045-620-3925

鬼塚工務店

スタッフブログ

スタッフブログ

ツーバイフォー工法 + 「耐震等級3」=保険料

2017年08月29日 18:15   Category : お知らせ,耐震

皆様こんにちは _(._.)_

最近はまたまた残暑厳しい日が続いておりますね。

ここで夏の疲れが出ませんように^^;;

 

今回は住宅の工法+耐震性は今後の保険料にどのように

影響をするかをお知らせ致します。

 

日本の家づくりには多種多様な住宅工法がありますが

その中の2つの住宅工法をまずご紹介します。

<木造軸組工法(在来工法)> 日本で最も主流の工法です。

基礎の上に木の土台を据えて、柱と柱を梁で水平につなぎ、

対角線を筋交いで補触します。

筋交いの量と配置バランスが耐震強度を左右します。

2×4(ツーバイフォー)工法 北米などで最も主流の工法です。

使われるランバーの断面サイズが2インチ×4インチであることから、この名前で呼ばれています。

生産性や耐震性に優れ、火災にも強いのが特長。

08291

*鬼塚工務店の家は<2×4工法>で建てられています*

       +

*鬼塚工務店の家は耐震等級3を目指します*

(前回お知らせしました「耐震等級3」シリーズをご覧下さい。)

 

2×4工法 + 耐震等級3 の“保険料”は?

 

火災保険料の比較

(建物30坪相当で計算の場合とします。)

在来木造工法の場合

基本保険金額 保険料 309,770円

地震保険金額 保険料 193,800円

凡そ50万円

2×4(ツーバイフォー)工法の場合

基本保険金額 保険料 163,060円

地震保険金額 保険料 120,120円

凡そ28万円

 

当社の住宅は木造でも2×4住宅のため、鉄骨造の建物と

同じくらい燃えにくいとされているので保険料がとても

安くなります。!(^^)!

 

さらに

耐震等級3級でもありますので地震保険がさらに安くなります。

弊社の住宅は  凡そ22万円

 

 

さらに6万円安くなるということは・・・

在来工法と比較すると   

28万円もお安くなるのです。!(^^)!

 

 

火災保険料でお安くなり「安心」も得られる

“鬼塚工務店の注文住宅”という選択

いかがでしょうか!(^^)!

 

 

森田

 

 

 

鬼塚工務店facebook

鬼塚の2世帯住宅
家づくり無料相談

鬼塚工務店instagram