045-620-3925

鬼塚工務店

スタッフブログ

スタッフブログ

一番大切なことは笑顔

2018年08月18日 11:40   Category : 子どもたちの気持ち

大人の夏休みも終わり、お仕事モード。

お盆の間空いていた通勤電車も

サラリーマンが戻ってきました。

それでも学生が戻ってくるまでは

少しゆったりとした車内でしょうか(^^)

 

 

 

夏休みで親戚が集まり子どもたちが集合する機会もあったのでは。 

 

子どもたちが集まると、つい他の子と比べがち。

だって、育児書にも〇ヶ月はこうですよ~って書いてあるし・・・

 

先輩から教わったのは

もし、お子様の成長のことでおや?と思ったら、

他の子や育児の横軸で比べず、

昨日のAくん、先月のAくん、去年のAくんと縦軸で比べる事。

 

 

勿論、横で見て必要な援助を早めに考えてあげることも大切です。

でもまず、A君はどんなところが成長したのかを考えてみましょう。

先月も今月もお茶をこぼすのは変わらないけれど、

ごめんなさいがいえた、机を拭こうとした など 

些細なことで構いません。

 

 

 

 

保育園にいると、本当に色んなお子様がいました。

でもそれは、保育園に勤めているから感じられることで。

なかなかあれだけの集団の中で1日過ごす機会ありませんから、

つい他の子の優れた一面を見かけると、

不安になるのは当たり前だと思います。

 

 

お子様と過ごす中で、一番大切なことは笑顔。

笑顔で接することを守るとだけ決めてください。

子どもの成長には家族の笑顔が欠かせません。

だから、仕事で大変な思いをした時 等

笑顔になれない日は家事をさぼろう。笑

それでいいのです!

 

 

 

 

 

☆土地探しシリーズNo.1☆

☆土地探しシリーズNo.2☆

☆土地探しシリーズNo.3☆

☆土地探しシリーズNo.4☆

☆土地探しシリーズNo.5 ☆

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大人の夏休み

2018年08月10日 11:33   Category : 子どもたちの気持ち

いよいよ大人の夏休みお盆ですね。

・・・といってもお子様がいると

そうそう休んでもいられないのが現状。

 

でも、家族といられるこの時間が

子どもたちは本当に嬉しくて大好きなのです!!!

大切にしたいですね。

 

 

お盆に限らず、お子様との長旅で大切なことは

時間に余裕を持つこと。

 

車の場合は2倍

電車の乗換時間は3倍

こまめな休憩や大きな荷物の移動

お子様の機嫌や体調不良を考えると少なくても

このくらい余裕を見ておくべきでしょう。

何事もなく早く着いたらラッキーです(^^)

 

 

いつもと違う雰囲気に子どもたちは敏感です。

乳児であれば泣くでしょうし、

幼児であれば興奮して騒ぎ出すかもしれません。

その度に大人は周りの目を気にして冷や冷やしますよね。

ビクビクする必要はありませんが、やはりマナーは大切。

ぐずられたら面倒だからと 土足で座席に上がるのを

見過ごすのは駄目です!

 

あ、赤ちゃんが泣くのは仕事です(^^)

新幹線の指定席はデッキに近い一番前か一番後がオススメ。

飛行機は離着陸時にミルクを飲ませると耳が痛くなるのを防ぐことができるとか。

周りの目を気にしない言う点では、車が楽かもしれません。しかし、渋滞覚悟で。

 

結局どれにしても大変です(笑)

どの乗り物がお子様が好きか、

大人が楽か、は家族ごとで異なりそうですね!

 

その他参考までに

冬休みの子どもたち(誤飲に注意)

長期のお休みということで共通することがあります。

 

 

楽しい楽しい夏休みをお過ごしください♪♪

 

8月度 あなたのお家のお近くで「注文住宅現場見学会」開催中!

 

猛暑 赤ちゃんの汗対策

2018年08月03日 15:23   Category : 子どもたちの気持ち

今年は特に暑いし、汗の量も半端じゃない。

大人でも毎晩コップ1杯分の汗をかくと言われていますが、

赤ちゃんはそれ以上かく場合もあります。

保育園のお昼寝でも布団がびっしょりになるので

シーツの上にもう一枚タオルを敷いて対応するお子様もいました。

 

 

その原因は、身体の発達が未熟で、汗をかくことによって体温調整をする必要があるからだと言われています。あんなに小さな身体ですが、汗腺の量は大人と同じ。その分汗腺が密集い、汗が溜まりやすいそう。同じ皮膚面積で発汗量を比べるとしたら、2倍ともいわれています。汗をかくのは悪いことではありません。かいた時にきちんと対策を取ってあげればよいのです。

 

「赤ちゃんが暑がっていることがよくわからない」というお母さまもいらっしゃいました。

 

赤ちゃんは体温が高め。大人よりも1枚薄い服や布団が調度よいかもしれません。また、足の裏でも体温調節をしているので、大人同様就寝時の靴下は避けましょう。

快適な室温の目安は、夏26~28度、冬22~23度と言われています。

 

 

汗をかいて寝間着が濡れていたら着替えさせてあげましょう。起こしたくない気持ちもわかりますが、風邪をひいたり肌荒れを起こしたりする原因になります。着替えさせやすいのは前開きのものですね。ただ、自分で~の時期は本人が着やすい被り物がオススメです…普段着と寝間着で切り替えて、どっちをどうするか作戦を立てましょう。その頃には多少着替えで動かしても起きない爆睡をしてくれていることを願います・・・(笑)

 

また、寝間着や肌着と素肌の間にガーゼやタオルを挟んで汗をかいたら抜き取るという方法もあります。背中のもぞもぞが気にならないようでしたら、手軽でオススメです。首に巻きつかないようにタオルの一番上を肩にあわせるようにしましょう。この方法はお出かけ時の汗対策にも使えます♪

 

 

夏は抱っこ紐だと親子ともに暑いので、ベビーカーを使うことも増えると思います。ここで注意したいのは、ベビーカー内の温度。地面に近いほど温度が高くなりますので、赤ちゃんの様子には十分注意しましょう。

 

赤ちゃんは、手を自分の口に入れてしまいますよね。そんな時 汗でベタベタしている手は菌が繁殖しているのですごく不衛生です。背中などはベビーパウダーなどで汗対策ができますが、手は同じようにできません。どうしましょう?

手が汗をかいていたら清潔に保ち、水分を補給してあげることが大切です。赤ちゃんの手がベタベタしていると感じた時は、おしりふきなどで拭いて清潔にしてあげるだけでも違います。

また、赤ちゃんが汗をかいている時は、水分を欲している時が多いので脱水症状や熱中症を避けるために、水分補給を小まめにすることが大切です。

 

 

8月度 あなたのお家のお近くで「注文住宅現場見学会」開催中!

 

 

 

夏に流行る子どもの病気 ヘルパンギーナ

2018年07月27日 11:52   Category : 子どもたちの気持ち

夏休みスタート!と言っても保育園に夏休みはないので、

関係ありませんでした…;;

 

今日は夏に流行る子どもの病気ついてです。

手足口病・咽頭結膜熱(プール熱)・流行性角結膜炎(はやり目)・ヘルパンギーナが代表的ですが、今日はその中でもお隣静岡県で流行警戒レベルに達した「ヘルパンギーナ」を取り上げてみます。

 

 

「ヘルパンギーナ」

ウイルスによる感染症なので、抗菌薬(抗生物質)は効果が期待できません。

口内炎(口の中にできた潰瘍)に対して鎮痛解熱薬で痛みを和らげたり、粘膜保護剤の軟膏などが処方されることがあります。

ヘルパンギーナはインフルエンザのように出席停止の扱いにはなりません。熱が下がっていれば本人の状態によって登校できるかどうかが判断されます。

 

 

・潜伏期間、3〜6日。

 

 

 

・突然の発熱(1〜3日つづく)。

高熱から、「熱性けいれん」を起こすことも。

 

 

 

のどの強い痛み、のどの発疹・水疱ができる。

のどの奥、口の周りなどに赤く小さな水疱が数個~十数個。水泡が目立たないケースも。

 

 

 

・飲食を受けつけずに、「脱水」になることも。

唾液を飲み込めずによだれが増えたり、飲食を嫌がったりする。食べられない時は無理せず、経口補水液などで脱水を防ぐ。オレンジジュースなどのような刺激のあるものは避け、冷スープなど喉ごしのいい物(例えばプリンや冷えたおかゆ)や、食べられるなら固形物を少量ずつ与えても良い。

※飲食ができず、おしっこの回数が減る、泣いても涙が出ない※といった症状が見られたら、早めの受診を。

 

 

 

・感染した人の唾液や排泄物などからうつる。

おむつ替えなどから、大人にうつることも。

おむつ替えのあとは手洗いを忘れずに。

 

 

 

・水分がとれていれば、シャワーもOK

体温が37℃台で機嫌が良ければ、気分転換するためにもおススメ。

 

 

 

 

・治っても注意が必要

症状が治まったあと数週間は、便(咽頭結膜熱の場合は目やににも)にウイルスが含まれている。トイレやおむつ替えの後は丁寧に手洗いをし、使用済のおむつは密封して捨てること。

 

 

 

 

冬は手洗い・うがいとよく聞くし、よく言うと思います。でも、季節を問わずやっぱり手洗い・うがいは大切なことなのです。夏も手洗い・うがいしっかりしましょう!!!

 

 

いわさきちひろ 貝と赤い帽子の少年 1970年

 

 

 

 

ペットと暮らす家▲ 

 

 

【施工事例】

花火が見える屋上がほしい!

 

細長い敷地だけど隅々まで日当たりのいい家

 

 

 

 

夏休み 大人も子どもも楽しめる図鑑

2018年07月20日 16:54   Category : 子どもたちの気持ち

 

神奈川県は今日が終業式のところが多いのではないでしょうか?

明日から夏休み。自由研究がありますね。私の印象に残っている自由研究は、

小学2年生だったかな?男の子がセミの抜け殻を大量に集めて巨大セミを

作ってきたこと。大きさは当時の皆と同じくらいでしたので全長120cmくらい。

木の板にたーーーーーーくさん貼り付けていてインパクト大でしたよ。

本当はちょっと気持ち悪かった…だから印象に残っているのかも(笑)

 

 

今日は夏やすみにじっくり楽しめる図鑑の紹介です。

 

■「ほんとのおおきさ水族館」

監修: 小宮 輝之

写真: 松橋 利光

絵: 柏原 晃夫

文: 高岡 昌江

出版社: 学研

 

 

 

迫力の1冊。

こちらのシリーズ、動物園や恐竜のありそちらもおススメです。

 

 

 

 

■「 動物の見ている世界」

著: ギヨーム・デュプラ

訳: 渡辺 滋人

出版社: 創元社

 

 

上級生向け。でもイラスト付きなので説明文を読むことが難しくても、目で見て楽しめます。動物の視界って随分違うのですね。

 

 

 

 

■「切り身の図鑑(1) 魚」

編: こどもくらぶ

出版社: 星の環会

 

 

 家庭で魚は魚を捌くことが減り、鮮魚売り場も切り身ばかり。海の中で切り身の状態で泳いでいると思っている子どもも多い今の時代にぴったり。シリーズで「肉」もあります。

 

 

 

 

 

■「にたものずかん どっちがどっち!?」

作: 高岡 昌江

絵: 友永 たろ

出版社: 学研

 

 

ヒョウとチーターの説明できますか?!

 

 

 

 

どれも大人も楽しめる図鑑です。

大人が楽しんでいると子どもの興味関心はより一層深まります。

あれ?これなんだろう?どうしてだろう?

自分で考えたり、調べたりするきっかけになるといいな と思います(^^)

 

 

過去blog

 坪 雑学 ★

 狭小住宅 広く見せるアイデア 

 

 

蚊 ~手作り虫よけスプレー~

2018年07月13日 11:48   Category : 子どもたちの気持ち

そろそろ蚊の季節ですね。

いつも蚊に刺される私。例年に比べるとあまり刺されないなぁなんて思っていたら、今年は蚊が少なめとか。ボウフラが育つ4~5月の気温が低かったことと降水量が関係しているそうです。

 

イソップ物語「蚊とライオン」

 

 

とはいえ、しっかり「蚊対策」しておきたいですよね。

今は色々種類も豊富で可愛いものも沢山出ていますね。

なんだかんだ蚊取り線香が一番効果あるように私は感じています(笑)

街中で蚊取り線香焚く訳にはいかないので、、、

今日は保育園で手作りしていた赤ちゃんも使える虫よけスプレーの紹介です(^^)

作り方は簡単混ぜるだけ♪

 

 

【用意するもの】

・精製水(50ml)

・無水エタノール(5ml)

  (アルコールに弱い方は代わりにホホバオイルでも可。)

・シトロネラ油(5~10滴)…お好みで調節してください

・遮光性スプレーボトル

  エッセンシャルオイル(精油)の種類によっては、プラスチックを溶かす場合があるの    で、アロマテラピーで使用する容器は通常ガラス製のものを使用。ルームスプレーなどスキンケア以外の目的で使う場合は、代わりにプラスチックのものを使っても差し支えないでしょう。エッセンシャルオイル(精油)は希釈されていれば、それほど短期間のうちにプラスチックを溶かすわけではありません。お肌に対して使うのでなければ、軽くて使いやすいプラスチック製のものでも大丈夫。但し、「ポリエチレン製(PE)」の容器を使ってください。ポリプロピレンやポリスチレン、ポリ塩化ビニルなどの素材でできたものは、短時間のうちに溶かしてしまう場合がありますので、注意。

 

 

 

 

シトロネラとは…

イネ科の植物でレモンに似たような柑橘系の香り。虫を寄せ付けない作用があるため、古くから蚊帳に編み込んで使用されていたそうです。

 

体への効能

  • 鎮痛作用 •殺菌作用 •防虫・殺虫作用 
  • 消毒作用 •強壮作用 •抗寄生虫作用 •抗うつ作用
  • 免疫向上作用 等

 

肌への効能

  • 殺菌作用 •皮膚軟化作用 •制汗作用 •デオドラント作用 等

 

その他

  • 昆虫を避ける作用 等

 

 

防腐剤や保存料が入っていないので、冷暗所で保管し、2週間以内に早めに使い切るようにしましょう。また、市販のものと違い持続時間も短いのでこまめにかけてあげましょう。

 

 

 

完成現場見学会

日時 7月14日、15日、16日 10:00~17:00

※17:00で終了致しますので、お早目のご予約をお願い致します。

 

場所 横浜市神奈川区亀住町

敷地面積 52.91 ㎡

階数 3階建

 

予約制となっております。

連絡先 045-620-3925

メール reception@onizuka-koumuten.jp

 

担当者 加辺

電話もしくはメールにてご予約お願い致します!!

 

水か怖い子どもたち

2018年07月06日 15:46   Category : 子どもたちの気持ち

明日は七夕...

なのに雨ですね。

せっかく梅雨が明けたのに~。

七夕の日に雨が降ると、

天の川の水かさが増して

織姫が橋を渡ることが出来ず

2人は会えないそうです…

 

 

 

今日は、お子様の水嫌いについて。

なぜ子どもは水嫌いになってしまうのでしょうね?

顔に水がかかることが怖いという声が多いのですが、

それは目や鼻や耳に水が入って嫌な思いをしたり、

ばしゃばしゃって音が怖かったりしたから。

 

では、どうやって楽しさを伝えていけばよいのでしょうか?

 

 

 

まずは、一緒に楽しむこと。

いや、楽しんでいるところを見せること。

怖いと言っている子と始めから一緒に楽しむ事は難しいので、

まずは、お母さん/お父さん水遊び大好き~!楽しんでるよ!という姿を見せること。

そして言葉にして「お水って楽しいね。」

「お水の中に足が見えるよ?」と

肯定的で興味の湧く声掛けをすること。

これは、水遊びだけでなく砂嫌いや動物嫌いなどにも有効です(^^)

水が怖くても、雨が怖いお子様はあまりいないと思います。

「雨と同じお水だね~。」なんて言うのも良いかもしれません。

 

よくする遊びは、水底にフィギュアなどを沈めて集めること。

これは、水深が浅ければ水に慣れ、

深ければ潜ることに慣れる練習になります。

 

 

加えて、「もし耳に水が入ったら 

お母さんがとってあげるからお母さんの方見てね。」

「もし目に水が入ったら、

目を瞑って3つ数えよう」など 

対処法やおまじないを伝えておくと安心材料になります。

絶対的な安心感を得られたら、楽しい水遊びのスタートです♪

 

 

「うみの100かいだてのいえ」いわいとしお

 

 

 

 

完成現場見学会

日時 7月7日、8日、14日、15日、16日 10:00~17:00

※17:00で終了致しますので、お早目のご予約をお願い致します。

場所 横浜市神奈川区亀住町

敷地面積 52.91 ㎡

階数 3階建

 

予約制となっております。

連絡先 045-620-3925

メール reception@onizuka-koumuten.jp

担当者 加辺

 

電話もしくはメールにてご予約お願い致します!!

梅雨明けと水遊び

2018年06月29日 16:22   Category : 子どもたちの気持ち

早くも梅雨明け…

全然雨降ってない

夏の水不足が心配です。

 

 

子ども達が待ちに待った水遊びの季節。

これから思いっきり楽しめますね♪

今日はこどもたちの水遊びで注意することリストです

分かってる!と思うかもしれませんが、シーズン突入前に再確認。

 

 

「こぐまちゃんのみずあそび」わかやま けん 

 

 

目を離さない

 基本中の基本

 

10cm以上水の深さがあれば、溺れる可能性有

 このくらいなら良いだろうなんて思わないこと

 

水遊びで身体が涼んでいても水分補給を忘れない

 水で流れて気が付きにくいかもしれませんが、水遊び中も沢山汗をかいています。1歳を過ぎた赤ちゃんの場合、屋外での遊び時間は、30分くらいが目安です。日差しの強い12時から14時は避けたほうがよいでしょう。

 

 

「あめかな」U.G.サトー

 

 

また、川や海など自然のお世話になる時は、天気予報に注意しましょう。

当日は良い天気でも数日前に雨が降っていると水かさが全然違います。

私自身、何度もキャンプの下見で川に行っていますが、

雨の後 数日間は岸が無くなっているのは当たり前。

水が濁り、急に水かさが減ったときには鉄砲水の恐れ有

すぐに避難しましょう。

水遊びに限らず、紫外線対策もしっかりしましょうね(^^)

 

 

「ぐりとぐらのかいすいよく」なかがわりえこ と やまわきゆりこ

 

 

子どもの水の事故の1つに

風で飛んで行ったものを拾おうとして、側溝や川に落ちてしまう事故 

が、度々あります。

そのようなときは、諦めること。

大人を呼ぶこと。

を よくよく言い聞かせておく必要があります。

 

 

今日は暗いお話になってしまいましたが、

これを守らないと何も楽しめません!!!!!

危険を十分理解したうえで楽しい夏を過ごしましょう♪

 

 

 

 

完成現場見学会

日時 7月7日、8日、14日、15日、16日 10:00~17:00

※17:00で終了致しますので、お早目のご予約をお願い致します。

場所 横浜市神奈川区亀住町

敷地面積 52.91 ㎡

階数 3階建

 

予約制となっております。

連絡先 045-620-3925

メール reception@onizuka-koumuten.jp

担当者 加辺

 

電話もしくはメールにてご予約お願い致します!!

 

 

 

住宅デー / 未来の建築家

2018年06月22日 16:08   Category : 子どもたちの気持ち

毎年6月25日は「住宅デー」。

スペインの建築家アントニオ・ガウディ(1852-1926)の誕生日にちなみ、全国建設労働組合総連合が1978年に制定。

制定当時は高度成長による住宅建設ブームで、量産の中で職人さんをめぐるトラブルもたくさん。このため町の大工さんや左官屋さん等職人の腕と信用をPRする為に制定されたそうです。

 

アントニオ・ガウディといえば、有名なのが「サクラダファミリア」。

1882年に着工。2026年完成予定だそうです。

 

 

 

未来の建築家⁈のための玩具をご紹介。

それは、KAPLA®ブロック

一人でも、お友達と協力してでも遊べるKAPLA®ブロックは保育園にもあって、人気でした。

 

 

KAPLA®ブロックは、ワンサイズの板」を積み重ねるだけで、建物や乗り物、動物まで作れるフランス生まれの木製ブロックです。カラーのものもありますが、基本は白木。色があれば色合わせで楽しめますが、白木だけだと「フォルム」の世界に向かいます。何か形にしたくなる、それが想像力を養い、自分のイメージを形にできる喜びにつながります。「カプラ」は造形表現のために面取りをしていません。そのため使いはじめは、角が当たって固く感じます。使い込むにつれ、握り心地が柔らかくなります。(KAPLA®ジャパンHPより)

 

子どもたちは、どこまでも高く積みたがります。

椅子を使って、机を使って、肩車をせがんで。

高く積みたがるのは、年齢問わずですね。

『積む』ならちびっこでも出来ます。

ただ、兄弟で遊びだすと、下のお子様が怪獣となり作品を壊してしまいがちなので要注意(笑)

 

積み方にも個性が出ます。

自分の思いが形になっていくのって面白くてワクワクしますよね!!!

 

問題は、崩れる時にうるさい事(笑)

本当は、何日もかけて作品を作りたいから

壊さず取って置けるKAPLA®部屋がほしい!

KAPLA®に限らず、子ども部屋とは別に工作部屋をつくることが私の理想です(^^)

 

 

積み方が何通りもあるKAPLA®ブロック

ぜひ楽しんでみてください♪

 

 

 

 

 

 

完成現場見学会

日時 7月7日、8日、14日、15日、16日 10:00~17:00

※17:00で終了致しますので、お早目のご予約をお願い致します。

場所 横浜市神奈川区亀住町

敷地面積 52.91 ㎡

階数 3階建

 

予約制となっております。

連絡先 045-620-3925

メール reception@onizuka-koumuten.jp

担当者 加辺

 

電話もしくはメールにてご予約お願い致します!!

 

 

 

 

 

 

想像力/創造力を育てる

2018年06月15日 15:15   Category : 子どもたちの気持ち

昨日、別の社員がUPしていた「子どもが喜ぶ部屋」。

子どもの仕事は「遊ぶこと」。遊ぶことこそ勉強です。

想像力/創造力をかきたてる部屋の環境が整ったら、

大人はどのように子どもたちと関わると良いのでしょう⁇

 

 

●想像力とは

実際には経験していない事柄などを推し量る能力。また、現実には存在しない事柄を心の中に思い描く能力。

 

●創造力とは

新しいものをつくりだす能力。解答が1つだけではないような課題における思考。

 

 

お子様に何故攻撃をされたことはありませんか?

そんな時こそ、想像力・創造力を働かせるチャンス!

ポイントは、すぐに答えを言ってしまわないこと。

まず、自分は何故だと思うか尋ねてみましょう。

 

大人も答えがわからなければ一緒に考えること。

大人だから全てを知っていなければならないわけではありません。

「今まで気が付かなかったよ。/見つけて凄いね。/いいところに気が付いたね。/お母さんも一緒に考えてみようかな。」等 正直に答え、お子様の発見を認めましょう。

 

 

 

例えば、

どうして雲は落っこちてこないの?の問い。

 

この時お子様の答えが「鳥みたいに羽がある」「誰かが上から引っ張ってる」等、

大人にとってはあり得ない答えだったとしても、決して否定をしてはいけません。

「そうかもしれないね。じゃあ、あの雲の羽はどこだろう?」と空を見上げて想像してみると話が展開していきます。連想ゲームのようなものですね。絵に描いてみるのも面白いかもしれません。

考えていくうちに、子ども自身で「いややっぱり違う、見えないところに風船が付いているんだ。」と考えが変わるかもしれません。

 

最終的には、正解にたどり着きたいのですが、それまでの道のりはいくら寄り道をしてもかまいません。沢山、考えることが大切なのです。

 

 

 

鬼塚工務店 施工事例

『花火が見える屋上がほしい!天井を+20cm高く!床は無垢の木で!・・・

 

『3年に及ぶ土地探しの間に、たくさんの家を見て知識を増やしまし・・・

鬼塚工務店instagram

鬼塚工務店facebook