045-620-3925

鬼塚工務店

スタッフブログ

スタッフブログ

これからの新しいライフスタイルに②

2021年07月12日 18:00   Category : スタッフのひとりごと。

皆さまこんにちは!

 

前回(5月10日)に引き続き今回は、

 

~ワークスペースを快適にする5つのポイント~

          をご提案させていただきます。

 

 

 

▼デスクと椅子選び

テレワーク用デスクは、まずパソコンや周辺機器などの大きさにあわせたサイズ・仕様を選ぶことが大切です。個人差もあると思いますが、以下が選ぶ際のひとつの目安となりますので、ぜひ参考にしてみてください。

・【ノートパソコンの場合】

幅60~80cm、奥行き40~50cm、高さ70cm前後

・【デスクトップパソコンの場合】

幅60~80cm、奥行き60~70cm、高さ70cm前後

・【PC+複数台のモニターを使う場合】

幅80~120cm、奥行き50cm〜、高さ70cm前後

※奥行も幅もある程度ゆとりがあると安心ですが、あまりサイズが大きいものを選ぶと圧迫感が出て部屋が狭く感じられることもあるので周囲とのバランスを見てサイズ感を検討することをおすすめします。

 

また、在宅勤務になると、長時間座っていることも…

その為椅子選び1つで、体にかかる負担が変わります。以下のポイントを確認しながら

自分に合った椅子を探してみましょう。

 

①姿勢の変化に対応するため、安定していて、簡単に移動できること

②体形に合わせて、座面の高さを調整できる機能がついていること

③上半身を支える背もたれがあること。

④長時間座っても疲れない

※キャニスター付の椅子を選ぶ場合には、キャスターで床の傷や音が気になる場合がある事もあるので床材選び(クッションフロア・コルク材など)に気を付けましょう。毛足の短いラグマットやタイルカーペットを敷くだけで、キャスターの傷や音もある程度防げます。

 

 

 

 

▼ コンセントの数と配置、ネットワーク環境

ワークスペースでパソコン以外にも、HD、プリンター、スキャナー、スマホやタブレットの充電器など電源を使う家電の利用が想定される場合は、コンセントの口数は多めに必要になります。

その上で、どこにどんな家電を置くのかをある程度決めておくと、コンセントの配置もイメージしやすくなります。位置に関しても机から近く、コードが椅子に引っかからないような位置でレイアウトを考えた方が良いでしょう。

また、ご自宅でテレワークをする場合は、快適なインターネット環境は欠かせません。特に、web会議や容量の大きいファイルを扱う方は、高速インターネットが不可欠です。Wi-Fiを使用する方も多くいると思いますが、ルーターの設置によってはインターネットが繋がりにくくなるので注意が必要です。

テレワークをする場所の近くにWi-FiやWi-Fiの中継機を置けるようにしましょう。

 

 

 

▼ 照明の光色を配慮する

オフィスにいるように集中力を持続させるなら、照明の明るさと色がポイントです。

照明には、昼白色(太陽光に近い白色)、昼光色(青みがかかった白色)、電球色(オレンジ色)の3色が一般的に使われています。集中力を持続させるなら「昼光色」の照明がおすすめです。昼光色の青みがかかった明るさは、人の脳を覚醒させて集中力を上げる効果があるといわれています。

一方で電球色(オレンジ色)には、入眠効果があるため仕事をする環境には向きません。家だと集中力が長続きしない…と悩んでいたら、照明の色を改善してはいかがでしょうか。また、調光式ライトなら光の色をリモコン一つで昼光色から電球色に切り替えができるため、仕事するときは集中できる昼光色、オフの時間はリラックスできる電球色と使い分ける事ができるのでおすすめです。

出典:ODELIC

 

 

 

▼ 背景を意識する

在宅勤務になるとWeb上での会議や打ち合わせの機会が増えます。事前に「自分の背景に何が映るか?」をチェック。背景は白い壁や、生活感が出ない場所を使うように心がけましょう。近くに窓があると角度によっては顔に影ができて顔色が悪く見えてしまうことも…。

ロールスクリーン(バックスクリーン)や可動式のパーテーション、壁の一面に色・柄を取り込むアクセントクロスを取り入れることもおすすめです。

 

 

 

 

▼収納やセキュリティ

実際に在宅ワークを始めると気がつけばデスク周りが書類や文房具、細かい小物類などで散らかってしまうお悩みも多いはず、予め必要な物が収納できるようなレイアウトや本棚などの収納スペースの確保をしましょう。また、紙の資料を電子化し、確認も画面上で行うようにすることで収納スペースを減らすこともおすすめです。その上で仕事で重要な情報を扱う場合は、セキュリティ対策が重要です。電話や通話の音声が外部に漏れにくい間取りを確保し、通信環境も無線LANだけでなく有線LANジャックなども設置するとよりセキュリティ強化が図れます。契約するインターネットプロバイダーのセキュリティサービスやセキュリティソフトも見直して、より安全安心な環境を構築しましょう。

 

 

出典:総務省《テレワークセキュリティガイドラインより

 

この5つのポイントをおさえて、是非快適なワークスペースを作ってみてください!

 

 

鬼塚の2世帯住宅
家づくり無料相談

鬼塚工務店instagram