045-620-3925

鬼塚工務店

スタッフブログ

スタッフブログ

バリアフリーな家づくり⑤【高齢者に配慮した照明計画②】

2018年08月07日 14:13   Category : バリアフリー

こんにちは!

台風13号の影響でしょうか?雲行きの怪しい天気が続いていますね。

関東に接近するのは9日(木)の午前中といわれています。

必要なものは今のうちに買い揃えたり、雨風がひどいときには無理に外出されないようお気を付けくださいませ。

 

 

 

 

さて、本日はバリアフリーに関する照明計画についてお話させていただきます。

 

 

使いやすいスイッチって?

 

普段私たちが使っている照明のスイッチやコンセント、

おうちの中にあるものを思い浮かべてみてください。

 

 

 

少し前に主流だったものは、パナソニックのフルカラーシリーズです。

皆様も一度はどこかで見たことがあるのではないでしょうか?

 

 

 

いま日本で一番多く使われているといわれているのは、同じくパナソニックのコスモシリーズです。

新築の家の場合は、コスモシリーズがつくことがほとんどです。

 

 

 

フルカラーシリーズは、目に優しいアイボリー色のスイッチで、

ON・OFFでスイッチの傾きが変わるので目でとらえやすいのが特徴です。

 

    

 

押す面積がやや小さく、小さいお子様やお年寄りには押しづらいのがデメリットとなっていました。

 

新しく変わったニューコスモシリーズワイド21はフルカラーシリーズの約7倍の面積がスイッチの操作面になっていますので、手のひらでもラクにON・OFFができるようになったんですよ!

 

 

コスモシリーズはフラットなデザインのため、フルカラーシリーズのように傾きの方向で、ON・OFFの判断をすることはできませんが、消えているときは緑に点灯する『ほたるスイッチ』を使用することで改善することができます。

 

 

 

 

ほたるスイッチ』とは、OFFにするとスイッチに小さな緑のランプが点灯するスイッチです。

あかりの消えた真っ暗な部屋でも、スイッチの位置がすぐわかります。

 

小さいお子様やお年寄りだけでなく、誰もが使いやすいバリアフリーな商品ですね。

 

 

 

また、よく似ていますが、『パイロット・ほたるスイッチ』と呼ばれるものもあります。

こちら、点灯を赤色、消灯を緑色のランプでお知らせするもので、『ほたるスイッチ』同様に、暗闇でもスイッチの位置がわかります。

 

 

門柱灯やポーチライトなどに『パイロット・ほたるスイッチ』を使えば、屋内にいながら明かりが点灯しているか確認でき、消し忘れが防げます。

 

うまく使い分けて、使い勝手の良いスイッチ計画を立てたいですね!

 

 

 

 

(N.A)

 

 

 

鬼塚工務店facebook

鬼塚の2世帯住宅
家づくり無料相談

鬼塚工務店instagram