045-620-3925

鬼塚工務店

スタッフブログ

スタッフブログ

☆★断熱工事のしくみ☆★

2016年11月04日 17:01   Category : 建築・住宅用語

本日は、建築一戸建て住宅の建築工事の流れ(断熱工事)を皆様と一緒に

学んで行きましょう~(*^-^*)

 

断熱には、大きく分けて内断熱工法・外断熱工法2種類があります。

多くの住宅では、内断熱工法が採用されています

 

 

外壁面の断熱工事についてです。

断熱にも様々な種類がありますが、よく使用されていますのでグラスウールです。

グラスウールとは、ガラスの繊維で出来ている断熱材です。

断熱効果があるのはもちろんですが、吸音効果もあります。

 

 

dannetsu01

 

 

グラスウールは、防湿シートに包まれており、シートの耳の部分があるので、

こちらをタッカーで柱にまとめていきます

ちなみに、タッカーを打つ位置は耳の部分にマークがあります。

原則として、断熱材と断熱材の隙間を無くすために、左右に並ぶグラスウールの

耳を重ねるようにします。

グラスウール以外には、発泡ウレタンが採用されている現場も多くあります

これは、現場で吹き付けしていくのですが、断熱材の隙間が生じないことが利点の1つです。

 

 

dannetsu02

 

 

天井面の断熱工事について説明します。

断熱工事は外壁面に限らず、外気と接する部分に施工しなければなりません。

実際には、天井の上に断熱材を敷き詰めていく屋根断熱があります。

 

 

dannetsu03

 

床面にも(裏側)でもグラスウールが採用されていることがありますが、

最近ではグラスウール以外の発泡プラスチック系の断熱が使用されることもよく

あります。

 

dannetsu04

 

 

 

鬼塚工務店facebook

鬼塚の2世帯住宅
家づくり無料相談

鬼塚工務店instagram