045-620-3925

鬼塚工務店

お客様の声

お客様インタビュー

お客様の声

横浜市西区O様邸

『共働きだから、家にいるときにはいつも子供たちと一緒に居たい。
子育てしながら家事ができる、平屋のような家がほしい!』
実家の隣に建てた理想のわが家。

お客様の声

家づくりのきっかけは?

家づくりのきっかけは? (奥様)結婚して9年が経ち、それまでずっと「子供が小学校に上がるまでには自分たちの家を持ちたい」と思っていました。でも、その時には注文住宅を建てられるとは、全く思っていませんでした。
そんな時、実家の両親が「隣の土地が空いているから、そこに家を建てたらどうか?」と、声をかけてくれたんです。私も仕事をしているので、子供を見てもらえるし、両親が近くに居たらお互い安心だし、とってもいいなと思いました。でも、その土地はずっと手付かずの土地だったので、本当に家が建てられるのかな?と半信半疑でした。
その時に相談に乗っていただいたのが、両親の近所に住んでいらした鬼塚社長でした。工務店を経営されているとお聞きしていたので。もともと知っていたということもあると思いますが、とっても親身に話を聞いていただき、その土地の事を調べてもらいました。
そうしたら、一筋縄ではいかない、借地だということがわかったのです。しかも借地権が2つに分かれ、一方の借地権者は特定できたものの、もう一方はどなたが借地権を持っているかすらわからない状態で、古い建物が建っていました。
そんな状態だったので、何度も「これはもう無理なんじゃないか」とあきらめかけましたが、その都度、鬼塚社長が「ご実家の隣の土地に家が建てられるチャンスなんてなかなかあるもんじゃない。一つ一つ解決していきましょう。」と励ましてくれました。
まずは、社長に連れられ、土地を所有されている方のところへごあいさつに行きました。そのあと、使われていない借地権をその所有者の方に戻し、それから建物を解体し、隣地の方との境界をはっきりさせて、・・・・この間1年以上、とても私たち素人では、解決できませんでした。
ようやく昨年の冬、所有者の方から借地権を譲っていただき、家づくりのスタート台に建てたんです。翌年の4月には、長女が小学校に入学する予定でしたから、本当にギリギリ間に合ったんです。

どんな家を建てたかったんですか?

どんな家を建てたかったんですか? (奥様)もともと家を建てたい!という思いから始まったわけではなく、娘が小学校に上がるまでには家を持ちたい、という漠然とした思いだったので、注文住宅ならではの、「こんなこともあんなことも」という要望はなかったのです。でも、狭い賃貸アパートで、新婚の時から子供二人を育てるところまで9年間暮らしてきたので、暮らしやすい生活のリズムというのはわかっていました。子供をあやしながらお料理の支度をしたり、片付けをしたり、お洗濯をしたり、干したり、取り込んだり、しまったり。狭いながらも同じフロアで家事が完結する暮らしは、お仕事をしながら子供たちを育てる私にとって、とっても使い勝手が良かったんです。ですから、生活が1フロアで完結する家、平屋のように暮らせる家がいいなあ、と思っていました。

鬼塚工務店との家づくりはいかがでしたか?

鬼塚工務店との家づくりはいかがでしたか? (ご主人)プラン作りは、設計の中村さんにお話を聞いていただきながら進めました。寝るとき以外は1フロアで完結できる家であること。要望として伝えたのは、このことくらいだったでしょうか?でもお話を進める中で、隣が妻の実家であること、前面道路から玄関まで高低差があるため、階段で昇り降りする立地であること、子供がまだ小さいのでこれから荷物が増えるであろうこと等々、中村さんはしっかり確認してくれて、プランに落とし込んでくれました。

(奥様)実はこの家のプラン、最初にご提案していただいた時から、ほとんど変わっていないんです。それだけドンピシャで「こんなのできるんだ!』と、私たちにピッタリはまった感じだったんです。子供に目を配りながらキッチンでお料理を作り、洗濯機を回し、隣の多機能室で除湿器を使いながら洗濯物を干し、乾いたらそのまま多機能室に収納、それをお風呂上りに着ます。出かけるときも、洗面脱衣所で洗顔、歯磨きをしたら、多機能室で着替えて身支度を整えることができるんです。「脱ぐ、着る、洗う、干す」が洗面脱衣室と、隣接する多機能室で完結。しかも、その隣がキッチンなんですよ!本当に便利! しかも、この多機能室の裏には家族用の玄関があって、そのまま隣の実家を通って外に出られるんです。その時は必要かな?と思ったのですが、ドアフォンも付けていただきました。でも、本当に付けておいてよかった。両親や家族だけでなく、宅急便も家族用玄関から来ていただくようになりました。細かいことですが、道路から家族用玄関までのアプローチも、階段だけだとベビーカーや自転車が出入りしにくいからと、スロープまで提案していただきました。こういう細かいことは、私たちにはわかりませんよね。
生活してみなければわからない細かいことを先回りして設計していただいたことを実感でき、本当に感謝しています。

住み心地はいかがですか?

住み心地はいかがですか?(ご主人)本当に、ビックリするくらい、住みやすいです。二階には、夜パジャマで上がって、朝そのまま降りてくるだけ。寝ること以外の全ての機能が一階に集約されていますが、狭いなんてことは全くありません。ダイニングテーブルも、リビングソファも、小上がり和室も、リビングとつながるデッキテラスまであります。アパート暮らしの時は、たまの休みに、家族4人狭い家に居る訳にもいかず、出かけることが多かったのですが、めっきりへりました。

(奥様)お休みの日に子供たちとゆっくり家で過ごしていると、よそいきでない普段の姿を見ることができ、新しい発見があって本当に楽しいです。子供たちが遊んでいる声が聞こえると、実家の両親もつられて様子を見に来たりして。本当に建てて良かった。

鬼塚工務店に一言

住み心地はいかがですか?(奥様)実家の隣の土地、まさに替えのきかない条件の土地に、家を建てたい!そんな私たちのために、こんなに力を尽くしてくれるのか、と驚きました。長年手付かずだった借地という、難しい条件に対して、一年以上の時間をかけて、絡まる糸をときほぐすように、丁寧に取り組み、家を建てられるところまで漕ぎ着けていただきました。
私たちの話をじっくり聞き、諸事情を踏まえ「たぶん、こうした方が便利なはず」というアイディアを詰め込んでいただいた、これ以上ないプラン。さらに、十分とは言えない、私たちの限られた予算に収まるように、と最後まで配慮していただいた姿勢に感謝しています。
鬼塚工務店さんでなければ、絶対に実現できなかった最高の家だと思っています。
ありがとうございました。

この施工事例のほかの写真を見る >

鬼塚工務店instagram

お問い合わせはこちら

お電話でのお問い合わせ

045-620-3925

フォームでのお問い合わせ