045-620-3925

鬼塚工務店

スタッフブログ

スタッフブログ

家事時間を有効に使うには

2020年09月08日 18:00   Category : インテリアコーディネーターのひとりごと

皆さま、こんにちは。

残暑厳しい折、いかがお過ごしですか?

 

コロナ対策に気を遣い、熱中症に気を遣い、

9月になったとはいえ残暑が厳しい毎日。

いつもと違う夏は体にいろんな負担をかけていて、

疲れますし、集中力も途切れがちです。

 

毎日あれもやらなきゃ、これもやらなきゃと思っているうちに

気が付いたらもう夕方、なんて事ありませんか?

では、どうしたらもっと効率的にできるのか、

まずは散らかっていることを整理しましょう。

 

例えば、あれもこれもという気持ちの時は

下のイラストのように机の上が散らかっているのです。

 

 

はじめにそれらを整理することから始めましょう。

具体的には3分位目をつぶって何も考えない。

目から入ってくる情報をシャットアウトすることで、

ワーキングメモリを整理できるそうです。

 

何もせず3分目をつぶる、

というのをやってみましたが、

やってみると思ったより難しいので、

まずは目を閉じることから始めて、

少しずつ時間を長くしてください。

呼吸に意識を向けるとうまくいくそうです。

 

 

そうすることできれいに整理されていきます。

 

 

その次にやってほしいことが、やるべきことを見える化することです。

やるべきことを書きだし、それを見えるところに貼りだしますが、

これを行う上でのポイントがありますのでご説明します。

 

 

1. リストはひとつにまとめる。

 

 

思いついたままメモをあちこち貼るのではなく、

冷蔵庫やリビングなど場所を決めて一つのところにまとめて貼る、

あるいは書きだす。

 

 

2. 時間の流れに沿って書く

 

 

  • お掃除
  • 買い物
  • 銀行
  • 電話するなど
  •  

家事時間を有効に使うには優先順位の高いものからではなく

一日をイメージし、時間の流れで書き出します。

 

 

3. できるだけ具体的に書く

 

 

たとえば〇〇銀行のATMでお金を引き出す

何時に誰に電話するなど

覚えておくことを減らしてワーキングメモリの無駄遣いを減らします。

 

塵も積もればなんとやらで

一日の過ごし方を少し見直すだけで

ご自分の時間ができるかもしれません。

頭の中であれもこれもと考えず、

整理するところから始めてみませんか?

鬼塚工務店facebook

鬼塚の2世帯住宅
家づくり無料相談

鬼塚工務店instagram