045-620-3925

鬼塚工務店

スタッフブログ

スタッフブログ

★☆屋根材の仕組み☆★

2018年07月12日 17:51   Category : 建築・住宅用語

皆さんこんにちは(*^-^*)

蒸し暑い日が毎日続き、急に雨が降ったりと不思議な天気が続きますね( ゚Д゚)

水分補給を小まめにしっかり摂取し、体調管理を整えましょう(*’ω’*)

本日は、屋根材の仕組みを皆さんと一緒に勉強しましょう!!

 

 

【KMEW:遮熱グラッサシリーズ】

 

 

 

遮熱グラッサの屋根材は、住まいをクールダウンにして、屋根で暮らしを

エコロジーにしてくれます。

遮熱性グレードは☆☆☆(星3つ)で、10年保証付きです

 

 

 

 

遮熱仕様のグラッサコートで熱源となる赤外線を効果的に反射します。

紫外線に強いグラッサコートに、赤外線を反射する特殊な顔料を配合することで

太陽の熱を反射し、屋根材そのものの蓄積や居住空間への熱の伝達を抑えています。

 

 

【遮熱グラッサ効果とは??】

 

 

環境省による「環境技術実証事業」とは、すでに実用化された先進的環境技術を

第三者機関が客観的に判断し、その普及を促進する事業です。

コロニアル遮熱グラッサは発売した色の年次で、

同事業の「ヒートアイランド対策技術分野(建築物外皮による空調負荷低減等技術)」

において効果が実証され、環境省環境技術実証マークを取得しました。

 

 

【遮熱グラッサの特徴】

 

 

蓄熱を抑えて温度上昇を抑制、遮熱性能も長時間持続します。

太陽光の中でも熱線となる赤外線のみの反射率を大幅に向上させた遮熱グラッサ。

これにより、屋根材への蓄熱を抑え、夜間の大気への放熱、

居住空間への熱の伝達を抑制します。

また、グラッサコートにより遮熱性能も長期間持続します。

 

 

【屋根の表面温度と屋根裏の温度を下げて、室内の温度低下に貢献】

 

 

 

赤外線を反射することで屋根の表面温度と屋根裏温度の上昇を抑制する遮熱グラッサ。

単体の効果はもちろん、熱シャット工法を併用すればより一層の温度上昇抑制効果

が得られます。

 

 

【住まいの省エネ化・地球温暖化防止にも貢献】

 

 

屋根で熱を反射し、居住空間への熱の伝達を軽減させることで、

年間の冷暖房エネルギーを約3%削減し、地球温暖化の原因となるCO2

の発生を軽減することも期待できます。

 

鬼塚工務店facebook

鬼塚の2世帯住宅
家づくり無料相談

鬼塚工務店instagram