045-620-3925

鬼塚工務店

スタッフブログ

スタッフブログ

夏も注意~溶連菌感染症~

2019年08月14日 10:00   Category : 子どもたちの気持ち

夏休みも残りわずかとなりました。

遅ればせながら夏風邪についてお話しようと思います。
去年は、♦ペルパンギーナをお伝えしたので、今年は溶連菌感染症を。

■溶連菌感染症

学童期の小児に最も多く3歳以下や成人では典型的な症状が現れることは少ないといわれています。

代表的なのは、のどの痛みと発熱。咳や鼻水はほぼありません。身体に小さな赤い発疹ができ、イチゴ舌になることもあります。
1年中かかりうる病気ですが、春~夏、冬に流行します。夏は皮膚・冬は喉に症状が多くみられることが多いようです。

アトピー性皮膚炎のお子さんは重症化する可能性があるのでより注意が必要です。

 

 

検査
感染の疑いがあれば検査をします。
10分程度ですぐに結果が出ますので、感染が確定すれば抗菌薬を服用することになります。


抗菌薬は溶連菌に限らず、確実に菌を殺すために飲み切ることが重要です。

長い期間薬を服用することは子どもにとっても、飲ませる大人にとってもなかなか難しいことですが、再発や合併症を防ぐために守らなければなりません。

熱は1~2日で下がり、発疹も軽快、のどの痛みも1週間以内でおさまります。

 

 

感染

飛沫感染・接触感染します。

大人にもかかります。
また、繰り返しかかる可能性もあります。

 

登校・登園

医療機関の受診日とその翌日は登校・登園できません。

学校保健安全法では第三種(条件によっては出席停止の措置が必要と考えられる疾患)にあたります。
抗菌薬を服用後24時間経つと、感染力はほとんどなくなります。

 

予防

予防接種はありません。手洗い、うがい、マスク。飛沫感染が主なので、移さない為にも移らない為にもこれが有効です。

 

季節によって様々な病気が流行りますが、
予防の基本はやはり手洗いうがい。
耳にたこが出来るほど言われているこの言葉は
大正解なのですね!!

 

鬼塚工務店は「ハマハグ協賛として
下記のサービスをさせて頂いております(^^)
・粉ミルクのお湯提供
・授乳スペースの確保
・オムツご提供サービス(テープ式S・M・Lサイズ)

お子様連れの方も安心してお越し下さい
●●鬼塚工務店キッズスペース●●
●●鬼塚工務店授乳&おむつ替えスペース●●

 

 

 

鬼塚工務店facebook

鬼塚の2世帯住宅
家づくり無料相談

鬼塚工務店instagram