045-620-3925

鬼塚工務店

スタッフブログ

スタッフブログ

★ 建設リサイクル法 ★

2016年10月17日 13:41   Category : 建築・住宅用語

こんにちは☂

今日は寒いですね。

先週からヒートテック着用です( `ー´)ノ

皆様もお身体ご自愛くださいね♡

 

 

 

建築には様々な法律が関わります。

今日はあまり聞きなれない

『建設リサイクル法』を簡単にご紹介致します。

 

 

『建設リサイクル法』は、平成12年5月31日に

交付された法律で、建築物に使用されている

建設資材のリサイクルを図るために作られた

法律です。

 

 

 主な内容は3つあります。

 

① 建設資材の再資源化等の義務付け

 

20161014165908827_0001

瓦・・・再生材・路盤材へ

ガラス・・・再生材・路盤材へ

金属・・・製鋼原料へ

樹木・・・発電用燃料へ

木材・・・発電用燃料へ

コンクリート・・・再生材・路盤材へ

畳・・・発電用燃料へ

プラスチック・・・発電用燃料へ

 

 

 

 

② 元請負業者から発注者への義務付け

 

 解体工事の依頼を請けた元請業者は、

対象資材の再資源化が完了した際に、工事の

施主である発注者に書面でその旨を報告する

義務があります。

また、再資源化等の実施状況に関する

記録を作成し、保存しておく必要があります。

 

 

 

 

③ 解体業者登録制度・技術監理者による

  工事の監督

 

 建設リサイクル法に基づき、平成13年5月31日より

「土木工事業」、「建築工事業」、「とび・土木工事業」

のうちのいずれかの建設業許可も持たずに解体工事を

行おうとする業者に対して、元請け・下請けに関わらず

知事による解体工事業の登録を義務付けました。

 

 

このように、

『建設リサイクル法』の制定により、

建設の適切かつ円滑な工事・再資源化が

図れるようになりました(^_^)/

 

 (奈良)

 

 

鬼塚工務店facebook

鬼塚の2世帯住宅
家づくり無料相談

鬼塚工務店instagram