において、枠組材などが空気の流れを遮断し、上階へ火が燃え広がるのをくい止めます。

 

防火の区画の形成床根太、枠組材などが一定間隔で組まれている床や壁の内部構造は、防火の区画がいくつもつくられているのと同じ状態です。この一つひとつの区画によって火の進行はさらに遅くなります。

 

石こうボードの結晶水:ツーバイフォーでは、すべての天井や壁の内側全面に、厚さ12.5mm以上の石こうボードが貼られます。石こうボードの中には約21%の結晶水が含まれていて、炎があたると熱分解を起こして約20分もの間、水蒸気を放出するという優れた特性を発揮します。
このため火災が発生しても、天井裏や壁の内部の温度が上昇しにくく、構造材が発火点(約450℃)に達するまでの時間を大きく遅らせることができます。

 

断熱材の特性: 床・壁の内部に埋め込まれる断熱材も、火災時の熱が構造材に伝わりにくくし、石こうボードとともに木材の発火を遅らせます。


 
火災時に防火被覆(せっこうボード)が万一突破されても、このように2重3重の防火機能をもつ「ファイヤーストップ構造」によって、ツーバイフォー住宅は初期消火の可能性を高くし、火災時の被害を最小限に抑えることができます

 

さらに石こうボード、断熱材によりさらに耐火性を高められる。
これが「2×4ツーバイフォー」の耐火性の強さです。

 

「2×4ツーバイフォー」の耐火性能がなぜ優れているのかご納得いただけたでしょうか(‘ω’)ノ


▶▶次回は「省令準耐火構造」についてもう少し勉強してみましょう。

 

       引用:日本ツーバイフォー協会

   

  Click!!!( ..)φ

   *2×4ツーバイフォーでマイホーム①

   *2×4ツーバイフォーでマイホーム②

 

 

2×4ツーバイフォーでマイホーム②  ~耐震性

2018年02月17日 15:56   Category : 2×4ツーバイフォー

寒桜が咲きほころび、梅・桃・桜のピンクの競演が美しいです。
この数日気温が上がったり下がったりと大忙しなので、体調管理に気を付けたいですね。

 

さて、今日のブログです。
鬼塚工務店では耐震等級レベル最高の「耐震等級3」の証明書を取得しています。
つまり、鬼塚工務店でマイホームを建てることで「耐震等級3」の我が家ができるということです。

 

今日は2×4ツーバイフォーの性能、「耐震性」「耐震等級」について勉強してみましょう。

 

 

「2×4ツーバイフォー」の耐震性


 
6面体で支えるモノコック構造だから地震に強い

地震国である日本において、住宅の「耐震性」は最も重要な基本性能です。
日本でツーバイフォー住宅が着実に増えている大きな理由はここにあります。

床・壁・屋根が一体となったモノコック構造のツーバイフォー住宅は、地震の揺れを6面体の建物全体で受け止めて力を分散させます。

地震力が一部分に集中することがないため、倒壊・損傷がなく、地震に対して抜群の強さを発揮します。

 

 

●●近年の大地震における住宅の被害のデータを見てみると、ツーバイフォーの耐震性がよくわかります。

 

■1995年1月17日 阪神・淡路大震災

※阪神・淡路大震災のあと、在来軸組工法の建築基準が大幅に見直され、それまで大きく差のあった
ツーバイフォー工法と在来工法との耐震性の差がだいぶ小さくなったとされています。

 

 

■2011年3月11日 東日本大震災

 

三陸沖で発生したマグニチュード9.0の東北地方太平洋沖地震により引き起こされた大災害。

最大震度7の強い揺れと国内観測史上最大の津波を伴い、東北・関東地方を中心とする広い範囲に甚大な被害をもたらしました。
この地震では揺れに耐えた家も津波によって多く流されてしまいました。
基礎と建屋とを強固に繋ぐことがとても大事であることを知らしめました。

 

 

 

■2016年4月14日 熊本地震

 

 

 

「2×4ツーバイフォー」の耐震等級


 

ツーバイフォー住宅の耐震等級は建築する住宅ごとの必要壁量に対する存在壁量の割合と、耐力壁の倍率に応じた耐力壁端部の接合金物によって決まります。どのランクの等級に該当するか判定する方法は、住宅品質確保促進法の評価方法基準に基づく壁量計算による場合と構造計算による場合があります。

 

 


 

耐震等級3 
「極めて稀に(数百年に一度程度)発生する地震による力」の

 1.5倍の力に対して倒壊、崩壊等しない程度。
耐震等級2
「極めて稀に(数百年に一度程度)発生する地震による力」の

 1.25倍の力に対して倒壊、崩壊等しない程度。
耐震等級1
「極めて稀に(数百年に一度程度)発生する地震による力」に

 対して倒壊、崩壊等しない程度。

 

  耐震等級3の証明書を取得することで地震保険が50パーセント割引となります。

 


 

●memo●

耐震構造・制振構造・免震構造の違い
耐震構造は地震力を建物全体で受けとめて抵抗する構造ですが、制振構造はこうした考え方と異なり特別な装置や材料を用いて地震による構造躯体の変形や振動を低減する構造です。鉄骨造のように振動が長く続く構造や、大きく変形する構造には適していますが、ツーバイフォー工法はもともと変形が小さく、適度に制振性をもった面構造なので、特別な装置等はあまり採用されていません。免震構造は建物の基礎・地盤と上部構造との間に免振装置を入れることにより、地震動を上部構造に伝えにくくする構造です。

 

引用:日本ツーバイフォー建築協会

 

2×4ツーバイフォーでマイホーム ① ~由来・特長

2018年02月10日 09:42   Category : 2×4ツーバイフォー

梅や桃の花がほころびはじめ、インターネットの気象情報にも花粉の飛散量が載り始めました。
花粉症の私としましては、春の訪れ=花粉症でうれしいような憂鬱なような…。

 

鬼塚工務店の施工といえば「2×4ツーバイフォー」
よく耳にするこの「2×4ツーバイフォー」について数回にわたって調べていきましょう。

 
■ツーバイフォー住宅は、面構造による耐震性などの性能の高さに加え設計・生産の品質が確保し易く、環境にやさしい木の住まいです。

 

木造であるツーバイフォー住宅は、日本の気候環境にもマッチ。
37年余、安全で快適な住まいとして日本でも多くの皆様に愛され、ここ数年、年間約10万戸を超える建設があり、既に累計着工戸数は260万戸を突破しています。

 

 

「 2×4 ツーバイフォー 」名前の由来



わが国ではツーバイフォー工法の前身にあたる工法が明治初期に北海道に伝わり、札幌の時計台や農業施設が建設され、住宅としては明治末期から関東大震災直後の大正末期にアメリカから部材一式や設計図が輸入されるようになりました。戦後、昭和40年代に入って個別企業が大量に商品として住宅を供給するようになり、昭和49年には技術基準が定められ枠組壁工法としてオープン化されました。そのころより2インチ×4インチの規格材を多く使用されることからツーバイフォー工法(和製英語)と呼ばれるようになりました。

 

「 2×4 ツーバイフォー 」の特長



 1.面構造


ツーバイフォー住宅の優れた特徴は、すべて「面構造」が基本となっていることです。

北米生まれツーバイフォー住宅では構造用製材でつくった枠組みに構造用合板を張り付けた「パネル」で床・壁・屋根を構成して建物を支えています。
ツーバイフォー工法は「面と線」により6面体で、建物を支えているわけです。

「面構造」を基本にしたツーバイフォー住宅は、6面体ができあがると、家全体が強いモノコック構造(一体構造)となります。モノコック構造はもともと、極限の強度が求められる航空機用に開発されたもので、きわめて強固な構造です。
モノコック構造のツーバイフォー住宅は、地震や台風などの力を建物全体で受け止め、荷重を一点に集中させることなく全体に分散してしまうので、外力に対して抜群の強さを発揮します。

 

2.格材と設計・施工のマニュアル化


合理的でシステマチックな工法だから、高品質・高性能を保てます。

 

分かりやすく規格化された構造用製材

 


ツーバイフォー工法では、主に6種類の規格化された枠組壁工法構造用製材を使用します。それぞれの部材は、日本農林(JAS)規格によって厳しく品質がチェックされ、使用する箇所ごとに製材品の種別なども定められています。

 

くぎや接合金具もシステマチックに専用化

 


ツーバイフォー工法では、接合部に専用のくぎや接合金物(Cマーク金物など)を使用します。
くぎはサイズ別にカラーリングが施されています。これは一度打ち込んでしまうと確認の難しいくぎを、
くぎ頭の色により確実にチェックできるように考えられたものです。
  最近では、メッキ処理されたくぎが規格に加えられ、建物の耐久性向上につながってきています。
接合金物は接合部に発生する応力を有効に伝達するために、品質及び性能が明らかになっているものを使います。

 

        引用:日本ツーバイフォー建築協会

 

次回は「2×4ツーバイフォー」の性能~耐震性~についてお話ししたいと思います。

 

 鬼塚工務店の現場の施工の様子からマイホームの完成までがご覧いただけます

     Click!■現場レポート「36.I様 横浜市泉区」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

鬼塚工務店facebook

家づくり無料相談

鬼塚工務店instagram